SONY COMPACT Hi-Fi COMPORNENT SYSTEM Heli compo カタログ

SONY COMPACT Hi-Fi COMPORNENT SYSTEM Heli compo カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は、ミニコンポがブームの80年代に登場したレコードサイズより小型化を実現したソニーのヘリコンポのカタログを取り上げます。


レコードがはみ出るプレーヤーはまさにヘリコプターのようだった。

大型ステレオが人気だった70年代は部屋の中心に、仏壇のようにオーディオシステムが鎮座していた。筆者も当時、父親の大型ステレオシステムで毎日オーディオを楽しんでいたのが懐かしい。平日は会社帰りにレンタルレコード屋で好きなレコードを借り、夜帰宅してからテープにタビングしていた。週末にはFMのベストテン番組をエアチェックしてカセットに録音し、カセットライブラリーを増やす毎日だった。因みに当時一番使っていたテープはTDKのADで、筆者の好みの音質だった。また、録音の調整で音が歪むギリギリまで攻めて調整するのが楽しかった。そんな70年代から80年代に入るとオーディオシステムは小型化しミニコンポが登場し始めた。ヘリコンポはそんな時代に登場した初期のミニコンポだ。それではカタログを見てみよう。

ヘリコンポ カタログ1

まさに80年代オーディオをイメージさせるヘリプレーヤーを前面に打ち出したコンポの写真で構成された、シンプルだけどインパクトのある表紙だ。コンポのサイズは最上部に乗っているヘリプレーヤーのサイズに合わせたコンパクトなステレオに仕上がっている。
気になるのはチューナーの数字でNHK-FMの周波数だ。何故NHKなのだろうか。そして液晶のグリーンライトも未来感を感じさせる。

ヘリコンポ カタログ2

中を見開くとまず現れるのが、ヘリプレーヤーの紹介ページだ。ヘリプレーヤーは面白い機能を持ったレコードプレーヤーで、単独でヘッドフォンを繋いでも楽しむことができるのと、レコードの音をFM電波でラジカセなどに飛ばせる機能が装備され、まるで放送局のようなレコードプレーヤーだ。因みにヘリプレーヤーはオプションになっている。

ヘリコンポ カタログ3

そして次のページはヘリコンポの機能説明だ。このページでは最新の機能を中心にシンセサイザーチューナーや、グライコ、そして面白いのが電源供給を一台で担う電源ユニットの存在と、将来のCDの登場に合わせて今は使えないがCDポジションが付いている点だ。

ヘリコンポ カタログ4

このページと、続くページにまたがりコンポの実寸の写真が掲載されている。実寸の写真なのでサイズ感の訴求と、使い勝手もシュミレーションができる便利なカタログ表現だ。
スピーカーはこの頃の流行である平面スピーカーになっていて今見てもカッコ良い。

ヘリコンポ カタログ5

そして本体の実寸写真だが操作ボタン類はこの頃流行ったフェザータッチメカで、当時は触れるだけで動作する感覚に感動したものだ。ただ、このメカは壊れやすく現在では修理不能なものが多いのが残念だ。

ヘリコンポ カタログ6

最後のページはアクセサリーの紹介で、特筆は野外に持ち出して使う時用のDCユニットだ。単一電池を12本装着して使用することができた。実際にはどの位電池が持ったのだろうか。以前紹介したユニークなヘッドフォンFM7も載っている、熱かった時代の製品群だ。

出典: ソニー株式会社 ヘリコンポ カタログ (1982年)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


ガブラ(アクマイザー3) - 地底の世界にも関西があった!?

ガブラ(アクマイザー3) - 地底の世界にも関西があった!?

頭部の形がアレっぽいですね。アレって?そう、ソフトクリームに決まってるじゃないですか!


電気チョッキ | 背中全体がホカホカ

電気チョッキ | 背中全体がホカホカ

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「電気チョッキ」。雪国のご両親へ還暦のお祝いにぴったり!?


TDK カセットテープ “メタルアロイ” シリーズ カタログ

TDK カセットテープ “メタルアロイ” シリーズ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回はメタルテープの誕生と同時に登場し話題となったTDKメタルテープのカタログを取り上げます。


グリーンマシーン(秘密戦隊ゴレンジャー) - 「年下の男の子」は気になる存在

グリーンマシーン(秘密戦隊ゴレンジャー) - 「年下の男の子」は気になる存在

秘密戦隊ゴレンジャーに登場した陸専用マシーン。これはミドレンジャーが操縦するグリーンマシーンです。ご覧の通りサイドカー。相棒はモモレンジャーです。


「自動ゆで卵器」…鶏卵のほか、うずらの卵に蒸し料理まで出来る

「自動ゆで卵器」…鶏卵のほか、うずらの卵に蒸し料理まで出来る

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動ゆで卵器」。ゆで卵以外の用途もあるのでしょうか?


最新の投稿


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!



アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。