【速報】まちだ交遊録│「わ・る・な・らハイサワー」の博水社

【速報】まちだ交遊録│「わ・る・な・らハイサワー」の博水社

今回は町田さんのディープでドープな交友関係を探るまちだ交遊録のコーナー!夏になると呑みたくなるものといえば、ビールはもちろん、最近ならレモンサワーも人気!そんなサワーを作るために欠かせないハイサワーの博水社さんに潜入!


『わるならハイサワー♪』の秘密、いろいろ聞いてきました!

毎回毎回、驚かされる我らが庶民文化研究家・町田さんの人脈!今回はなんとなんとその人脈がついに企業にまで及ぶことに!町田さんの知っている企業なのであれば、それはもはやゴル横的企業とも呼んで差し支えあるまい(傲慢!)。
しかしてその実態は、、、、、、、、、、、『わるならハイサワー』でおなじみ、博水社さん。
なんと博水社さん、町田さんのご自宅から徒歩10分くらいにある、地元密着型企業だったのである。
そんなわけで町田さんと一緒に、東京は目黒にある博水社さんにお邪魔していろいろ根掘り葉掘り聞いてきちゃいました!
今回はその一部をご紹介します。

こちらが博水社さんの社屋。奥に見える丸窓のモダンな建物が事務所的なところで、ハイサワーを入れたときに立ち上がる、思わず喉が鳴る炭酸のシュワシュワを表しているそうな。

さっそくインタビューのために突入。博水社さんが通してくれた会議室には、所狭しとハイサワーグッズが置かれていた。
例えば、宣伝用のハイサワーラッピングトラックの模型などもその一つ。なんとこの模型、実際に本物のハイサワーのペットボトルが設置できるドリンクホルダー的な役割を持っているのだ!
他にも、よく居酒屋で見かけるハイサワーのちょうちんや、男心をくすぐるあのポスターも貼られていたw

ハイサワーといえばやっぱコレだよねwこの素晴らしい、もはや芸術的なポスターが大好きなのはゴル横のエロオヤジだけかと思いきや、一般の人にも人気のようで、なんでも店頭とかに貼ると紛失してしまうくらいの魔力があるらしいwやっちゃダメだけど気持ちはわかる…(*ノω・*)テヘ

そんな美尻ポスターを発案したのは、町田さんのご友人で、博水社の三代目社長にあたる田中秀子さん!

この田中社長に町田さんとの馴れ初めや、ハイサワーの秘密、美尻ポスタースタートのきっかけなどいろいろお伺いしてきた!
また、美尻ポスターの人気の声によりスタートしたという鼻の下が伸びそうな美尻グッズもいろいろと紹介してきてもらったので、お楽しみにw

みんなでお尻を囲む、というなかなかシュールな絵柄wwwしかしこのお尻、とにかく人を惹きつける魔力があるようで、いろいろと話を聞かなきゃと自覚しつつも、ついついお尻の話をしてしまい、困ってしまうほどだったw
なに?辛抱たまらないって!?…まったくエロオヤジなんだから(*´ω`*) 慌てなくてもそんなお尻の話もたっぷりとご紹介するから期待して待っててちょうだいよw

本当に田中社長が朗らかで優しくて、温かいお方で、こんなどこの馬の骨ともわからないむさいオヤジたちにも分け隔てなく接してくれて、感謝感ゲキでした。
おもてなしでいただいた、お酒の割り材のノンアルハイサワー(正直焼酎が入ってて酔っぱらってもよかったw)もとってもおいしかったです(´;ω;`)

-お尻ポスター誕生のきっかけはとあるテレビだった…!?
 -ハイサワーの前は○○を売っていた…!?
   -町田さんとの出会いは○○だった…!?

などなど衝撃(言い過ぎ?)の新事実が次々に判明した今回の取材。次回以降でねっとりじっくり丁寧にご紹介するので、ぜひ期待していてほしい。
次回以降の記事はもちろん、これからもイベントやらなんやらと博水社さんの動向はしっかりお伝えしておこうと思う。

ゴル横はこれからも「わるならハイサワー」の博水社さんを(勝手に)応援します!

わるならハイサワー!東京・元祖レモンサワー

http://www.hakusui-sha.co.jp/

ハイサワーやハイッピー等お酒の割り材を製造販売する東京目黒の老舗博水社。 焼酎などのお酒とハイサワーを割ればレモンサワー・レモンチューハイが簡単に作れます。 公式オンラインショップでは居酒屋で人気の美尻(Bishiri・びしり)カレンダー・グラスを販売。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿



中野の都こんぶ | 中野物産 - 故郷を想う赤い箱

中野の都こんぶ | 中野物産 - 故郷を想う赤い箱

質実剛健──都こんぶには四字熟語がよく似合う。煌びやかな駄菓子売り場にあって、真っ赤な箱に白抜きの文字。これ以上ないほどにシンプルを貫く駄菓子が90年間愛され続ける理由を探った。


まちだ交遊録│ジオラマ作家・山本高樹さん3-山本高樹の作品たち

まちだ交遊録│ジオラマ作家・山本高樹さん3-山本高樹の作品たち

今回は町田さんのディープでドープな交友関係を探るまちだ交遊録のコーナー!数度に渡って紹介しているジオラマ作家の山本高樹さん。町田さん絡み以外にも当然ながらさまざまな作品を作っている。今回はそんな魅力的な山本高樹作品をご紹介しようと思う。



ポテトフライ | 東豊製菓 - これぞ駄菓子!高再現度で必食の味

ポテトフライ | 東豊製菓 - これぞ駄菓子!高再現度で必食の味

価値観は時代と共に移ろいゆく。美味しければ売れたお菓子界でも、糖質カット(ロカボ)やギルトフリー等、健康志向が目立ってきている。油や糖質はもう古いのか──否、変わらない良さも必ずある。ポテトフライに見る、男の世界。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】172本目

【クイズ・旧車千本ノック】172本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


高橋英辰 ‐ 日立製作所監督からクラブチームを創設した先駆者

高橋英辰 ‐ 日立製作所監督からクラブチームを創設した先駆者

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「高橋英辰 ‐ 日立製作所監督からクラブチームを創設した先駆者」をお届けします。


蛍光灯スタンド(花電球付) | お部屋へあたたかな雰囲気を

蛍光灯スタンド(花電球付) | お部屋へあたたかな雰囲気を

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「蛍光灯スタンド」。花電球とは考えましたね~。


クラウンスーパーDX/トヨタ - 3代目クラウンのテーマは「日本の美」【旧車】

クラウンスーパーDX/トヨタ - 3代目クラウンのテーマは「日本の美」【旧車】

トヨタ・クラウンの3代目です。「日本の美」をテーマにしたスタイリング。特徴あるフロントマスクはマイナーチェンジで没個性的なものに変更されました。クラウンの伝統となったペリメーターフレームが初めて採用されたモデルです。


ジョン・デンバー/John Denver - Take Me Home, Country Roads - 1971年

ジョン・デンバー/John Denver - Take Me Home, Country Roads - 1971年

アメリカ出身のシンガー・ソングライターで、自作曲の「悲しみのジェット・プレーン」がピーター・ポール&マリーにカバーされ、ビルボード・チャート1位になったことから注目を集めました。親しみやすい曲調と繊細で情感あふれる歌詞が特徴で、数多くのヒット作を作曲し、1970年代のフォークソング界の中心的な存在となりました。