1000ZXL/Nakamichi – 世界最高峰のカセットデッキ

1000ZXL/Nakamichi – 世界最高峰のカセットデッキ

1000ZXLはナカミチの最上位モデル、いや世界中の全てのカセットデッキで最高のカセットデッキといっても過言ではないモデルです。


nakamichi 1000zxl

創業者である中道悦郎氏がアメリカで初代1000を持ちこみ、「1000ドルでどうだ」と言って売ったという逸話があるほど、初代1000は業界に一代旋風を巻き起こしたモデルでした。その初代1000(1973年)、マイナーチェンジ版である1000II(1977年)の登場から、1980年に満を持して発売されたのが、通算三代目となる1000ZXLでした。

当時のオーディオ誌で、「読者のお宅訪問」企画では必ずといって良いほど1000ZXLがあったために、メーカーの持ち込み機では無いかという都市伝説もある様ですが、現在中古市場での流通数を見ると実際に購入された機器であったと筆者は思います。


では、早速オートキャリブレーションから、見ていきましょう。

オートキャリブレーション(A.B.L.E.)

nakamichi 1000zxl able

ABLEは、アジマス(Azimuth)、バイアス(Bias)、レベル(Level)、イコライザ(Equalization)の頭文字を取ったもので、英語的にも「able:有能な」という意味がありますから非常にマッチしていますね。

また、8ビットマイコンによる256ステップと調整範囲を広く取ることにより、テープポジションを設定せず(スイッチがありません)に、キャリブレーションを行います。ちなみに、イコライザ設定をノーマルテープで70μS、ハイポジションで120μSにして録音することも可能です。その場合でも、周波数特性はフラットになるようにキャリブレーションされます。ノーマルテープで高域の伸びがやや減少しても、ノイズの少ない録音にしたい場合、逆にハイポジションやメタルテープでノイズは多少増えても、高域の延びた録音をしたい場合などに使うなど、裏ワザ的な使い方も可能です。

これまで、「ナカミチ・オリジナル・サイレントメカ」のモデルでオート機能が搭載されたのは
680ZX(オートアジマスのみ)
682ZX(オートアジマス、録音感度)
700ZXL(1000ZXLのABLEから録音イコライザのチェックポイント数が少ない)
700ZXE(700ZXLのABLEから録音イコライザ機能を省略)

となっています。つまり、1000ZXLのオートチューニング機構は最上位モデルに相応しく、妥協はありません。

オートキャリブレーション動作の概略的な流れは以下となります。
※実際には、キャリブレーション結果によって流れが変わります。

アジマス調整(録音ヘッド)
1回目のバイアス、レベル、イコライザ調整(粗調整)
400Hz、ピークバイアス調整
1回目のレベル調整(400Hz、-10dB)
周波数特性チェック(400Hz、7.2KHz、20KHz)
周波数特性チェック(400Hz、7.2KHz)
録音イコライザ調整
周波数特性チェック(400Hz、2.4KHz)
レベル調整(400Hz、-10dB)

マニュアルキャリブレーション機はアジマス/レベル調整に400Hz(0dB)、バイアス調整に15KHz(-20dB)でしたが、1000ZXLにおいては、キャリブレーション信号の周波数は400Hz、2.4KHz、7.2KHz、20KHzと4種類、レベルも0dB、-10dB、-20dB、-30dBと4段階。
カセットテープの性能を引き出すために、オートキャリブレーション用として、これだけの信号を内蔵させたコダワリに感服しました。

この高精度を極めるオートキャリブレーションですが、開始から完了までの所要時間は凡そ30秒程度、オートアジマスのみでは数秒で完了します。

このABLEによるキャリブレーションは非常に高性能で、ナカミチ推奨テープではノーマル、ハイポジション、メタルといった種類に関わらず、周波数特性20~20000Hz±0.75dB(18~25000Hz±3dB)を保証していました。S/N、ダイナミックレンジ、歪率ではメタルテープに優位性はありましたが、周波数特性に関して同スペックは保証していましたので、筆者は価格とヘッドの摩耗を考慮し、普段使いでは敢えてノーマルテープを使用しています。

