【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1760

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1760

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回は「SONY スタジオシリーズ CF-1760」をお届けします。


Studio1760 CF-1760 の魅力を探る

まずは実機の画像から

CF-1760_1
CF-1760_2
CF-1760_3
CF-1760_4

単品カタログのアピールポイントを見てみよう

(CF-1760単品カタログ 1975年10月印刷より)
ミキシングと短波が楽しめる「プレイ・ラジオカセット」クリスタル(別売)を使って
短波(NSB)の選局を容易にするX-talポジションがつきました。

(CF-1760単品カタログ 1975年10月印刷より)
ぼくはミキシング、パパは短波で株式市況、ママは音楽鑑賞と、家族みんなの人気メカ。

短波が楽しめる3バンド

株式市況、競馬中継などユニークな番組がいっぱいの日本短波放送(NSB)は、競馬ファンや株に興味のある方には、聞き逃したくない放送です。このスタジオ1760なら、電波を鋭くキャッチ、しかもボタン操作ひとつで手軽に録音ができます。株式情報を採っておいてあとでじっくり分析したり、医学番組などのテープライブラリーをつくったりが思いのままです。またこのSWバンドは3.9~12MHzまでをカバーしているので、その範囲内の周波数で送られてくる海外短波放送をキャッチすることもできます。遠く離れた、見知らぬ国の番組を聞く楽しさはまた格別。いま話題のBCL(Broadcasting Listener=放送聴取者)の気分を楽しめます。

X-talポジションつきバンド切替えスイッチとクリスタル・ソケットでNSBをらくらく選局

どうもNSBの選局がしづらくて、という方のために、クリスタル(CSR-1H、CSR-2H 別売 各¥2,000)を使ってAM放送なみにらくらく受信できる設計にしました。背面にクリスタルを差し込めるクリスタル・ソケットを、ラジオのFM/MW/SWバンド切替えスイッチにX-talポジションをプラス。クリスタルをポンと入れて、バンド切替えスイッチをX-talにカチッとまわせば、あとはクリスタルが働いて指針を放送周波数付近に動かすだけで鮮やかに電波をキャッチします。

マイクから大きな音が入っても、音がわれにくいリミッター・ミキシング

ラジオから流れるアイドル歌手の歌にマイク片手にきみの歌を重ねてデュエットしたり、それをそのまま録音したりができるミキシング機構を装備。しかし、せっかくのデュエットも、マイクから大きな音が入ったため音がひずんでしまっては台なしです。その点、このスタジオ1760は、再生ミキシング(音を重ねながら、それをスピーカーから流すこと)のとき、大きな音が入っても、音がわれにくいリミッター方式を採用しています。もう音われを気にせず、デュエットでも音のドラマでも、思いっきり大きい声で楽しめます。また、ミキシング録音の時はソニオマチックが働いて、ひずみの少ない、きれいな録音ができます。

マイクの音をだんだん大きくしたり、小さくしたりできるマイクフェーダー

ラジオの音に重ねるマイクの音量をだんだん大きく(フェード・イン)したり、だんだん小さく(フェード・アウト)したりできるマイクフェーダーつきです。たとえば、自作自演の音のドラマで、なんて別れの場面は、このつまみで、「手紙をきっとくださいね。さようなら」という彼女の声がだんだん小さくなるように操作すれば、演出効果満点。きみのアイディアをプラスして、思い思いのミキシングが楽しめます。

ミキシングプレイを広げるミキシング専用マイクジャック

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】57本目

【クルマニアックイズ】57本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーンはアメリカ・ニュージャージー州出身のシンガー・ソング・ライター。1973年にデビューし、アメリカの庶民や労働者の声を代弁する政治的な歌詞とストレートなロックンロール・サウンドで人気を集めた、アメリカの国民的シンガーです。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


【クルマニアックイズ】56本目

【クルマニアックイズ】56本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。