『こんなものを買った』DENON DA-305

『こんなものを買った』DENON DA-305

DV-505を使ったり、いろいろなトーンアームを調べたり取材しているうちに、レコード再生の難しさに行き当たりました。


たどり着いたのはシンプルなトーンアーム

まもなくステレオ時代15が発売されます。今回はレコードプレーヤー特集です。多方面からとりあげてますが、じつは特集の中に入れず、巻末で取り上げたプレーヤーがあります。寺垣式プレーヤーです。
ご存知の方も多いでしょう。もしご存知ない方はググられてみると面白いかもしれません。
寺垣式プレーヤーはフリーのエンジニア(大企業の技術顧問を歴任)、寺垣武氏が作った一連のプレーヤーです。全部で15モデルありますが、市販されたのは3モデルだけ。
ただし寺垣式とひとくちに言っても、1~7世代とそれ以降では大きく思想が違います。寺垣氏はレコードに刻まれた情報を余すところなく引き出すプレーヤーを目標に開発をはじめました。
基本はレコードの偏心を取るターンテーブルとリニアトラッキングアームです。とくに第一世代のリニアトラッキングはすごい。なんとシェルを水に浮かばせてトレースしてます。第2世代ではパンタグラフ式のアーム。第3世代で、ようやく普通のリニアトラッキングになります。
第7世代で一応の完成を見ますが、多分満足されなかったのでしょう。寺垣氏は再びコンセプトを変え、試作を始めるのです。
そうプレーヤーはここまでやっても完璧な再生はできないのです。なぜなら不完全なメディアだから。
それでも古今東西のエンジニアはできるだけ100%に近づけるため、努力を惜しまなかったのです……。
という取材を続けてきたところ、私の心境に変化が出てきました。
もうどうでもいい。
もうトラッキングエラーも気にしない。インサイドフォースも気にしない。
やっとピュアストレートアームの存在を認められるようになりました。あれってそもそも「100%は無理だから」と割り切ってのアームですよね。わかります。
というわけで、前置きが長かったですがDP-3000の相方選びです。
手に入るもっともシンプルなアームにすることにしました。
何人かのトーンアーム設計者の方に意見を伺ったのですが、インサイドフォースキャンセラーの効果については疑問を持たれている方が多かったです。ただ付けてないと売れないから、という理由で付けざるを得ない、ということのようです。
実際、市販されていたのトーンアームで、インサイドフォースキャンセラーがないモデルはほとんどありません。しかし、見つけましたよ。デンオンのDA-305です。

ヤフオク!で1万5000円。アームレストも付いてます。
なぜDA-305にしたか。さきほどから言っているシンプルだから、というのが最大の理由ですが、デンオンなので加工せずに取り付けられるのでは、と思ったのも大きな理由です。
トーンアームのベースは規格がないので、各社各モデルまちまちです。つまりボードに穴を開けないと取り付けられないモデルも、その穴の径は決まってないのです。
でも2センチくらいある穴を手持ちのドリルでまっすぐ開けられるものでしょうか。
昔のマニアはいったいどうやってたの?
というのを回避するためデンオンにしたのです。

では取り付けてみましょう。
アームボードを外して、おそるおそるアームベースを差し込んでみます。

ビンゴ!
ぴったり入りました。
裏側はこんな感じ。

取り付けるためのパーツはパッキン、内刃ワッシャー、ナットだけ。

取り付けたら、5ピンのフォノケーブルを差し込みます。

アームボードをキャビネットに戻して完成です。
簡単だ!
試しにレコードをかけてみましょう。
うんバッチリ。アームを戻そうとして……やっちまった。アームレストを取り付けるのを忘れてました。
仕方がないので、アームを外してボードにアームレスト用の穴を開けます。
ドリルをまっすぐ固定するための治具を使いましたが、固定しているのがダイソーのクランプなので心もとないですね…。

アームレストのベース部分は直径8mmぐらいでした(これもダイソーのノギスで測ったので心もとないです)。実際には結構キツくて、ねじ込むような感じになったのですが、正しかったのかしら。
まあ、こんなDIY素人でもできちゃうような工作ってことで。
完成です!

いやー美しい。この潔いシンプルさがいいですね。

今回、レコード特集をやるにあたり、大昔の雑誌なども随分と読みました。オーバーハングの意味(定義ではなく、なぜ調整が必要なのか)とか、トラッキングエラーをどこで最小にするか、とかインサイドフォースのこととか、本当に目からウロコです。
プレーヤーをシステムで買うのが当たり前になって、そういうことに無頓着になって、だんだんおざなりになっていた気がします。
昔はFM誌とかレコパルとか読んで、必死に勉強したのになあ。
というわけで、今回ひとまず完成したこのシステムでレコードを一から勉強し直そうと考えてる今日このごろです。
ちなみに、上の写真で置いてあるソノシートは魔女っ子メグちゃんです。シャランラ。(初心というより童心に帰りました)

ゴールデン横丁の仲間たち | 澤村 信(さわむら まこと)

https://goldenyokocho.jp/articles/675

かつてのオーディオブームを体験した世代にはたまらないムック本『ステレオ時代』(ネコ・パブリッシング)の編集長。ゴル横会長たっての願いを快く受け入れ、オーディオ愛あふれるコラムをゴル横に書き下ろしていただくことになりました!

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウは1949年生まれのイギリスのミュージシャン。1979年リリースの3枚目のアルバム『Labour of Lust』に収録。ニックの代表作で、邦題は『恋するふたり』。このアコースティック・バージョンもシブくていいですね。


昭和 死語の世界 ~スタンバる~

昭和 死語の世界 ~スタンバる~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「スタンバる」。かの有名なブラ◯ト艦長発祥とも言われる言葉です。


ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサン・フェアレディ2000は発表翌年の1968年、過酷で知られる「モンテカルロ・ラリー」でいきなり3位の好成績を収め、年間1万台以上を販売する人気車となりました。


【クルマニアックイズ】58本目

【クルマニアックイズ】58本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

イギリス出身。映画『セント・エルモス・ファイアー』のテーマ曲で全米1位を獲得しました。