1000ZXLには、ノーマル、クローム、メタルといったテープタイプの切り替えスイッチがありません。これは、テープタイプ別の設定情報を内蔵していないということです。録音済みテープの再生はすぐに出来ますが、録音はすぐに出来ないのです。違和感があると思いますが、オートキャリブレーション実施後に初めて録音することが可能です。そのため、キャリブレーション設定を保存するためのメモリが4つあり、予め録音するテープ設定を保存すれば、オートアジマスのみ実行後、録音することが可能です。新しい銘柄のテープをセットして、さっと録音開始することが出来ないのです。それは決して、デメリットではありません。カタログスペックをギャランティするために、必要なプロセスと考えているのです。

プログラム選曲(RAMM)

nakamichi 1000zxl ramm

RAMMは(Random Access Music Memory)の略で、簡単に言ってしまえば、頭出し機能です。80年当時、筆者が所有していたSONYのTC-K65のRMS(ランダムメモリー・ミュージック・センサー)は曲間スペース(4秒間の無音部分)を検出して曲の頭出しを行ってわけですが、ナカミチですから普通の方法ではありません。5Hzという音声信号を使い、曲番号を20ビットのデジタルコード化(以降RAMMコードと略)して曲間に録音し、それを検出することで曲の頭出しを行います。このRAMMコードには曲番号だけではなく、録音時のノイズリダクション及びイコライザの設定も埋め込んでいます。これにより、再生時には録音時に設定したノイズリダクションとイコライザを自動設定してくれます。カセットインデックスに曲名と併せて、大抵ドルビー設定を書込みますが、うっかりと書洩らすこともありますから、この機能は保険としても非常に有用です。

また、このRAMMコードはユーザー操作により任意場所への記録も可能ですから、曲間ではなく曲途中に埋め込むことで、曲中の部分リピートも可能です。この5Hzを使ったRAMMコード埋め込みは、再生音に影響は無いのか?という疑問があるかと思います。
検出は、リール速度を通常再生時の約7倍に制御したキュー状態で行いますが、再生はハイパスフィルタで5HzのRAMMコードはカットされますので心配無用です。なお、コード化は15ポイントまでで、メモリ再生プログラムは30曲まで可能です。

メカニズム

nakamichi 1000zxl メカニズム

[ヘッド]
・再生ヘッド
再生ヘッドは、ラミネートクリスタロイコアーを用い、小型化されたうえ、0.6ミクロンというナローギャップで、再生時に起こる数々の損失をなくし、25kHzにおよぶ高域の再生を可能にしています。

・録音ヘッド
録音ヘッドは、高保磁力、高密度テープの録音に対しても、シャープなクリティカルゾーンが得られ、また大きいバイアス電流によっても磁気ひずみや飽和を起さず、低域から高域までMOLの高い録音録音ができます。クリスタロイのラミネートコアによる3.5ミクロンギャップで、ライフは再生ヘッドと同じように1万時間以上を確保しています。

・消去ヘッド
消去ヘッドはフロントにセンダストを用いたフェライトコアーのダブルギャップです。また消去用バイアス電流はクォーツを用いたバイアス発振器からの周波数を1/2に分周し、52.5KHzを使用しています。これにより消去ヘッドの渦電流ロスが減少。消去電流を増加させることができ、消去効率が大きくアップ。低域における消去率を著しく改善させています。

[アンプ]
ABLEコンピュータにより、それぞれのテープに最適な条件が与えられますが、アンプ回路は、この最適条件で引き出された性能を損なわないよう、ナカミチがこれまで培ってきたノウハウを全て注ぎ込んだ回路で十分なダイナミックレンジと低い歪率でサポートします。

・再生アンプ
再生ヘッドと初段アンプ間を直結、イコライザー回路にはダブルNF回路を採用し、直流の安定化、歪の低減をはかっています。

・録音アンプ
特音イコライザーアンプは、終段アンプと録音ヘッドを直結、ダブルNF回路を採用し、録音時の歪を低減しています。録音入力はL、R、ブレンド(センター)の3ポイントのマイクロフォン入力と、ライン入力がミキシングできる方式をとり、サブソニックフィルタ、MPXフィルタを単独あるいは、このふたつを同時に切り替え使用できます。

