コンパーノ・ベルリーナ | ダイハツ - ヴィニャーレがデザインしたダイハツの乗用車第1号【旧車】

コンパーノ・ベルリーナ | ダイハツ - ヴィニャーレがデザインしたダイハツの乗用車第1号【旧車】

オート三輪のミゼットをヒットさせたダイハツが乗用車市場に参入を果たしたのがこのコンパーノ。イタリアンデザインの洒落たデザインが特徴です。セダンのベルリーナよりも、ワゴンとバンが先行して発売されました。オープンタイプのスパイダーはベルリーナよりも後発となります。


イタリアの名門カロッツェリア、ヴィニャーレがデザイン

・モデル名 :コンパーノ ベルリーナ
・世代/型式:初代/F40型
・メーカー名:ダイハツ
・年式   :1966
・撮影場所 :クラシックカーフェスティバルinところざわ 2017

ミゼットという出色の大ヒット軽オート三輪をもつダイハツは、オート三輪の世界ではマツダと覇を競っていたが、やはり自動車メーカーたるもの乗用車を製造したいのは当然のこと。
さらにいえばセダンを中心とした乗用車は成長市場であることは間違いなく、各社も競って参入を果たしていた。
そんな中、ダイハツが乗用車市場に打って出た第1作めがこのコンパーノ・ベルリーナだ。

イタリアの名門カロッツェリア、ヴィニャーレがデザインを担当し、いかにも美しいイタリアーノなベルリーナ。当初はやはり商用車ニーズのほうが高かったためコンパーノ・ライトバンから製造がスタートしたが、そのセダン(ベルリーナ)版としてデビューしたんだ。

手堅くラダーフレーム構造が採用された

コンパーノのライバルとなるのはやはりトヨタ・パブリカや日産ブルーバード(410型あたり)だろう。このあたりの小型セダンは軒並みモノコック構造が導入され始めた世代でもあるのだけど、コンパーノはダイハツのセダン第1号ということもあって、手堅くラダーフレーム構造が採用された。

技術革新も大事だけども、作り慣れたラダーフレーム構造でキッチリとした製品を世に送り出したいという気持ちもよくわかる。
それでもフレーム構造は旧態依然としたものではあったけど、たとえば4速フルシンクロのMTが積まれたり、日本初となる機械式インジェクションが奢られたりもしていたんだ。

コンパーノといえばベルリーナよりスパイダーのほうが印象的かもしれない。
実はライトバンだけでなくトラック(ピックアップ)などもある。
さまざまなボディバリエーションが作られたのは、ラダーフレーム構造ゆえに上物を変えるだけでそれが実現できたからだ。
ビジネスとして手堅く台数を伸ばさなければいけない、言ってしまえば絶対に失敗できない第1号車であることを考えると、いたずらに先端技術を追ってモノコック構造にするよりラダーフレーム構造を採用したダイハツの慧眼はアッパレというべきだね。

関連する投稿


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

日産のダットサン・フェアレディ2000、SRL311型です。フェアレディZの源流となるオープンボディのスポーツカーで、フェアレディの完成形と称される高性能ロードスター。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

マツダ・サバンナ RX-7の2代目、FC3型系です。ロータリーエンジンのマツダが真のスポーツカー像を追求し、7年を掛けて作り上げた珠玉のスポーツカー。プアマンズポルシェ?なにそれ?石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】243本目

【クルマニアックイズ】243本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】242本目

【クルマニアックイズ】242本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。