DRAGON-CT/Nakamichi – アジマスにこだわるナカミチがリリースしたアナログプレーヤー

DRAGON-CT/Nakamichi – アジマスにこだわるナカミチがリリースしたアナログプレーヤー

1983年、カセットデッキのアジマスに対して一番コダワリをもっているナカミチがリリースしたアナログプレーヤーが、ドラゴン・コンピューティング・ターンテーブル。つまり、DRAGON-CTです。


ナカミチらしさ溢れるレコードプレーヤーの誕生

1982年、ナカミチが独自開発した星形着磁の「スーパーリニアトルクDDモーター」及びアブソリュートセンターサーチ機能を初搭載し、センセーショナルなデビューを飾ったのが、ナカミチ初のアナログレコードプレーヤーであるTX-1000でした。(発表は1981年) その翌年である1983年9月、兄弟機として登場したのが、今回のDRAGON-CTとなります。ちなみに開発中のモデル名はTX-700、販売時にDRAGON-CTとなりました。

まず、最初にTX-1000とDRAGON-CTとの相違点を列挙してみます。
・TX-1000はアームレス、DRAGON-CTはストレートアーム搭載(トーンアームパイプ交換式)
・DRAGON-CTはオートリターン機能搭載のセミオートマチック機
・アブソーリュートセンターサーチ機能をTX-1000はプラッター内、DRAGON-CTはプラッター外に搭載
・TX-1000は偏心量をデジタル表示
・TX-1000は電源部が別ユニット
・TX-1000はピッチコントロール時もクオーツロック
簡潔にまとめると、TX-1000は電源ユニットが別、アームレス、ダストカバーレスというエキスパート向けのモデルであったのに対し、DRAGON-CTはダストカバー、ストレートアームをコンポサイズの1ボディに収め、現実的で使いやすいプレーヤーに仕上げ、価格もTX-1000の110万円に対して40万円と半値以下に抑えたモデルです。

それでは、順に各機構を追ってみましょう。

偏心による音質劣化を解消した「アブソルートセンターサーチ機構」

アブソルートセンターサーチ機構を解説する前に、レコードの偏心とは何かを説明する必要があるでしょう。レコードの規格では、中心穴径が7.24+0.09mm、-0mmと決まっています。そして、ターンテーブルスピンドル径の規格は7.05~7.15mmです。スピンドルが規格の最小値、レコード穴径が規格の最大値の場合、すき間が0.28mm、偏心量はその半分である0.14mm。そしてレコードは、音溝に対する中心穴の偏心量は0.2mm以下という規格になっています。これら全て最も悪い条件を想定すると、0.34mmの偏心量となります。この状態では、仮にターンテーブル自体のワウ・フラッターが無いとしても、レコードの最内周では約0.15%(WTD RMS)にも達するのです。当時のDD方式最高級ターンテーブルのワウ・フラッターは0.003%(WTD RMS)程度だったと思いますが、偏心があったならば瞬殺されてしまいます。それほど偏心は重要であり、取り除く必要があるとナカミチは考えたのです。

DDモーターのスピンドル上にメインプラッター、その上にガラス製のセンターサーチプラッター、さらにその上にターンテーブルマットが載っています。センタースピンドルを中心にして、ガラスプラッターを押すためのセンターサーチロッドがあり、同一直線上の反対側に偏心量を測るためのセンサーアームの針先があります。センターサーチを開始すると、センサーアームがレコードの最内周円の溝をトレースし、偏心量の測定と併せてメインプラッターに刻まれているスリットにより、プラッター回転角を測定します。最大偏心時(センターサーチロッドを押す方向と180度反対方向に対する最大値)でプラッターを停止させ、センターサーチロッドにてセンターサーチプラッターを偏心量α分(補正量)を押すことで偏心を取り除く仕組みになっています。

TX-1000はプラッター内に機構があるので、プラッターを停止させることなく補正することが出来るのですが、DRAGON-CTは補正機構が外部にあるためにプラッターを停止させる必要があるのです。しかし、私はこれはデメリットではなく、この一連の動作を見て楽しめるというメリットであると思います。

そして、アブソリュートセンターサーチ完了後は、偏心量は±20ミクロン以内に補正され、偏心による音質劣化が全く感じ取れないほどの数値となるのです。

アナログプレーヤー技術のすべてを結晶

スーパーリニアトルクD・Dモーターは、1982年に発売されたTX-1000、DRAGON-CT、ZX-9に搭載されたDDモーターと基本構造は同じです。アナログプレーヤーで、未だにベルトや糸によるドライブ派が根強いのは、DDモーターによるSNの極が切り替わる際に発生するトルクムラによるフラッター成分です。このトルクムラをなくすためにS極からN極への磁束変化がサイン形状となるようローターマグネットに特殊な着磁を施し、さらに駆動コイルへの電流切り替えもサイン波状として、磁気的90度ずれた2対のサイン波状トルクを重ね合わせるという方法を採用する事により、合成トルクが常に一定となり、ゴギングやトルクムラの無い滑らかな定トルク駆動を実現し、フラッターの発生を根本から抑える事に成功したのです。
このモーターの特性が良くなったことで、ターンテーブルの慣性マスを必要以上に大きくする必要がなくなり、軸受けへの負担を抑えることが可能となり、ランブルが発生する危険性も減っています。
また、メインプラッターとセンターサーチプラッターは数ミクロンの空気層を介して密着していて、この空気層により互いの振動を吸収して、ターンテーブルの鳴きが低く抑えられています。

