オーディオのたのしみ オーディオ誌で振り返る【1979年冬】

オーディオのたのしみ オーディオ誌で振り返る【1979年冬】


細分化・専門家する流れとは逆のオーディオコンポとして、レシーバーという製品がありました。アンプとチューナ、モノによってはカセットデッキまで組み込んだものも登場。スペースファクターが高く、手軽に使えるコンポとして一定の存在感を示していました。

フルテスト対象モデル

・パイオニア SX-2020 57,000円
・オンキョー TX-55 59,800円
・テクニクス SA-C02 79,800円
・マランツ SR-4000 84,800円
・ビクター R-5000 99,800円

ピックアップ【オンキョー TX-55】

オンキョー TX-55

定価      59,800円
SN50dB感度  14.8dBf
実効選択度   55dB
実効出力    30W + 30W
全高調波歪率  0.05%
フォノ入力感度 3mV(50kΩ)
消費電力    62W
外形寸法    W418 x H71.5 x D340mm
重量      7.2kg

■テスターコメント抜粋(藤岡 誠氏)
本機が発売されたとき、その美しいデザインに、新しいレシーバーのあり方のようなものを見てとった感じがした。
とてもしゃれていると思ったのは、同調ツマミとボリュームの間にレイアウトされているモニタースイッチとセレクタースイッチだ。これは電源スイッチと同じ縦長のスリムなプッシュボタンなのだが、上に緑、下に赤のランプをつけてインジケートしている。その色がまた大変美しい。
音質は立派なものだ。第一に電源がしっかりしている。出力は30W+30Wと小つぶだが、出てくるサウンドは低域から高域までなかなかツブ立ちがよい。

スピーカー

振動版に平板型ユニットを使った製品が登場してきました。まだ完成度としては十分ではなく、音については否定的な評価の方が多かったようですが、各社各様の手法でその可能性を追求していました。フルテストの5モデル中、平板型はLo-Dの1モデルのみでした。

フルテスト対象モデル

・オンキョー M-77  39,800円
・ダイヤトーン DS-32B  42,000円
・コーラル X-Ⅶ  69,800円
・Lo-D HS-90F  160,000円
・パイオニア S-955  190,000円

ピックアップ【Lo-D HS-90F】

Lo-D HS-90F

型式         3ウェイ・バスレフ型
インピーダンス    8Ω
再生周波数帯域    30Hz~20kHz
最大入力       150W
出力音圧レベル    89dB
クロスオーバー周波数 710Hz, 3.15kHz
外形寸法       W450 x H745 x D390mm
重量         43kg

■テスターコメント抜粋(藤岡 誠氏)
一聴してわかることは、その音のキメの細かさなのである。中域から最高域に至る実に繊細なサウンドはびっくりするくらいだ。いあ、事実私はたまげたのである。その上、つながりがまったくもってスムーズだ。再生の難しいハープシコード、ギター、声楽などをじっくり聴いているとそのナチュラルでスムーズな音の出方にしばし仕事であることを忘れる。
しかし低域はもっとブースト感が欲しいと思うのである。中域の張り出し方とエナジー感、高域の伸びのすばらしさに対して低域はやや薄く聴こえてくる。
低域についてはしかし、最低域まできちんと伸びているのだ。しかも立派すぎるといっても良いエンクロージュアに支えられた低域のクオリティそのものに不満はひとつもない。ネックをあえて探して出せば低域の“量”といういことになる。

カセットデッキ

フルテスト対象モデル

・トリオ KX-500  47,000円
・テクニクス RS-M24  52,800円
・デンオン DR-230  57,800円
・パイオニア CT-520  59,800円
・オーレックス PC-X60AD  72,800円
・ヤマハ K-1a  98,000円
・ティアック f-550RX  125,000円
・ナカミチ 680ZX  238,000円

ピックアップ【オーレックス PC-X60AD】

オーレックス PC-X60AD

モーター     2
ヘッド      2
周波数特性    20Hz~20kHz(メタル)
SN比       58dB(メタル)
ワウ・フラッター 0.035%
バイアス、イコライザー独立三段切り替え
外形寸法     W420 x H120 x D280mm
重量       6kg

■テスターコメント抜粋(大塚 晋二氏)
オーレックスの開発した、ノイズリダクションシステムADRESを搭載したモデル。これまでにもPC-X80ADやPC-X6ADなどというADRES搭載モデルがあったが、いずれも10万円以上の高価なモデルだった。それを7万強という中価格帯のモデルに初めてまとめたわけだから、大いに注目されよう。
ADRESは、他メーカーのモデルとの互換性が少ないことから、ドルビーシステムも内蔵といった万全の配慮がほどこされている。本機の出現により、ますますADRESの効果に魅了される人が続出することだろう。
音質については、ADRESを使わないでもダイナミックレンジはかなり広く得られる。
音像に張りがあって、実に伸びやか。躍動的で、快活なイメージで再現する。粒立ちが明快で、定位感もなかなかシャープに決まる。
さすがADRESを併用すると、SN比は抜群である。ブリージングもほとんど気にならない程度に抑えられているので、爽快な音像をバチバチ決めてくる。

参考資料:『別冊FMfan』1979年冬号(24号)(共同通信社)

※引用にあたっては株式会社共同通信社様の許可を得ています

関連記事

関連するキーワード


オーディオ 中古オーディオ

関連する投稿


『こんなものを買った』SONY CDP-391

『こんなものを買った』SONY CDP-391

B級オーディオ好きにとってCDプレーヤーの鉄板といえば何といってもマランツです。でもCD-34を筆頭に、実力機の値上がりは著しくて気軽に聴けるプレーヤーではなくなりつつあります。そこで今回は、ちょっとだけマランツのエッセンスを手軽に味わってしまおう、というのがテーマです。


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はSONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775」をお届けします。


model 4000 パワーアンプ | スレッショルド  - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

model 4000 パワーアンプ | スレッショルド - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

スレッショルド社は1974年、米・カリフォルニアで生まれたハイエンド・オーディオメーカーです。ダイナミック・バイアス・サーキットと呼ばれる高効率のA級動作回路を採用したパワーアンプが特徴です。のちに日本のナカミチにも技術協力し、STASIS回路搭載アンプに結実しました。


ハイエンドも凌駕する音のクオリティを身近に実現させたナカミチ初のプリメインアンプ

ハイエンドも凌駕する音のクオリティを身近に実現させたナカミチ初のプリメインアンプ

以前、ナカミチ初のレシーバーアンプである730を紹介しましたが、1970年後半に初めてセパレートアンプをリリース、1980年後半にリリースしたセパレートアンプCA/PAシリーズを発売。そのアンプ技術を生かし、1990年に初めてプリメインアンプをリリースしたのです。


RX-7700 | ナショナル - BCLと高音質の両方をねらった高級ラジカセ

RX-7700 | ナショナル - BCLと高音質の両方をねらった高級ラジカセ

メカニカルで重厚なデザインが際立つ、ナショナルの高級ステレオラジカセ。重量は12kgを超え、奥行18.5mmの余裕ある筐体に16cmウーハー+3cmツイーターを搭載する本格派です。


最新の投稿


20世紀最大のレスラー鉄人ルー・テーズのバックドロップ

20世紀最大のレスラー鉄人ルー・テーズのバックドロップ

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「20世紀最大のレスラー鉄人ルー・テーズのバックドロップ」をお届けします。


【クイズ・旧車千本ノック】226本目

【クイズ・旧車千本ノック】226本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー者」をお届けします。


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。