別売アクセサリー

nakamichi 1000zxl 別売アクセサリー

本体である1000ZXLの別売アクセサリーとしては、以下の様なものがありました。

・NR-100(ドルビーCタイプノイズリダクション)
・RM-300(専用リモートコントリールユニット)
・DM-10(ヘッドデマグネタイザー)

開発時期的にはドルビーCを内蔵することが出来たと思われますが、敢えてノイズリダクションを外部接続可能にしたと思われます。ナカミチからは、外部ノイズリダクション・ユニットとしてリリースしていた「カルコムII」もありましたから、外部接続仕様にすることで、どちらにも対応するようにしたと考えます。また、専用リモートコントロールユニットは、基本操作以外にRAMM機能の操作、テープカウンタ表示も出来ました。

1000ZXLリミテッド

nakamichi 1000zxl limited

1000ZXLには、限定受注生産モデルとして、「1000ZXLリミテッド」というモデルが存在しました。専用ダストカバー、ベルベットキャビネットクロス、ドルビーCノイズリダクション外部ユニットが付属、フライホイールは真鍮丸棒からの削り出し、アルミシャーシにブラックアルマイト処理、録音ヘッド、再生ヘッドのシールドケースに純金メッキを施し、表面に停滞する過電流を減少させ、外来雑音を抑えています。

電源部のヒートシンクは、熱抵抗、接触抵抗、電気抵抗などに優れた銅板に金メッキ処理を施しています。また、回路のコネクター類も全て金メッキ処理を施し、耐蝕性を大幅に高めています。

フロントパネルとツマミには純金メッキを施し、天然木の突き板を使用したローズウッド仕上げのキャビネットなど、カスタムモデルにふさわしいものとしています。通常モデルの1000ZXLでオプションとなっていた、外部ドルビーユニットも標準で付属されました。また、カセットリッドのプレートにはオーナーの名前が刻まれ、5年間という保障期間が設けられていました。限定数はわずか100台で、極限られたオーナーの手に渡りました。

1000ZXLを入手時、比較研究のために他メーカーの最上位モデルと比較しましたが、ABLEを始め基本性能の高さからくる自己録再性能は明らかな差がありました。
ナカミチのカセットデッキ群において、ミュージックテープを含め、他デッキで録音したテープ再生に関しては、DRAGONに優位性がありますが、録音を含めた自己録再で1000ZXLを超えるものは無いでしょう。そして、カセットデッキ史において、今後1000ZXLを超えるモデルも世に出ないと思います。

スペック

トラック形式       :4トラック・2チャンネル・ステレオ方式
ヘッド          :3(消去x1、録音x1、再生x1)
モーター(テープ駆動用)  :PLLサーボモーター(キャプスタン用)x1、
              DCモーター(リール用)x1、DCモーター(アジマス用)x1
              DCモーター(メカコントロール用)x1
電源           :100V 50/60Hz
消費電力         :最大60W
テープ速度        :4.8cm/秒
ワウ・フラッター     :0.04%以下(WTD RMS)、0.08%以下(WTD PEAK)
周波数特性        :20Hz-20,000Hz±0.75dB、18Hz-25,000Hz±3dB
              (録音レベル-20dB、EX、EXII、SX、ZXテープ)
総合S/N比        :66dB以上(3%THD)、60dB以上(0%)
              (IHF-A、Wrms、400Hz、ドルビーNR、ZXテープ、70μS)
総合歪率         :0.8%(ZXテープ)、1.0%(SX、EXIIテープ)
              (400Hz、0dB) 
消去率          :60dB以上(100Hz)
チャンネル・セパレーション:37dB以上(1KHz、0dB)
バイアス周波数      :105KHz
入力(ライン)       :50mV 50KΩ
  (マイクロホン)    :0.2mV 10KΩ
  (ノイズリダクション) :100mV 50KΩ
出力(ライン)       :1V(400Hz、0dB、アウトプットレベル最大)
  (ヘッドホン)     :45mW(400Hz、0dB、アウトプットレベル最大)
  (ノイズリダクション) :100mV、2.2KΩ
寸法           :W527xH258xD322mm
重量           :約19kg
販売年          :1981年
当時の定価        :550,000円

