中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年春】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年春】

コンパクトディスクが登場する以前のアナログオーディオ時代、音楽ソースの主役はレコードでした。レコードの音溝に刻まれた微小な凹凸をなぞり、そこで発生する振動を電気信号に変換するのがカートリッジです。まさに音の入り口と言えましょう。オーディオコンポのなかでは一番ちいさなアイテムですが、オーディオシステム全体への音の影響度はスピーカーに次いで大きいのではないでしょうか。『別冊FMfan』1980年春号(25号)(共同通信社)の第1特集はカートリッジ27機種フルテスト。評価者は『FMfan』誌(共同通信社)のダイナミックテストでもおなじみの長岡鉄男氏です。


形も様々なカートリッジたち

宝石のようなカートリッジたち

巻頭の特集は山中敬三氏のカートリッジコレクションを紹介する、題して「名カートリッジ物語 - カートリッジコレクションの楽しみ」です。世界中から選りすぐった氏のコレクションはまるで宝石のよう。眺めているだけでも心躍ります。

MC型カートリッジの元祖、オルトフォン(デンマーク)

デッカはレコードメーカーとしても古くから有名(イギリス)

エラックはMM型カートリッジのオリジネーターのひとつ(ドイツ)

名機V15シリーズで知られるシュアー(アメリカ)

プロ用として絶大なる信頼を勝ち得たDL-103はデンオンの出世作(日本)

カッターヘッドと相似形をうたうVM型を開発したオーディオ・テクニカ(日本)

長岡鉄男の最新カートリッジ27機種フルテスト

長岡鉄男氏の製品テストレポートはおそらく筆者名を見なくてもわかるぐらいに特徴のあるものでした。ひとつは計測データをふんだんに盛り込んでいたこと。コンポに使われているパーツのサイズや重量を計測するのはお約束で、計測対象は外部に出ているボリュームノブやインシュレーターなどにとどまらず、本体内部にあるヒートシンクやトランス、スピーカーユニット単体のサイズや重量まで測定して記事に掲載していました。素材や材質にも注目していました。基本的には「重く」「厚く」「太い」が高く評価されていました。今回のフルテストでもスペアナで計測した周波数特性が掲載されています。もうひとつの特徴は音質を表現する際のユニークなボキャブラリーですが、紹介すると長くなるので次の機会に譲りましょう。

ではフルテストから気になった5モデルを選んでダイジェストをお届けしましょう。

ビクター U-2E 17,000円

ビクター U-2E

型式 MM型
再生周波数 10~40,000Hz
出力電圧(1kHz, 5cm/sec)2.8mV
セパレーション 25dB
出力バランス 1.5dB
針圧 1.3~1.7g
出力インピーダンス 800Ω
負荷抵抗 47kΩ~100kΩ
針先形状 だ円
カンチレバーの素材 アルミ合金
自重 17.5g

■レポートより抜粋
ユニークな、しかしスマートとはいえないスタイルのシェル一体型カートリッジである。
針圧は1.5g、出力は2.8mVとなっているが、実際には公称3.5mVのカートリッジと変わらない。インピーダンスが低いので、ロスが少ないからであろう。公称出力電圧が大きくてもインピーダンスの高いカートリッジは、内部でロスってしまうから、アンプに加えられる電圧は低下するのである。
音質はブックシェルフ型スピーカーとの相性がいいタイプだ。低域はゆったりとして量感がある。筋金入りのハードな低音というのとはちょっとちがうが、ブックシェルフから予想外の低音を引っ張り出してくれるというタイプだ。中域は歪み感が少なく、やや甘口だが滑らか、ハイエンドは少しカラリゼーションを感じる。このカラリゼーションがたいせつで、もしこれをとってしまうと、このカートリッジは重く甘口の太めの音になってしまうと思う。

シュアー V-15ⅢHE 30,000円

シュアー V-15ⅢHE

型式 MM型
再生周波数 10~25,000Hz
出力電圧(1kHz, 5cm/sec)3.5mV
セパレーション 25dB
出力バランス 2dB
針圧 0,75~1.25g
負荷抵抗 47kΩ
カンチレバーの素材 アルミ合金
自重 6.4g

