【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はモノラルラジカセの完成形との呼び声高い名機「SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ」をお届けします。


Studio1980Ⅱ CF-1980Ⅱ の魅力を探る

まずは実機の画像から

CF-1980Ⅱ_1
CF-1980Ⅱ_2
CF-1980Ⅱ_3
CF-1980Ⅱ_4
CF-1980Ⅱ_5

単品カタログのアピールポイントを見てみよう

(CF-1980Ⅱ 単品カタログ 1976年2月頃 印刷より)

基本性能のかずかず。どこをとってもしっかりしています。

録音中でも、聞いているラジオの音量・音質を自由に変えられるバリアブルモニター

本格的なスタジオ・ミキシング。BCLも楽しめる3バンド。3,200mW(EIAJ/DC)の大出力。チューナー部、オーディオ部、メカニズム3拍子そろって高水準を誇ります。

ラジオ放送を録音する場合、録音レベルは聞いているラジオの音量・音質にかかわらず、つねに一定です。小さな音で聞いているときでも、大きな音で聞いているときでも、録音したいところで、ポンとボタンを押すだけ。途中で、ラジオの音量・音質を変えても、録音に影響がありません。

テレビやプレーヤーから録音するとき、内蔵スピーカーで聞けるラインイン・モニター

テレビやプレーヤーをラインインジャックにつないで録音するとき、録音中の音を内蔵スピーカーで聞けるべんりな設計です。しかも、聞いているスタジオ1980Ⅱの音を大きくしたり、小さくしたりしても録音レベルは変わりません。

テープが終わるとメカニズムが自動ストップするフル・オートシャットオフ

録音、再生、早送り、巻戻しのあらゆる状態で、テープが終わると、ロックしたボタンが自動的にもとに戻ります。うっかり、テープを止め忘れて外出しても、電池をむだに消費することがありません。また、このメカは、スリープタイマーのかわりになります。テープを再生状態にしておけば、ラジオを聞きながら、テープを聞きながら、また、録音しながら眠ってしまっても安心。テープの片道分の長さがスリープタイマーかわりになり、テープが終わってボタンが戻ると同時に、ラジオのスイッチも自動的にOFFに戻ります。

すぐれた感度と音質のエレクトレットコンデンサーマイク内蔵

ソニーのエレクトレットコンデンサーマイクは、音の良さで定評があります。そのノウハウを生かし、小型化して組み込みました。録音のたびに、マイクをつなぐ必要はありません。録りたいときに、ボタンを押すだけ。タイミングをとらえた録音スタートができます。

録音・再生中のテープの走行を一時停止するポーズボタン

録音中、コマーシャルやナレーションをかっとしたいとき、または、ミキシング録音のタイミングを逃したくないときなど、ポーズボタンを押して、テープの走行を一時停止させることができます。録音ボタンと再生ボタンを、何度も押す手間がはぶけ、必要な部分だけの録音・再生が手軽にできます。

テープの頭出し、反復聴取ができるキュー&レビュー

CUE

再生中、キューボタンを押すと、テープがキュルキュルと音をたてて走行します。はなすと再生。不要の個所を飛ばして、聞きたいところをすぐ見つけ出せます。

REVIEW

関連する投稿


『こんなものを買った』SONY CDP-391

『こんなものを買った』SONY CDP-391

B級オーディオ好きにとってCDプレーヤーの鉄板といえば何といってもマランツです。でもCD-34を筆頭に、実力機の値上がりは著しくて気軽に聴けるプレーヤーではなくなりつつあります。そこで今回は、ちょっとだけマランツのエッセンスを手軽に味わってしまおう、というのがテーマです。


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はSONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775」をお届けします。


model 4000 パワーアンプ | スレッショルド  - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

model 4000 パワーアンプ | スレッショルド - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

スレッショルド社は1974年、米・カリフォルニアで生まれたハイエンド・オーディオメーカーです。ダイナミック・バイアス・サーキットと呼ばれる高効率のA級動作回路を採用したパワーアンプが特徴です。のちに日本のナカミチにも技術協力し、STASIS回路搭載アンプに結実しました。


ハイエンドも凌駕する音のクオリティを身近に実現させたナカミチ初のプリメインアンプ

ハイエンドも凌駕する音のクオリティを身近に実現させたナカミチ初のプリメインアンプ

以前、ナカミチ初のレシーバーアンプである730を紹介しましたが、1970年後半に初めてセパレートアンプをリリース、1980年後半にリリースしたセパレートアンプCA/PAシリーズを発売。そのアンプ技術を生かし、1990年に初めてプリメインアンプをリリースしたのです。


RX-7700 | ナショナル - BCLと高音質の両方をねらった高級ラジカセ

RX-7700 | ナショナル - BCLと高音質の両方をねらった高級ラジカセ

メカニカルで重厚なデザインが際立つ、ナショナルの高級ステレオラジカセ。重量は12kgを超え、奥行18.5mmの余裕ある筐体に16cmウーハー+3cmツイーターを搭載する本格派です。


最新の投稿


ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー者」をお届けします。


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。


プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

全英7位まであがった90年代の”プログレ”アルバムより。 プリファブ・スプラウトはパディ・マクアルーン(vo,g)を中心に結成され、1982年にデビューしたイギリスのグループ。「歌職人」と讃えられたパディの手による洗練されたメロディで人気を集めました。


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。