【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」特集の2回目は「SONY スタジオシリーズ CF-1980」をお届けします。


Studio1980 CF-1980 の魅力を探る

まずは実機の画像から

CF-1980 _1

CF-1980 _2

CF-1980 _3

CF-1980 _4

CF-1980 _5

単品カタログのアピールポイントを見てみよう

(CF-1980単品カタログ 1974年1月印刷より)

まさにスタジオ入り。
調整卓を思わせる重装備。
「マルチ・ミキシング・カセット」

音質の良さと大出力を追求したオーディオ感覚。
2ウェイ・スピーカがその回答のひとつです。

スピーカはもちろん、キャビネットの構造から
部品配置までHi-Fi設計

(CF-1980単品カタログ 1974年1月印刷より)

スピーカは、口径が小さくなるにつれて低音がでにくくなり、逆に口径が大きくなるにつれて高音が出にくくなります。したがって低音と高音の両方を忠実に再生するには、低音専用スピーカと高音専用スピーカを装備するのが理想的。この考え方をそのまま実現して、16cmウーファーと5cmツィーターの2ウェィ・スピーカ・システムを採用しました。重量感あふれる低音と、すっきりと澄んだ高音を楽しめます。また再生出力も3,000mW(EIAJ)とこのクラスではずばぬけたハイパワー。野外に持ち出して聞いてみるとその迫力が分かります。しかもスピーカの音響効果を高めるために、キャビネットの内部構造や部品配置に工夫をこらしました。あくまで音質重視に徹しています。

(CF-1980単品カタログ 1974年1月印刷より)

アンプも音質重視 ITL、OTL回路

音質をよりよくするために、アンプ部の回路も厳選しています。ラジオやヘッドからの信号電圧を受け取って、それを大電力化してスピーカに送り出すパワーアンプ。
この回路をITL(Input Transformer Less)、OTL(Output Transformer Less)化。つまり入力側、出力側ともトランスを使わない回路にしたのです。もともとトランスは鉄心にコイルを巻いたものですから、トランス自体が音の歪みの原因になりやすく、音質を悪くしがちです。そこでトランスのないパワーアンプを採用。歪みの少ない美しい音質を追求する姿勢をつらぬきました。

高性能クロミカセットが使えるテープセレクト・スイッチ

周波数特性が良く、とくに高音の伸びが抜群と、オーディオマニアに好評のソニークロミカセットテープ。このクロミカセットテープのすばらしい音質を楽しんでいただくために、テープセレクト・スイッチを装備。ふつうのテープ(ローノイズ、HF)を使うときは“NORMAL”に、クロミを使うときは“CrO2”に切り換えてください。クロミカセットテープの深みのある音質をスイッチひとつで味わえます。

テープ走行を一定に保つサーボモーター

録音・再生のメカニズムも音を大切にする工夫がなされています。録音・再生中のテープの走行を一定に保つサーボ回路とサーボモーターを採用。回転速度のズレを電子回路が検出し、自動的に調整するサーボ機構です。このため回転ムラによる音の歪みがありませんから、持ち歩きながらでも安定した録音・再生ができます。

FM受信、AM録音を確実にするAFC/ISSスイッチ

FM放送を受信するとき、まずこのスイッチを“OFF”にしてチューニングします。つぎに“ON”にすると、AFC(自動周波数制御)装置が働いて安定した受信状態を保ちます。また、AM放送を録音中には、このスイッチがISS(Interference Suppress Switch : 干渉防止スイッチ)として働きます。“ON”か“OFF”に切り換えてみてください。“ピー”というビート音がカットされて美しい録音ができます。

関連する投稿


スマホがない時代の娯楽はこうやって楽しんだ!ウォークマンをはじめとした懐かしいソニー製品たち

スマホがない時代の娯楽はこうやって楽しんだ!ウォークマンをはじめとした懐かしいソニー製品たち

今ではゲームに音楽、ラジオ、動画とあらゆることがスマホ一台で出来てしまう時代。それはとても便利だけど、昭和の娯楽の楽しみ方も趣があっていいもの。そんな昭和のエンタメを担ってきた、ラジカセやウォークマンなど庶民文化研究所収蔵のソニー製品をご紹介!


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


最新の投稿


モルタル住宅

モルタル住宅

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はかつてよく見た建築資材モルタルを利用した「モルタル住宅」についてご紹介。


スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

スカイラインGT-R - 第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32

第2世代のGT-Rとして爆発的な人気を誇ったR32も、そろそろ旧車とかネオクラシックと呼ばれる世代になってきたね。


【クルマニアックイズ】430本目

【クルマニアックイズ】430本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

空の旅のお供。航空会社のアメニティその1 マッチ・石鹸・絵葉書

日本国内はもちろん、遠く海外まで我々を運んでくれる究極の移動手段、飛行機。その機内で手に入るアイテムが、各航空会社で配られるアメニティだ。今回は様々な場所に移動している庶民文化研究所所長・町田忍さんに空の旅のアメニティを紹介してもらった。


【クルマニアックイズ】429本目

【クルマニアックイズ】429本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!