FLAT4さん再び!ワーゲンの聖地に行ってきたよ!

FLAT4さん再び!ワーゲンの聖地に行ってきたよ!

フォルクスワーゲン、それも空冷ビートル好きにとっては超有名企業「FLAT4」さん。以前にも楽しいお話を聞かせてもらったので、運営が新しくなったこともあるので、再びご挨拶に伺ってきました!


町田さんのご紹介で、フォルクスワーゲンのレストアを専門に扱うFLAT4さんの取材に行ったのはもはやずいぶん前の話。フォルクスワーゲンに懸ける思いや、新たにはじめたジュークボックスの数々、創業者である小森さんの熱いお話をご紹介させていただいた。

ずいぶん間が空いちゃったけど、フォルクスワーゲンの名車旧車がズラリと並び、さらにジュークボックスまである、めちゃくちゃ昭和レトロな雰囲気を楽しめるFLAT4さんを紹介しないなんてもったいなさすぎる!という思いに至った。
と、いうわけでゴル横の運営媒体も変わったことだし、ちゃっかりもう一回会いに行っちゃいました(*ノω・*)テヘ

そうと決まれば善は急げ、というわけでゴル横一行は菓子折り(嘘)を持ってFLAT4へ。創業者の小森さんや広報の川崎さんといろいろと大人な話をしつつ、再び店内や、ミュージアムを見せてもらうことに。
いやあ、相変わらずすごい空間だね、ここは。

今回、受付フロアに展示されていたのは1959年のカルマンギア コンパーチブル。ミッドナイトブルーの車体が美しい……そしてもう一台は1967年のType-1 キャルルックとも呼ばれるカリフォルニアルック。実はこのキャルルックってカスタム、定義があいまいみたいだけど、なんとなく見るからにカリフォルニアを走ってそうなので、定義とかいいや(笑)これで、ルーフトップの上にサーフボードでも付いてればもう完璧だねw

車以外にも、ワーゲン乗りにはうれしいパーツなども所狭しと並べられている他、ワーゲン関連のグッズもたくさん!ワーゲン自体がおしゃれだからか、グッズもいちいちおしゃれでホントに見ているだけで楽しくなれる場所だ。

ワーゲンバスを利用した店頭ディスプレイだったり、エンブレムやミラーのパーツ、そしてワーゲン関連グッズ。この冷蔵庫とかもうめちゃくちゃかわいい!これと同じデザインで名刺ケースがあったので、さっそく会長は購入してたりした(笑)
こんな感じで、店頭フロアだけでも楽しいのだが、いよいよミュージアムへとご案内していただく。

うーむ、相変わらず壮観だねぇ。世界的にも珍しいフォルクスワーゲンが東京の目黒で見られるんだからすごいよね!どんな名車が並んでいるかというと、FLAT4さんのHPによるとこんな感じ。

■展示車両 (※変更となる場合がございます。予めご了承下さい。)
1943 TYPE-82E
1946 TYPE-11 BRETZEL
1949 TYPE-14 HEBMULLER CABRIOLET
1949 TYPE-14 HEBMULLER CABRIOLET
1950 TYPE-1 KARMANN CABRIOLET
1953 DANNENHAUER & STAUSS
1956 ROMETSCH BEESKOW CABRIOLET
1958 ROMETSCH LAWRENCE COUPE

では、二回目になっちゃうけど、そんな貴重な名車たちを再び紹介していこうと思う。

戦中戦後に作られたビートルたち。そのため、敵機に見つからないよう反射する部分がまったくないというデザインになっている。理由は凄惨な感じだけど、正直このマットなカラーリングはゾクゾクするカッコよさがある…(゚A゚;)ゴクリ

ROMETSCH LAWRENCE COUPE。ワーゲンというとビートルとかワーゲンバスを想像しがちだけど、こういうラグジュアリーな車もけっこうある。
前回からの知識をそのまま流用させてもらうと、当時はポルシェ356なんかよりも断然高価で、セレブたちに引っ張りだこだったそうな。そりゃあ貴重ですよね……。

ヴォルフスブルクのエンブレムが輝くこちらの車もめちゃくちゃかっこよかった!地名なしの“5”ナンバーを掲げた1958年のTYPE1とのこと。このエンブレム、すごいかっこいいんだよなぁ…

ミュージアム以外にも、販売車両として普通にポルシェが店頭に並んでいたりと、二度目の来訪ながら驚きにあふれる取材となった。
こうして再びご縁を持つことができたFLAT4さん。せっかくなので、これからはもっともっといっぱい絡んでいくことにしました(笑)だって、ビートルとかポルシェとか、日本の旧車名車に負けないくらいファンが多い分野だもんね!これを紹介しない手はないでしょう!
というわけで、FLAT4さん絡みの記事をどしどし更新していくので、フォルクスワーゲンファンのオヤジたちは、ゴル横をフォローしておくと、いいことあるかもしれないよ?( ̄― ̄)ニヤリ

FLAT4さん、これからもよろしくお願いします!

お知らせ

8/11(日)、東京は代官山蔦屋書店にて、フォルクスワーゲンユーザーが集まるファンミーティングがあるとのこと。そちらにFLAT4さんも参加されるようなので、ご興味のある方はぜひ、足を運んでみてください!我々もいますw

代官山 蔦屋書店 クルマ・バイク コーナー

https://www.facebook.com/daikanyama.lindbergh/posts/1358125531005561

【モーニングクルーズ開催のお知らせ】 ~ Morning Cruise ~ 皆様こんにちは。 昨日、告知させて頂きましたが、一部内容に誤りがございましたので再掲載させて頂きました。 大変申し訳ございません。 8月11日(日)第79回モーニングクルーズを開催致します。 【日程】8月11日(日)7:00~9:00 【場所】代官山 T-SITE 駐車場 【テーマ】~...

関連する投稿


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!






最新の投稿


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!



アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。