出典: ナカミチ株式会社 1000ZXL カタログ (1981年)

ゴールデン横丁の仲間たち | toby(トビー)館長

https://goldenyokocho.jp/articles/1877

ナカミチの魅力にすっかり憑りつかれ、カセットデッキのコレクションはコンプリート間近に迫っている。ほかにもアンプやレコードプレーヤー、CDプレーヤーにDATそしてFMチューナーに至るまでフル・ナカミチのオーディオセットを所有。至福のリスニングルームに籠れば時間の経つのをつい忘れてしまうという。

関連する投稿


RS-457 | ナショナル - タテ格子がユニーク過ぎるステレオラジカセ

RS-457 | ナショナル - タテ格子がユニーク過ぎるステレオラジカセ

ナショナルとして初めてのステレオラジカセ。初期のステレオラジカセらしくレトロ感あふれるデザインです。


U-BROS-JUNIOR-2 コントロールアンプ | UESUGI - 音質劣化のないラインアンプ

U-BROS-JUNIOR-2 コントロールアンプ | UESUGI - 音質劣化のないラインアンプ

U-BORS-18の増幅機能を省いたモデル。音量変化に伴う音質劣化の無いフェーダーボックス・ラインアンプです。


『こんなものを買った』SONY TA-F222ESA

『こんなものを買った』SONY TA-F222ESA

最初はMCトランスかMC対応のフォノイコを買おうと思ったのです。でもつれづれなるままにヤフオク!を物色していたら、MC対応のアンプのほうが安いことがままあることに気づいてしまったのです。


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はモノラルラジカセの完成形との呼び声高い名機「SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ」をお届けします。


C24 コントロールアンプ | マッキントッシュ - マッキン初のソリッドステート式コントロールアンプ

C24 コントロールアンプ | マッキントッシュ - マッキン初のソリッドステート式コントロールアンプ

マッキントッシュ初のソリッドステート式コントロールアンプです。伝統のデザインはそのままに当時の最新テクノロジーに挑戦した意欲的なモデル。


最新の投稿


昭和レトロ食堂 │ ロボットに囲まれて酒を呑む ROBOT KICHI

昭和レトロ食堂 │ ロボットに囲まれて酒を呑む ROBOT KICHI

昭和の残滓を感じさせる大衆酒場やスナックは、令和の時代になってもまだまだあるもの。そんな昭和レトロなお店を訪問してみた。今回訪れたのは養老乃瀧が運営する「ROBOT KICHI」。およそ昭和感のない店名ではあるが、果たして?


アントニオ猪木が天龍源一郎を眠らせた夜

アントニオ猪木が天龍源一郎を眠らせた夜

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「アントニオ猪木が天龍源一郎を眠らせた夜」をお届けします。


【クイズ・旧車千本ノック】220本目

【クイズ・旧車千本ノック】220本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


スウィング・アウト・シスター/Swing Out Sister - You On My Mind - 1989年

スウィング・アウト・シスター/Swing Out Sister - You On My Mind - 1989年

アンディ・コーネル(key)と、コリーン・ドリュリー(vo)のデュオ。スウィング・アウト・シスターは1984年にイギリスで結成され、当初はトリオでしたが、この「You On My Mind」を含む2枚目のアルバム「Kaleidoscope World」制作中にオリジナル・メンバーのドラマーが脱退し、現在の体制に。


平木隆三 ‐ メキシコ五輪銅メダルの名参謀はやさしい鬼軍曹

平木隆三 ‐ メキシコ五輪銅メダルの名参謀はやさしい鬼軍曹

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「平木隆三 ‐ メキシコ五輪銅メダルの名参謀はやさしい鬼軍曹」をお届けします。