「わ・る・な・らハイサワー」の博水社・田中秀子社長に訊く!(予告編)

「わ・る・な・らハイサワー」の博水社・田中秀子社長に訊く!(予告編)

今回は庶民文化研究所の町田忍所長の交友関係を探るコーナー!夏になると呑みたくなるものといえば、ビールはもちろん、最近ならレモンサワーも人気!そんなサワーを作るために欠かせないハイサワーの博水社さんに潜入!田中秀子社長に話を伺った。


博水社田中秀子社長と庶民文化研究所町田忍所長

『わるならハイサワー♪』の秘密、いろいろ聞いてきました!

毎回毎回、驚かされる我らが庶民文化研究家・町田さんの人脈!今回はなんとなんとその人脈がついに企業にまで及ぶことに!町田さんの知っている企業なのであれば、それはもはやゴル横的企業とも呼んで差し支えあるまい(傲慢!)。
しかしてその実態は、、、、、、、、、、、『わるならハイサワー』でおなじみ、博水社さん。
なんと博水社さん、町田さんのご自宅から徒歩10分くらいにある、地元密着型企業だったのである。
そんなわけで町田さんと一緒に、東京は目黒にある博水社さんにお邪魔していろいろ根掘り葉掘り聞いてきちゃいました!
今回はその一部をご紹介します。

博水社

こちらが博水社さんの社屋。奥に見える丸窓のモダンな建物が事務所的なところで、ハイサワーを入れたときに立ち上がる、思わず喉が鳴る炭酸のシュワシュワを表しているそうな。

ハイサワーラッピングトラック

さっそくインタビューのために突入。博水社さんが通してくれた会議室には、所狭しとハイサワーグッズが置かれていた。
例えば、宣伝用のハイサワーラッピングトラックの模型などもその一つ。なんとこの模型、実際に本物のハイサワーのペットボトルが設置できるドリンクホルダー的な役割を持っているのだ!
他にも、よく居酒屋で見かけるハイサワーのちょうちんや、男心をくすぐるあのポスターも貼られていたw

美尻グッズのきっかけはあのテレビ番組!?

ハイサワーといえば美尻

ハイサワーといえばやっぱコレだよねwこの素晴らしい、もはや芸術的なポスターが大好きなのはゴル横のエロオヤジだけかと思いきや、一般の人にも人気のようで、なんでも店頭とかに貼ると紛失してしまうくらいの魔力があるらしいwやっちゃダメだけど気持ちはわかる…(*ノω・*)テヘ

そんな美尻ポスターを発案したのは、町田さんのご友人で、博水社の三代目社長にあたる田中秀子さん!

田中社長と町田さん

この田中社長に町田さんとの馴れ初めや、ハイサワーの秘密、美尻ポスタースタートのきっかけなどいろいろお伺いしてきた!
また、美尻ポスターの人気の声によりスタートしたという鼻の下が伸びそうな美尻グッズもいろいろと紹介してきてもらったので、お楽しみにw

美尻カレンダー

みんなでお尻を囲む、というなかなかシュールな絵柄wwwしかしこのお尻、とにかく人を惹きつける魔力があるようで、いろいろと話を聞かなきゃと自覚しつつも、ついついお尻の話をしてしまい、困ってしまうほどだったw
なに?辛抱たまらないって!?…まったくエロオヤジなんだから(*´ω`*) 慌てなくてもそんなお尻の話もたっぷりとご紹介するから期待して待っててちょうだいよw

ノンアルハイサワー

本当に田中社長が朗らかで優しくて、温かいお方で、こんなどこの馬の骨ともわからないむさいオヤジたちにも分け隔てなく接してくれて、感謝感ゲキでした。
おもてなしでいただいた、お酒の割り材のノンアルハイサワー(正直焼酎が入ってて酔っぱらってもよかったw)もとってもおいしかったです(´;ω;`)

-お尻ポスター誕生のきっかけはとあるテレビだった…!?
-ハイサワーの前は○○を売っていた…!?
-町田さんとの出会いは○○だった…!?

などなど衝撃(言い過ぎ?)の新事実が次々に判明した今回の取材。次回以降でねっとりじっくり丁寧にご紹介するので、ぜひ期待していてほしい。
次回以降の記事はもちろん、これからもイベントやらなんやらと博水社さんの動向はしっかりお伝えしておこうと思う。

ゴル横はこれからも「わるならハイサワー」の博水社さんを(勝手に)応援します!

