『こんなものを買った〈番外編〉』Dynavector DV-505(後編)

『こんなものを買った〈番外編〉』Dynavector DV-505(後編)

いよいよDV-505で聴いてましょう。ただし、前回も申し上げましたが、このDV-505、借り物です。ダイナベクターさんのご厚意でお借りしたものですので、あしからず。


難攻不落に見えるDV-505

いざ、セッティング……の前にDV-505の説明を少し。
上の図にあるように、DV-505は他のトーンアームとは一線を画す複雑さ。ですが、基本は一般的なアームがメインとサブに分かれたものと思えば間違いないです。
つまり普通のトーンアームは水平方向(レコード上の読み取る溝が進んだり、センター穴の偏心によるふらつきを吸収)と垂直方向(レコードの反り)両方動くようになっています。ところがDV-505は水平方向はメインアーム、垂直方向はサブアームが受け持ちます。
また通常はオイルやメカを使うダンパーは程よい磁力のマグネットを使っています。このためぱっと見はパーツ類が非常に多く、複雑になっているのです。
でも美しいと思いませんか。形状は機能に従うというバウハウスの思想そのものではないですか。それもそのはず、このトーンアームを開発したのは都立大学工学部の故・富成襄教授。つまり徹頭徹尾理詰めで作られたわけです。
調整部分は非常に多く、ラテラルバランス、メインアームのスタティックバランス、サブアームのバランスウエイトとダイナミックバランス、高さ調整、インサイドフォースキャンセラーと、フルスペック。で臆して、前回取付までやったのに、調整は日を改めて、となったわけです。

じつは懐が深いDV-505

ところが、よくよく考えてみると、本当に重要なのって、サブアームの調整だけでは、と思いついたわけです。あくまでプレーヤーが水平にセッティングされている前提ですけど。
なぜならメインアームは水平方向にしか動きません。ですので本来ならメインウエイトなんて必要ないですよね? ラテラルバランスも不要なはず。
ただ実際に動かしてみると若干垂直方向にも動くんですよね。多分サブアームで吸収しきれない反りのための保険なのかな。
というわけでメインアームは、破綻のない程度にセッティングすれば良し、と勝手に決めつけます。

まず高さ調整。手前の小さいダイヤルが高さを固定するストッパーです。これを緩めると右にあるスライドつまみで高さを変えられます。さすがの工作精度で、フリクションもなく、リニアに高さが変わっていきます。

ま、だいたいこんな感じ?
メインウエイトの位置はシェルとカートリッジとサブウエイトの合計で大まかな位置(アームに目盛りがついてます)にすればOK。
次にラテラルバランス。

プレーヤーが水平であることは確認済みなので、中間に。これでアームが左右に流れないことを確認して良しとします。

インサイドフォースキャンセラーは針圧2gの場合手前から5個目の溝ですが、弱くかける派なので、ひと目盛り手前、1.5gにします。
あとは針圧だけです。
サブウエイトでサブアームの水平を取ったあと、針圧つまみを回して印加します。

あくまで目盛りは目安なので、針圧計でチェック。

おお! 驚くべき精度。
40年も前のトーンアームがこれって、すごくないですか!?
これでひととおりセッティングは終わったはず。では試聴してみましょう。

間違えてはいないはずですが

トーンアームを取り付けて初めてレコードに針を落とすときは緊張しますね!
基本好きなレコードしか試聴室には置いてないのですが、万が一のことがあったときにもショックが少ないレコードは、っと。キョンキョンごめんなさい!

おお、無事演奏開始。
意外(?)に素直なスッキリした音です。手持ちで一番安いカートリッジですけど、澄んだキレイな音がします。
見た目の印象から、もっとパキパキした音が出るかと思いましたが、動作原理的にはまったく奇をてらってないので、素直な音が出るのも道理です。
気がつけば夜の10時。もう少しだけ聴いたら帰りましょう。

それにしてもDP-3000の近未来的なデザインとDV-505、意外と似合ってると思いませんか?

ゴールデン横丁の仲間たち | 澤村 信(さわむら まこと)

https://goldenyokocho.jp/articles/675

かつてのオーディオブームを体験した世代にはたまらないムック本『ステレオ時代』(ネコ・パブリッシング)の編集長。ゴル横会長たっての願いを快く受け入れ、オーディオ愛あふれるコラムをゴル横に書き下ろしていただくことになりました!

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウは1949年生まれのイギリスのミュージシャン。1979年リリースの3枚目のアルバム『Labour of Lust』に収録。ニックの代表作で、邦題は『恋するふたり』。このアコースティック・バージョンもシブくていいですね。


昭和 死語の世界 ~スタンバる~

昭和 死語の世界 ~スタンバる~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「スタンバる」。かの有名なブラ◯ト艦長発祥とも言われる言葉です。


ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサン・フェアレディ2000は発表翌年の1968年、過酷で知られる「モンテカルロ・ラリー」でいきなり3位の好成績を収め、年間1万台以上を販売する人気車となりました。


【クルマニアックイズ】58本目

【クルマニアックイズ】58本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

イギリス出身。映画『セント・エルモス・ファイアー』のテーマ曲で全米1位を獲得しました。