ミゼット | ダイハツ - ノスタルジックなオート三輪トラック【旧車】

ミゼット | ダイハツ - ノスタルジックなオート三輪トラック【旧車】

ダイハツのオート三輪、ミゼットです。後期のMP型で、それまでのバーハンドルから丸形ハンドルに改められ、フロントノーズの形状も大きく変わりました。伊香保360ミーティング(2017)で撮影しました。


「街のヘリコプター」

ダイハツ・ミゼット

・モデル名 :ミゼット
・世代/型式:初代/MP型
・メーカー名:ダイハツ
・年式   :不明
・撮影場所 :伊香保360ミーティング(2017)

戦前からオート三輪を手掛けていたダイハツが、それまでオート三輪トラックに手がでなかった零細事業者のニーズにこたえようと開発、1957年に発売したのがミゼットだ。
マーケティングにも力が入っていて、テレビCMや番組スポンサーを買って出た。大村崑さんをフィーチャーした生CMは大いにウケたらしいね。「街のヘリコプター」なる奇抜なキャッチフレーズも生まれた。
初期のモデル(DK/DS型)はバイクのようなバー型ハンドルを持ち一人乗りだった。屋根も背面も幌でできていて、まるで宅配ピザ用バイクの先祖のようだった。サイドドアが付いたのもDSAになってからだ。ちなみに輸出先であったタイでは「トゥクトゥク」と呼ばれるタクシーとして普及した。名前の由来は排気音なんだそうだよ。なんとものどかだね。

クルマらしくなったMP形

この写真の実車はMP型といって1959年にまずは北米輸出用に発売された。右ハンドルの日本市場用も半年後に投入されたよ。ハンドルは丸形に、座席も二座となってようやくクルマらしくなった。1972年に四輪のハイゼットにバトンタッチするまで、改良を加えながら実用性や安全性を高めていった。
ノスタルジックなスタイルが古き良き昭和を象徴するような一台だね。映画なんかによく登場するのも頷ける。

ダイハツ・ミゼット
ダイハツ・ミゼット

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


最新の投稿


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。