わるならハイサワー!東京・元祖レモンサワー

http://www.hakusui-sha.co.jp/

ハイサワーやハイッピー等お酒の割り材を製造販売する東京目黒の老舗博水社。 焼酎などのお酒とハイサワーを割ればレモンサワー・レモンチューハイが簡単に作れます。 公式オンラインショップでは居酒屋で人気の美尻(Bishiri・びしり)カレンダー・グラスを販売。

町田忍の交遊録│「わ・る・な・らハイサワー」の博水社 その1

https://goldenyokocho.jp/articles/2530

今回は町田さんの交友関係を探る「まちだ交遊録」のコーナー!お酒の割り材の元祖であるハイサワーで有名な博水社さんに潜入!町田さんとの関係や、ハイサワー誕生秘話についてお届けします!

町田忍の交遊録│「わ・る・な・らハイサワー」の博水社 その2

https://goldenyokocho.jp/articles/2544

今回は町田さんの交友関係を探る「まちだ交遊録」のコーナー!お酒の割り材の元祖であるハイサワーで有名な博水社さんに潜入!大人気となっている美尻グッズなど、独創的なハイサワーグッズについて田中秀子社長に聞きました!

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

東京に数多くある、素敵な銭湯を紹介!今回紹介する銭湯は荒川区三河島。三河島駅そばにある銭湯「雲翠泉(ウンスイセン)」。東京型の建物外観に、関西型の浴場を備えた珍しい銭湯。心の洗濯をしに、ひとっ風呂、いかがですか?


町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

日本銭湯文化協会理事にして、自らも銭湯のペンキ絵を描く町田忍さん。そんな町田さんのペンキ絵修復作業に密着するチャンスが!三河島にある「雲翠泉(うんすいせん)」という歴史を感じる銭湯で、銭湯絵師・町田忍の仕事ぶりをレポートします!お楽しみに!


「駄菓子・なつ菓子研究所」TOP10 2位はあのゴルファーで注目されたアレ

「駄菓子・なつ菓子研究所」TOP10 2位はあのゴルファーで注目されたアレ

3月12日は「駄菓子の日」でした。駄菓子といえば懐かしい「なつ菓子」を紹介してきたゴル横「駄菓子・なつ菓子研究所」のコーナー。「駄菓子の日」にあやかって「ベストテン*」をまとめてみました。2位はしぶこ選手の活躍で注目されたあの駄菓子!(*2020年3月12日ゴル横調べ)


昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

庶民文化研究の大家町田忍さんと「玉電と郷土の歴史館」を訪れたゴル横取材班。前回のレポートでは「玉電と郷土の歴史館」の大塚勝利館長と、町田さんの対話を中心にご紹介したが、今回は「玉電と郷土の歴史館」に展示されたコレクションをご紹介!玉電関連グッズはもちろん、大塚館長の琴線に触れた昭和なアイテムが続々登場するよ!


昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(1)

昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(1)

庶民文化研究の第一人者町田忍さん。今回は、町田さんと昭和のレトロ文化を探訪する。訪れたのは「玉電と郷土の歴史館」。この「玉電と郷土の歴史館」、もともとは蕎麦店。店主の大塚勝利さんが店舗を活用して開いた。大塚館長と町田さんは旧知の仲。町田さんのお取り計らいで「玉電と郷土の歴史館」へ向かったゴル横取材班。玉電だけに留まらないおもちゃ箱のような「玉電と郷土の歴史館」での様子をレポートします!


最新の投稿


S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S500の発売とともに爆発的な人気を集め、すぐにS600に進化したSシリーズ。 「スポーツカー」といえば2座オープンが当たり前だったところに、さらに着脱式のハードトップではなくはじめから設えられたルーフを持つ「クーペ」が追加されました。


【クルマニアックイズ】20本目

【クルマニアックイズ】20本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワークはコリン・ヘイ(Vo)を中心にオーストラリアで結成された、5人組のロック・バンド。1980年にレコード・デビューし、ヘイの飄々としたヴォーカルや、サックスやフルートを交えたバラエティ豊かな作品で人気を確立。80年代前半を中心にヒット作を出し、オージー・ロックの先駆けとなりました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。


キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッスはポール・スタンレー(G/Vo) 、ジーン・シモンズ(B/Vo) 、エース・フレーリー(G/Vo)、ピーター・クリス(Ds/Vo) により1974年にデビューしたアメリカのロックバンド。白塗りの化粧と奇抜な衣装に身を包み、ド派手なセットで演奏するストレートなハード・ロック・ナンバーと火吹きや吐血などのパフォーマンスで大人気に。シングル、アルバム総売り上げは1億1000万枚にのぼります。