クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?通称「オニクラ」

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?通称「オニクラ」

異形大型ヘッドライトが「鬼のツノ」に見えたとか…


キャッチコピーは「ちょっと誇らしく」だったのに…

トヨタ クラウン

モデル名 :クラウン2000スーパーサルーン(6代目110型系)
メーカー名:トヨタ
年式   :1981年
撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。
歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていた。

端正なセダン然としていた前期型から後期型にマイナーチェンジされた際、セダンは角4灯(スタンダードグレードは丸4灯)から大型異形の角2灯にフェイスリフトされたのだけど、まなじりをリフトしすぎてしまったようで「鬼の形相」なんて言われていた。
そこからついたニックネームが、なんと「オニクラ」。鬼のクラウンだ。

厳つくて強面なほうが需要があるアフターマーケットも

トヨタ クラウン

もともと国産セダンの高級車は、台数が出ている車種だと型落ちになったときに中古車が比較的早く寝落ちして、ちょっとヤンチャなお兄さんたちがこぞって購入していわゆるヤンキー仕様っぽく改造されてしまうことが多い。
最近でいう「VIPカー」的なスタイルになってしまうのだけど、そういうときにやはり優しい温和なイメージの車種よりも、厳つくて強面なほうがそういう需要の受け皿になりやすい。

「オニクラ」はまさにそんなニーズにピッタリで、「いつかはクラウン」で有名な7代目に世代交代した後あたりからはそういうスタイルになったオニクラをよく見かけたものだ。

「オニ」はニッポンが誇る文化なんだから

トヨタ クラウン

7代目はだいぶオトナのセダンっぽいイメージだったから(件のCMコピーも、石坂浩二のナレーションだった!)、余計にそのギャップが良かったのかもしれない。

7代目以降は「アスリート」が設定されるなど、スポーティなイメージも強く打ち出していてあまり従来の和風テイストは強くなくなってしまった。
旧き善きニッポンのセダンたるクラウンを味わうなら、オニクラまではピッタリだろう。
なんたって、「オニ」はニッポンが誇る文化なんだから。

トヨタ クラウン
トヨタ クラウン

関連する投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

イタリアの国民車、フィアット500のタイプFだ。レモンイエローの500というと、やはりルパン三世の愛車というイメージが強いね。「カリオストロの城」で乗っていたのがこれだ。


サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

小型軽量でスポーティなので今でも人気が高い、B110型2代目サニー。これは後期型の最強モデル、1200GX-5。5MTは「直結」と呼ばれるタイプのミッションだ。


グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

縦目グロリア、タテグロなどの愛称で呼ばれる3代目グロリア。


コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

アローラインと呼ばれる、傾斜したフロントノーズが特徴的な3代目コロナだ。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!