キャビネット

ハウリングや外部振動による悪影響も、プレーヤーの音質劣化の大きな要因となります。これを防ぐために、ターンテーブルやトーンアームをスピーカーから発せられる振動から完全に遮断することが必要で、そのためDRAGON-CTではダブルサスペンションシステムで床振動を吸収し、2重構造キャビネットで空気振動を通過させるという2段構えで万全の振動対策を施しています。

ボトムボードは、フェルトパッドとラバーインシュレーターで制振、その上にスプリングインシュレーターとラバーダンパーがあり、トップボードが載っています。そして、ダストカバーはボトムボードに取り付けられているため、ダストカバーが受ける空気振動はトップボードに直接伝わることがありません。そのため、ハウリング特性は極めて良好なものとなっています。

回路部、メカ部はトップボード裏にマウントされていますが、パンチングメタルでカバーされています。多くのレコードプレーヤーは、キャビネット内部をくり抜いてマウントされるのですが、トップボード、ボトムボード共に中空部がないため共振しにくく、横から受ける空気振動はパンチングメタル部分を通過させることで、影響を受けにくくなっています。
この効果は、トップボードを指の背でコンコンと叩いても、音を拾わないことを体感済みで、感心しています。

オイルダンプ方式高剛性ストレートトーンアーム

DRAGON-CTは、このクラスの常識をやぶり、たったひとつだけのトーンアームを選択しました。ユニバーサル型とせず、ローマス・ハイコンプライアンス設計の高性能MCカートリッジにターゲットを絞ったのです。

アームパイプは剛性の高い真鍮製とし、アーム先端部の軽量化と強度アップを両立。針先の微妙な動きに対する追従性を高め、アームパイプ部の強度のバラツキに起因する部分共振の発生を防いでいます。しかも、垂直方向軸受けはレコードのソリによってトーンアームが上下動しても、針先が音溝に対して常に垂直となるように設計し、また水平方向軸受けも高精度ラジアルボールベアリングを採用して、水平方向での初動感度を高めるなど、トーンアームの最も重要な性能である動的バランスを極めて高いものとしています。

また、アームパイプは交換式とし、オプションで追加購入する事で各種カートリッジに広く対応しています。アームパイプと本体との接合には確実なチャッキングジョイント方式を採用。パイプ内のリード線を太くし、さらにコネクター部を金メッキ割ピンによる挿入方式でセルフクリーニングを兼ねた面接触としたため、カードリッジの出力ロスは最小限となり、音質劣化を防いでいます。

さらに、経年劣化の少ないシリコンオイルによるオイルダンプ方式を採用し、5~10Hz付近での低域共振を抑制し、低域のセパレーションと共振特性を大きく改善。ローマス・ハイコンプライアンスタイプの高性能MCカートリッジのクオリティを余さずに引き出します。

オートリターン方式のセミオートシステム

DRAGON-CTの特筆すべき点は、使い勝手の面において、音質に一切の悪影響を与えない範囲でセミオートシステムを採用していることです。

トーンアームは光学スイッチと専用コアレスリニアモーター駆動によるオートリターン方式。もちろん、レコード演奏中にはトーンアームへ全く負荷を掛けません。アーム・キューイングや演奏カットも、前面のコントロールパネルから可能です。アームの昇降はオイルダンプ方式の滑らかなアームエレベーターにより、とてもスムーズとなっています。

付属品について

販売台数が100台ほどと云われているTX-1000程では無いですが、DRAGON-CTの生産台数も数ロットということですから、全世界で数千台程かと思われます。
以前に、その付属品一式(トーンアームダンピングオイル注入用注射器を除く)を別途入手したので、紹介します。

社外品について

ディスクスタビライザー(オーディオテクニカ製 AT-665BX)

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】185本目

【クルマニアックイズ】185本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。


【クルマニアックイズ】184本目

【クルマニアックイズ】184本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


銭湯と、毒蝮さんと、TBSラジオと(後編)

銭湯と、毒蝮さんと、TBSラジオと(後編)

イラストレーター・メソポ田宮文明が、銭湯からわいて出たいろんな思い出を語るこのコーナー。今回はTBSラジオの長寿人気番組『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』で体感したこと、その続きを。


サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

ロータリーエンジンを世界で唯一、量産車用に搭載することを成功させたのはマツダだけです。さらに言えば、ロータリーエンジンを積んだスポーツカーを作ることに成功したのもマツダが世界で唯一の存在で、RX-7は完全にオンリーワンのスポーツカーと言えます。