『こんなものを買った』アドレス・システム専用レコード

『こんなものを買った』アドレス・システム専用レコード

何でこのレコードを買ってしまったのか、まったく思い出せません。ただ珍しいから買ったのかなあ。安かったからかなあ。でも持っていたら聴いてみたくなるのが人情ですよね!


レコードのノイズレス化とワイドレンジ化に挑戦したアドレス・レコードを聴く

ようやくステレオ時代Vol.15の編集も終わり、久しぶりに落ち着いた気持ちでゴル横を書いています。
さて、いつどこで買ったのか、正直覚えてません、このレコード。アドレス・システム専用レコードです。

ご存知の方も多いでしょうが、アドレスについてちょっとご説明を。
アドレスは主にカセットのために開発されたもので、簡単に言えばダイナミックレンジを拡大するシステムです。

カセットの周波数特性はレコードに比べ狭いです。そこでテープが得意な真ん中あたりに信号を圧縮し録音、再生時は信号を伸張して出力します。こうすることでダイナミックレンジを拡大し、ノイズも削減しようというものなのです。
有名なdbxも同様な原理で、ドルビーやビクターのアンルスのようなノイズリダクションよりちょっと進んだシステムと言えるでしょう。
さてアドレス・システム専用レコードは、録音時にこのアドレスでエンコードしてあるレコードで、当然のことながら再生にはアドレスユニットかアドレス対応のカセットデッキが必要になります。

ちなみにダイナミックレンジを拡大すると同時に、スクラッチノイズも減少するそうで、これはぜひ聴いてみたいですよね!

というわけで買ってしまいました。アドレスユニットAD-2mkII。
アドレスユニットはけっこうネットオークションでも流通してて、AD-3やAD-4なんかもときどき見かけますが、意外と人気なんですよね。AD-2(mkIIも)はメーターがないデザインのためか、あんまり人気はないです。ただ、いまとなっては動作確認済のものも少なく、動くかどうかは正直賭けです。

本来カセットデッキとプロセッサー端子付きのアンプと接続するとフルスペックが利用できるのですが、今回はとりあえずレコードを聴いてみるだけですのでカセットの再生端子にレコード(フォノイコ)から、アンプのライン入力に再生端子から接続します。
「これでいいのかなあ」なんて思いながら確認の意味でレコードの解説を読んでみると「トーンシートを再生し調整してください」と書いてあります。「トーンシートってなんぞや」といつもお世話になっている「オーディオの足跡」を見てみると、レコードを再生するには付属のトーンシート(ソノシート)をボリュームを調整する、と書いてあります。なにー! そんなのついてなかったし!
ないものは仕方ない。とりあえず再生してみるか。

針を落とします。
ん、無音?
と思っていたら「you don't have to ……」と鳴りだしました!
ノイズがまったく聞こえない!
ややレベルが低い気がしたので、ボリュームを耳で調整。
すごい。ノイズは聞こえないし、たしかにダイナミックレンジは広がってる。高域はキラキラしててきれい。
これマジでデジタル音源のよう。でも伸び伸びした音はアナログだし。
若干ですが、ボーカルがつまった感じがしないでもないですが、普通のレコードしか聴いたことがない人が聴いたら、異次元の音に聴こえたでしょう。アドレス恐るべし。
さて、せっかくAD-2mkIIを買ったので、次回はカセットデッキに活用してみましょう。

ゴールデン横丁の仲間たち | 澤村 信(さわむら まこと)

https://goldenyokocho.jp/articles/675

かつてのオーディオブームを体験した世代にはたまらないムック本『ステレオ時代』(ネコ・パブリッシング)の編集長。ゴル横会長たっての願いを快く受け入れ、オーディオ愛あふれるコラムをゴル横に書き下ろしていただくことになりました!

関連する投稿


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


SPU-AE/ORTOFON カートリッジ - MC型カートリッジの原器にしてロングセラー

SPU-AE/ORTOFON カートリッジ - MC型カートリッジの原器にしてロングセラー

デンマークのオルトフォン社が1950年代に開発したステレオ用MC型カートリッジ。SPUは「Stereo Pick Up」の略称です。改良を加えられながら現代にまで続くロングセラーシリーズです。


『こんなものを買った』SONY CDP-391

『こんなものを買った』SONY CDP-391

B級オーディオ好きにとってCDプレーヤーの鉄板といえば何といってもマランツです。でもCD-34を筆頭に、実力機の値上がりは著しくて気軽に聴けるプレーヤーではなくなりつつあります。そこで今回は、ちょっとだけマランツのエッセンスを手軽に味わってしまおう、というのがテーマです。


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はSONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775」をお届けします。


model 4000 パワーアンプ | スレッショルド  - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

model 4000 パワーアンプ | スレッショルド - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

スレッショルド社は1974年、米・カリフォルニアで生まれたハイエンド・オーディオメーカーです。ダイナミック・バイアス・サーキットと呼ばれる高効率のA級動作回路を採用したパワーアンプが特徴です。のちに日本のナカミチにも技術協力し、STASIS回路搭載アンプに結実しました。


最新の投稿


仮面ライダーBLACK RX/アクロバッター - 昭和の最後を飾ったライダーには好敵手がいた!

仮面ライダーBLACK RX/アクロバッター - 昭和の最後を飾ったライダーには好敵手がいた!

昭和生まれの最後の仮面ライダー、その名も『仮面ライダーBLACK RX』です。バブル時代のライダーらしく攻撃力は大幅アップ!


カローラレビン | トヨタ - 大衆車だけどスポーティな「いい汗かける」【旧車】

カローラレビン | トヨタ - 大衆車だけどスポーティな「いい汗かける」【旧車】

トヨタ・カローラレビンの初代、TE27型です。カローラクーペをベースに一回り大きなエンジンを搭載したホットなモデル。勇ましいオーバーフェンダーも走り好きにはたまらない魅力です。


ジェームス・テイラー/James Taylor - Fire and Rain - 1970年

ジェームス・テイラー/James Taylor - Fire and Rain - 1970年

シンガー・ソングライターの第一人者の代表作。 ジェームス・テイラーは1968年にデビューし、70年代には自作の詩と曲を歌う「シンガー・ソングライター」の草分けとして活躍。穏やかな歌声とフォーク、カントリー、R&Bなどアメリカ音楽のさまざまな要素を融合した音楽性をもつ、アメリカを代表するミュージシャンです。


ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人

ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人」をお届けします。


【クイズ・旧車千本ノック】228本目

【クイズ・旧車千本ノック】228本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!