『こんなものを買った〈番外編〉』Dynavector DV-505(後編)

『こんなものを買った〈番外編〉』Dynavector DV-505(後編)

いよいよDV-505で聴いてましょう。ただし、前回も申し上げましたが、このDV-505、借り物です。ダイナベクターさんのご厚意でお借りしたものですので、あしからず。


難攻不落に見えるDV-505

いざ、セッティング……の前にDV-505の説明を少し。
上の図にあるように、DV-505は他のトーンアームとは一線を画す複雑さ。ですが、基本は一般的なアームがメインとサブに分かれたものと思えば間違いないです。
つまり普通のトーンアームは水平方向(レコード上の読み取る溝が進んだり、センター穴の偏心によるふらつきを吸収)と垂直方向(レコードの反り)両方動くようになっています。ところがDV-505は水平方向はメインアーム、垂直方向はサブアームが受け持ちます。
また通常はオイルやメカを使うダンパーは程よい磁力のマグネットを使っています。このためぱっと見はパーツ類が非常に多く、複雑になっているのです。
でも美しいと思いませんか。形状は機能に従うというバウハウスの思想そのものではないですか。それもそのはず、このトーンアームを開発したのは都立大学工学部の故・富成襄教授。つまり徹頭徹尾理詰めで作られたわけです。
調整部分は非常に多く、ラテラルバランス、メインアームのスタティックバランス、サブアームのバランスウエイトとダイナミックバランス、高さ調整、インサイドフォースキャンセラーと、フルスペック。で臆して、前回取付までやったのに、調整は日を改めて、となったわけです。

じつは懐が深いDV-505

ところが、よくよく考えてみると、本当に重要なのって、サブアームの調整だけでは、と思いついたわけです。あくまでプレーヤーが水平にセッティングされている前提ですけど。
なぜならメインアームは水平方向にしか動きません。ですので本来ならメインウエイトなんて必要ないですよね? ラテラルバランスも不要なはず。
ただ実際に動かしてみると若干垂直方向にも動くんですよね。多分サブアームで吸収しきれない反りのための保険なのかな。
というわけでメインアームは、破綻のない程度にセッティングすれば良し、と勝手に決めつけます。

まず高さ調整。手前の小さいダイヤルが高さを固定するストッパーです。これを緩めると右にあるスライドつまみで高さを変えられます。さすがの工作精度で、フリクションもなく、リニアに高さが変わっていきます。

ま、だいたいこんな感じ?
メインウエイトの位置はシェルとカートリッジとサブウエイトの合計で大まかな位置(アームに目盛りがついてます)にすればOK。
次にラテラルバランス。

プレーヤーが水平であることは確認済みなので、中間に。これでアームが左右に流れないことを確認して良しとします。

インサイドフォースキャンセラーは針圧2gの場合手前から5個目の溝ですが、弱くかける派なので、ひと目盛り手前、1.5gにします。
あとは針圧だけです。
サブウエイトでサブアームの水平を取ったあと、針圧つまみを回して印加します。

あくまで目盛りは目安なので、針圧計でチェック。

おお! 驚くべき精度。
40年も前のトーンアームがこれって、すごくないですか!?
これでひととおりセッティングは終わったはず。では試聴してみましょう。

間違えてはいないはずですが

関連する投稿


LS330 スピーカー | マッキントッシュ - 上級機のノウハウを投入したフロア型スピーカー

LS330 スピーカー | マッキントッシュ - 上級機のノウハウを投入したフロア型スピーカー

米国McIntoshから発売されたフロア型スピーカーシステムです。2台のウーハーを使用し、それぞれのクロスオーバー周波数を変えることで3ウェイの動作をさせています。エンクロージャーは密閉式です。


TPR-830 | アイワ - 目が肥えた人はコレを選んだ実力派ステレオラジカセ

TPR-830 | アイワ - 目が肥えた人はコレを選んだ実力派ステレオラジカセ

ステレオ・ラジカセとしてはコンパクトな筐体に多くの機能を盛り込んだアイワの意欲作。


SM-6 パワーアンプ | マランツ - 純A級とAB級の切り替えが可能なステレオパワーアンプ

SM-6 パワーアンプ | マランツ - 純A級とAB級の切り替えが可能なステレオパワーアンプ

純A級とAB級の切り替えが可能な全段DCアンプ構成のステレオパワーアンプです。動特性を重視したLow-TIM設計となっています。


TU-666 FM/AMチューナー | サンスイ - 円形ダイヤルスケールがユニーク

TU-666 FM/AMチューナー | サンスイ - 円形ダイヤルスケールがユニーク

円形のダイヤルスケールがノスタルジーを感じさせてくれる一台です。FMフロントエンドはFETと周波数直線型3連バリコンで、混変調特性、イメージ比、S/N比、歪が改善されています。


GF-808(s) | シャープ - さあ担ごう!巨大ラジカセの象徴的モデル

GF-808(s) | シャープ - さあ担ごう!巨大ラジカセの象徴的モデル

ステレオ・ラジカセ巨大化のなかでもひときわ目立ったのがシャープの「ザ・サーチャー」シリーズです。本モデルはカセットデッキを2台搭載した「ザ・サーチャーW(ダブル)」。


最新の投稿


アーハ/a-ha - Take On Me - 1984年

アーハ/a-ha - Take On Me - 1984年

アーハはノルウェー出身の3人組バンド。デビュー作「Take On Me」が全米1位・全英2位になるなど、多くのヒット作があります。2010年に解散しましたが15年に復活。


【クイズ・旧車千本ノック】174本目

【クイズ・旧車千本ノック】174本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

刑事ものと特撮ヒーローものを合体させたユニークな作品『ロボット刑事』。主人公の名前は単に「K」なのですが、子供たちのあいだでは「ロボット刑事K」が通称になっていました。


日産・シルビア(初代・CSP311型)の画像アーカイブ【旧車】

日産・シルビア(初代・CSP311型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「日産・シルビア(初代・CSP311型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


コンテッサ1300S/日野 – ミケロッティの傑作デザイン【旧車】

コンテッサ1300S/日野 – ミケロッティの傑作デザイン【旧車】

日野・コンテッサ1300Sです。ジョバンニ・ミケロッティのデザインした優雅なスタイル。リアエンジンであることを活かした長いリアオーバーハングとグリルレスのフロントが印象的です。