『こんなものを買った〈番外編〉』Dynavector DV-505(前編)

『こんなものを買った〈番外編〉』Dynavector DV-505(前編)

最初にお断りしておきますと、今回は買ってないです。とても高くて買えません。でも、どうしても使って見たかったんです…。


異形のトーンアーム

覚えていますか?

趣味としてのレコードプレーヤーで行き着くのは、ターンテーブルとトーンアームを別々に組み合わせるセパレートのシステムですよね。
80年代前半くらいまではわりと一般的でしたね。ターンテーブルは国産でもSP-10なんていう絶対王者があったのですが、トーンアームはそれこそ百花繚乱。海外だとSMEとか……あれ、SMEくらいしか思い浮かばない。でも国産はFR、サエク、グレースといった専門メーカー、それにオーディオテクニカ、オーディオクラフトといったアクセサリーメーカー、デンオン、テクニクス、ビクターといったメジャーメーカー、いろいろありましたね。でも当時好きだったのは、ひときわ異彩を放っていた、というか、むしろ異形のトーンアームというか。そうダイナベクターのDV-505です。
ぱっと見ただけでは、いったいどういう仕組なのか想像もできない、というか、本当に動くのか、という感じ。
じつは次のステレオ時代(9月発売です!)でダイナベクターの特集をします。そこで取材の帰りに撮影用としてこのDV-505をお借りしました!いったいどんな音がするのかワクワクです。というわけで、買ってませんが「こんなものを買った」番外編です。

と、その前に

勢いでDP-3000を手に入れたのは前回の記事でお伝えしたとおりです。手持ちでトーンアームが交換できるプレーヤーはこれしかないので、もちろんコイツに取り付けることになります。が、キャビネットがあまりに汚い。白木なので余計にくすんだ感じになってしまいます。トーンアームを交換する前にまずは掃除しましょう。
まずターンテーブルを取り外します。

キャビネットには木ねじ3本で固定されてますので、外して本体を上に持ち上げれば簡単に外れます。

こんな感じ。
トーンアームはアームボードという板に取り付けられています。アームボードはネジ4本で取り付けられているので、これも外します。これでアームボードはフリーになります。

アームボードは20mmの板ですが、底面に向かってテーパーが付いているため、じつはターンテーブルを取り外さなくても交換可能です。良く出来てる。今回は一度全部取り外しキレイにするので、いずれにせよターンテーブルも外すつもりだったので良し。

アームボードを取り外すとフォノケーブルの取り外しも楽ですね。ケーブルを外し6角ナットを外せば簡単にトーンアームは外れました。

こうして単体になったキャビネットをマイペットでゴシゴシ。マジックリンは手荒れするからなー。
おおーすげーキレイになる(笑)

写真ではわかりにくいかもしれませんが、生まれ変わりました。現金なものでキレイになると愛着も増しますね。
ターンテーブルをもとに戻して、いよいよDV-505を取り付けます。

憧れのDV-505

じゃーん。DV-505です。
「形式は機能に従う」という言葉かありますが、このDV-505、別にカッコ良いものを作ろう、というものではありません。開発した富成教授が理想を追求した結果がこうなった、というものだったのです(このあたりは次号のステレオ時代でkwsk)。
DV-505はトーンアームベースをキャビネットに置いてネジ止めするだけ。キャビネットの穴あけは不要です。
本来は有効長、オーバーハングから位置を決めるのですが(本当は専用の紙製ゲージが同梱されていました)、今回は前のトーンアームの穴が見えないように取り付けます。

次にアームベースに本体を取り付けます。アームベースの支柱には歯が刻まれていて、アーム側に組み込まれたピニオンギアを回すことで簡単かつ正確に高さ調整が可能です。

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】57本目

【クルマニアックイズ】57本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーンはアメリカ・ニュージャージー州出身のシンガー・ソング・ライター。1973年にデビューし、アメリカの庶民や労働者の声を代弁する政治的な歌詞とストレートなロックンロール・サウンドで人気を集めた、アメリカの国民的シンガーです。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


【クルマニアックイズ】56本目

【クルマニアックイズ】56本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。