【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」特集の2回目は「SONY スタジオシリーズ CF-1980」をお届けします。


Studio1980 CF-1980 の魅力を探る

まずは実機の画像から

CF-1980 _1
CF-1980 _2
CF-1980 _3
CF-1980 _4
CF-1980 _5

単品カタログのアピールポイントを見てみよう

(CF-1980単品カタログ 1974年1月印刷より)

まさにスタジオ入り。
調整卓を思わせる重装備。
「マルチ・ミキシング・カセット」

音質の良さと大出力を追求したオーディオ感覚。
2ウェイ・スピーカがその回答のひとつです。

スピーカはもちろん、キャビネットの構造から
部品配置までHi-Fi設計

(CF-1980単品カタログ 1974年1月印刷より)

スピーカは、口径が小さくなるにつれて低音がでにくくなり、逆に口径が大きくなるにつれて高音が出にくくなります。したがって低音と高音の両方を忠実に再生するには、低音専用スピーカと高音専用スピーカを装備するのが理想的。この考え方をそのまま実現して、16cmウーファーと5cmツィーターの2ウェィ・スピーカ・システムを採用しました。重量感あふれる低音と、すっきりと澄んだ高音を楽しめます。また再生出力も3,000mW(EIAJ)とこのクラスではずばぬけたハイパワー。野外に持ち出して聞いてみるとその迫力が分かります。しかもスピーカの音響効果を高めるために、キャビネットの内部構造や部品配置に工夫をこらしました。あくまで音質重視に徹しています。

(CF-1980単品カタログ 1974年1月印刷より)

アンプも音質重視 ITL、OTL回路

音質をよりよくするために、アンプ部の回路も厳選しています。ラジオやヘッドからの信号電圧を受け取って、それを大電力化してスピーカに送り出すパワーアンプ。
この回路をITL(Input Transformer Less)、OTL(Output Transformer Less)化。つまり入力側、出力側ともトランスを使わない回路にしたのです。もともとトランスは鉄心にコイルを巻いたものですから、トランス自体が音の歪みの原因になりやすく、音質を悪くしがちです。そこでトランスのないパワーアンプを採用。歪みの少ない美しい音質を追求する姿勢をつらぬきました。

高性能クロミカセットが使えるテープセレクト・スイッチ

周波数特性が良く、とくに高音の伸びが抜群と、オーディオマニアに好評のソニークロミカセットテープ。このクロミカセットテープのすばらしい音質を楽しんでいただくために、テープセレクト・スイッチを装備。ふつうのテープ(ローノイズ、HF)を使うときは“NORMAL”に、クロミを使うときは“CrO2”に切り換えてください。クロミカセットテープの深みのある音質をスイッチひとつで味わえます。

テープ走行を一定に保つサーボモーター

録音・再生のメカニズムも音を大切にする工夫がなされています。録音・再生中のテープの走行を一定に保つサーボ回路とサーボモーターを採用。回転速度のズレを電子回路が検出し、自動的に調整するサーボ機構です。このため回転ムラによる音の歪みがありませんから、持ち歩きながらでも安定した録音・再生ができます。

FM受信、AM録音を確実にするAFC/ISSスイッチ

FM放送を受信するとき、まずこのスイッチを“OFF”にしてチューニングします。つぎに“ON”にすると、AFC(自動周波数制御)装置が働いて安定した受信状態を保ちます。また、AM放送を録音中には、このスイッチがISS(Interference Suppress Switch : 干渉防止スイッチ)として働きます。“ON”か“OFF”に切り換えてみてください。“ピー”というビート音がカットされて美しい録音ができます。

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


512TR | フェラーリ - スーパーカー世代にはたまらない車名、BBとテスタロッサの後継者【旧車】

512TR | フェラーリ - スーパーカー世代にはたまらない車名、BBとテスタロッサの後継者【旧車】

フレームが一体型になったりエンジンマウント位置がさらに低くなったりと、V12ミドシップフェラーリとして熟成が進んだ512TRです。


ガンズ・アンド・ローゼズ/Guns N' Roses - Paradise City - 1987年

ガンズ・アンド・ローゼズ/Guns N' Roses - Paradise City - 1987年

セックス・ドラッグ・ロックンロールを地で行く世界的人気バンドの衝撃的なデビュー。 アクセル・ローズ(vo)、スラッシュ(g)、 ダフ・マッケイガン(b)らによるアメリカのバンド。1986年にデビューするとロックンロールやグラム・ロック、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの要素がミックスされたサウンドとファッションで瞬く間に全世界的な人気を獲得し、デビュー・アルバム「Appetite for Destruction」は2,800万枚以上を売り上げました。アクセルの度を越した遅刻癖と破天荒なキャラクターでも注目を集めました。



【クイズ・旧車千本ノック】291本目

【クイズ・旧車千本ノック】291本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


エイジア/Asia - Heat Of The Moment - 1982年

エイジア/Asia - Heat Of The Moment - 1982年

エイジアはジョン・ウェットン(Vo,B 元キング・クリムゾン、U.K.)スティーヴ・ハウ(G 元イエス)カール・パーマー(Ds 元ELP)ジェフ・ダウンズ(Key 元バグルス、イエス)の大物プログレバンド出身の4人が結成したグループ。“プログレの要素を3分半にポップにまとめた”作風がウケて、82年のデビュー・アルバム『Asia(詠時感〜時へのロマン)』全世界で1000万枚以上のセールスを達成するなど成功しました。