■レポートより抜粋
従来のTYPEⅢにくらべるとハイエンドのチリチリとしたアクセントがとれて、そのぶん、やせた感じもなくなり、ナチュラルである。オケの低弦の動きがよくわかり、分解能が高く、広がり、奥行きも出るが、ベース、ドラムの力感、シンバルのヌケはもう一息。ボーカルも美しいが、少し角がとれた感じになり、タ行、ファ行の無声音の出方がもう一息。Ⅳに比較すると、音色についても、音像についても輪郭が少し甘くなる。マトリックススピーカーでは、ソロボーカルがパッと浮き出して色気、ツヤがあり、コーラスは広く深く、そして少し甘く。そこがⅣとちがうところで、それぞれによさがあるといえそうだ。どちらもCPは高いと思う。

テクニクス 305MC 35,000円

関連するキーワード


オーディオ 中古オーディオ

関連する投稿


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1982年冬】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1982年冬】

期待のコンパクトディスクがついに発売となった1982年。各社から一斉に第一号機が発表されましたが、まだ新フォーマットゆえに製品の完成度は未熟で、プロトタイプの域を出ないものや他メーカーからのOEM供給のモデルも散見されました。ゆえにこの時期のCDプレーヤーのテストレポートは「ほんの顔合わせ」の域を出ていません。そこで今回は『別冊FMfan』1982年冬号(共同通信社)からCDプレーヤー以外の製品を見てみましょう。


HA-1000MCヘッドアンプ | DENON - セパレート電源を採用した高級MCヘッドアンプ

HA-1000MCヘッドアンプ | DENON - セパレート電源を採用した高級MCヘッドアンプ

DENONのMCカートリッジ用の高級ヘッドアンプです。電源部をセパレートすることで、微弱なMCカートリッジからの出力信号を電源部で発生する振動や電磁波から守っています。


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年冬】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年冬】

なんとなくの期待を持って迎えられた1980年もすでに1年が経過しようとしています。秋のオーディオフェアも終わり、年末・年始の商戦に力が入ってくる時期です。『別冊FMfan』1980年冬号(28号)の特集は「決定版!'81年コンポパーツ78機種フルテスト」。どことなくデジタルオーディオ前夜の静けさ的な空気を感じますが、そんななかにも新機軸を打ち出した製品が多数商品化されています。目に留まったメーカー広告とあわせて振り返ってみましょう。


GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

ソニーの人気機種、スタジオ1980の対抗馬としてシャープが投入した力作。16cmのホワイトコーンウーハー採用の2ウェイスピーカー。曲の頭出しが簡単にできる「APSS」機能も搭載していました。


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年秋】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年秋】

オーディオシステムの中核に位置するアンプリファイヤー、通称アンプ。入力信号を増幅してスピーカーに送り込む増幅器ですね。理想論から言えば、入力信号に一切色付けすることなく忠実に増幅すること、つまり「ゲインを持ったケーブル」であることが求められるわけですが、実際の製品はそれぞれに音の個性を持っています。その違いを愉しむのがこれまたオーディオの醍醐味なわけですから、そもそも趣味に理想論を持ち込むのは野暮なこと、と言えるのかもしれません。今回は『別冊FMfan』1979年秋号(23号)(共同通信社)の「最新国産アンプ26機種フルテスト」を振り返ってみましょう。


最新の投稿



フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

ダットサン・フェアレディの2代目、SR311型です。2代目フェアレディはエンジンの排気量が1,500ccでデビュー、その後1,600ccから2000へと拡大しました。フェアレディ2000はツインキャブSOHCのU20型エンジンにポルシェタイプシンクロの5速MTを装備したスパルタンなモデル。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

アンとナンシーのウィルソン姉妹をフィーチャーしたアメリカのロック・バンド。


スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

日産・スカイラインの5代目、C210型です。CMキャッチから「スカイライン・ジャパン」の愛称がつきました。排ガス規制への対応からDOHCエンジン搭載車はラインアップされておらず、ライバルのトヨタ・セリカからは挑発的なCMコピーを浴びせられました。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】137本目

【クイズ・旧車千本ノック】137本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!