『こんなものを買った』アドレス・システム専用レコード

『こんなものを買った』アドレス・システム専用レコード

何でこのレコードを買ってしまったのか、まったく思い出せません。ただ珍しいから買ったのかなあ。安かったからかなあ。でも持っていたら聴いてみたくなるのが人情ですよね!


レコードのノイズレス化とワイドレンジ化に挑戦したアドレス・レコードを聴く

ようやくステレオ時代Vol.15の編集も終わり、久しぶりに落ち着いた気持ちでゴル横を書いています。
さて、いつどこで買ったのか、正直覚えてません、このレコード。アドレス・システム専用レコードです。

ご存知の方も多いでしょうが、アドレスについてちょっとご説明を。
アドレスは主にカセットのために開発されたもので、簡単に言えばダイナミックレンジを拡大するシステムです。

カセットの周波数特性はレコードに比べ狭いです。そこでテープが得意な真ん中あたりに信号を圧縮し録音、再生時は信号を伸張して出力します。こうすることでダイナミックレンジを拡大し、ノイズも削減しようというものなのです。
有名なdbxも同様な原理で、ドルビーやビクターのアンルスのようなノイズリダクションよりちょっと進んだシステムと言えるでしょう。
さてアドレス・システム専用レコードは、録音時にこのアドレスでエンコードしてあるレコードで、当然のことながら再生にはアドレスユニットかアドレス対応のカセットデッキが必要になります。

ちなみにダイナミックレンジを拡大すると同時に、スクラッチノイズも減少するそうで、これはぜひ聴いてみたいですよね!

というわけで買ってしまいました。アドレスユニットAD-2mkII。
アドレスユニットはけっこうネットオークションでも流通してて、AD-3やAD-4なんかもときどき見かけますが、意外と人気なんですよね。AD-2(mkIIも)はメーターがないデザインのためか、あんまり人気はないです。ただ、いまとなっては動作確認済のものも少なく、動くかどうかは正直賭けです。

本来カセットデッキとプロセッサー端子付きのアンプと接続するとフルスペックが利用できるのですが、今回はとりあえずレコードを聴いてみるだけですのでカセットの再生端子にレコード(フォノイコ)から、アンプのライン入力に再生端子から接続します。
「これでいいのかなあ」なんて思いながら確認の意味でレコードの解説を読んでみると「トーンシートを再生し調整してください」と書いてあります。「トーンシートってなんぞや」といつもお世話になっている「オーディオの足跡」を見てみると、レコードを再生するには付属のトーンシート(ソノシート)をボリュームを調整する、と書いてあります。なにー! そんなのついてなかったし!
ないものは仕方ない。とりあえず再生してみるか。

針を落とします。
ん、無音?
と思っていたら「you don't have to ……」と鳴りだしました!
ノイズがまったく聞こえない!
ややレベルが低い気がしたので、ボリュームを耳で調整。
すごい。ノイズは聞こえないし、たしかにダイナミックレンジは広がってる。高域はキラキラしててきれい。
これマジでデジタル音源のよう。でも伸び伸びした音はアナログだし。
若干ですが、ボーカルがつまった感じがしないでもないですが、普通のレコードしか聴いたことがない人が聴いたら、異次元の音に聴こえたでしょう。アドレス恐るべし。
さて、せっかくAD-2mkIIを買ったので、次回はカセットデッキに活用してみましょう。

ゴールデン横丁の仲間たち | 澤村 信(さわむら まこと)

https://goldenyokocho.jp/articles/675

かつてのオーディオブームを体験した世代にはたまらないムック本『ステレオ時代』(ネコ・パブリッシング)の編集長。ゴル横会長たっての願いを快く受け入れ、オーディオ愛あふれるコラムをゴル横に書き下ろしていただくことになりました!

関連する投稿


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1760

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1760

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回は「SONY スタジオシリーズ CF-1760」をお届けします。


【中古オーディオ】おすすめのショップ

【中古オーディオ】おすすめのショップ

中古オーディオを入手するならまず覗いてみたいのが専門ショップです。実物を見ることができ、お店によっては試聴させてくれることも。知識豊富な店員さんが質問や相談に応じてくれます。十分に納得したうえで購入できるところがなによりのメリットです。メンテナンスや買い替えなどの際にも気軽に相談できるパートナーがいると心強いですね。


M-22 パワーアンプ | パイオニア  - 武骨な容貌とは裏腹なサウンド

M-22 パワーアンプ | パイオニア - 武骨な容貌とは裏腹なサウンド

電源部、出力段の放熱部をそのままむき出しにしてデザインとした精悍なスタイルに、エクスクルーシブのM-4ゆずりの純A級動作の出力段を搭載した、実力派のパワーアンプ として人気を博しました。


1000ZXL/Nakamichi – 世界最高峰のカセットデッキ

1000ZXL/Nakamichi – 世界最高峰のカセットデッキ

1000ZXLはナカミチの最上位モデル、いや世界中の全てのカセットデッキで最高のカセットデッキといっても過言ではないモデルです。


JR-711 | ダイヤトーン - ブランドで自慢ができるラジカセ

JR-711 | ダイヤトーン - ブランドで自慢ができるラジカセ

スピーカーで知られる三菱のオーディオブランド「DIATONE」を冠したラジカセです。


最新の投稿


ブロウ・モンキーズ/The Blow Monkeys - Digging Your Scene - 1986年

ブロウ・モンキーズ/The Blow Monkeys - Digging Your Scene - 1986年

ヴォーカルの伊達男ぶりでも人気だった実力派ソウル・バンドの代表作。 ブロウ・モンキーズはドクター・ロバート(Vo,G)を中心に、サックス、ベース、ドラムの4人で結成され、1981年にデビューしたイギリスのバンド。ソウルやR&Bなど幅広い要素を内包する音楽性から、同時代に活躍したスタイル・カウンシルとしばしば比較されましたが、ポール・ウェラーと曲を共作するなど密な関係でもありました。ロバートの華やかなルックスや歌唱力でも人気を集めました。


【クイズ・旧車千本ノック】202本目

【クイズ・旧車千本ノック】202本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

いつも「イィーッ」と大挙登場しては簡単に蹴散らされる運命のショッカー戦闘員。これはヒラ社員にあたる下級戦闘員「黒」です。おや、なにやらブツブツ言い始めましたよ・・?


トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)の画像アーカイブ【旧車】

トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


ギャランGTO 1600MR | 三菱 - 後端がハネ上がった「ダックテール」がいい【旧車】

ギャランGTO 1600MR | 三菱 - 後端がハネ上がった「ダックテール」がいい【旧車】

三菱のスポーティークーペ、ギャランGTOです。ダックテールを取り入れたのは日本車として初めてです。のちにセリカなどフォロワーが出ました。MRはDOHCエンジンを搭載する最高グレードです。