オーディオのたのしみ オーディオ誌で振り返る【1979年冬】

オーディオのたのしみ オーディオ誌で振り返る【1979年冬】

オーディオ誌や製品カタログなど、当時の資料でオーディオブームを振り返るのもなかなか味わい深いものです。メーカー各社がアピールしていた最新テクノロジー、デザインの特徴そしてスペックや価格などを改めて目にすると、中古オーディオへの興味がさらに湧くことでしょう。ことに、自分が手に入れた中古オーディオコンポを再発見することは、愛機への想いをより深いものにすること請け合いです。今回は『別冊FMfan』1979年冬号(24号)(共同通信社)の誌面から当時のオーディオを振り返ってみましょう。


80年代を目前にアナログオーディオ真っ盛り

アナログの世界だったオーディオに革新をもたらしたコンパクトディスク(CD)が世に出たのは1982年のことですから、1979年冬号の誌面はまだアナログオーディオ一色です。1980年代を目前に控え「'80年オーディオ」「'80年代の新しい音」「'80年代を予測する」など時代の変わり目に期待した表現が目立ちます。特集の「最新コンポーネントパーツフルテスト」も偶然なのか80機種をピックアップしています。しかし80機種とは今日の感覚からすると凄い数ですね。オーディオ業界の活況ぶりがよくわかります。

簡単にオーディオブームを振り返ると、1970年代にいわゆるバラコン、単品のオーディオコンポを組み合わせてシステムを組むことがマニアを中心に広まりました。アンプ、プレーヤー、スピーカー、チューナー、オープンリールデッキそしてカセットデッキと、それぞれのカテゴリーで各社技を競い合った熱い時代でした。70年代の大きな変化のひとつは、増幅素子が真空管からトランジスタへ置き換わったことです。登場当初のトランジスタ式アンプは、「音が硬い」「ノイズがきたない」などいわゆる「石の音」と言われ、マニアの耳を満足させるものではありませんでした。しかし、トランジスタそのものや回路技術の進歩は目覚ましく、1970年代も後半になるとトランジスタは真空管にとって代わって増幅素子の主流となりました。

音の入り口から出口までアナログコンポ一色

80年代を担う新型コンポたち

Lo-Dはメタル技術を80年代の象徴に

アンプは疑似クラスA回路が流行

70年代を通して急激に完成度を高めたトランジスタアンプは、その過程でさまざまな技術革新を経てきました。DCアンプ化やサーボ技術の導入、一般的なバイポーラトランジスタよりオーディオ向きとされたFET(電界効果型トランジスタ)の登場、さまざまな電源方式の提案もありました。

1979年の大きな話題は疑似クラスAという回路方式でした。アンプの増幅方式はプッシュプル方式と呼ばれ、交流のプラス側とマイナス側を別々に増幅して合成するやり方が一般的ですが、この方式ではトランジスタの持つ非直線性から、どうしても排除しきれないない歪(「スイッチング歪」や「クロスオーバー歪」)が残ってしまいます。それを回路の工夫によって解決しようとしたのが疑似クラスAという方式でした。純粋なクラスA式アンプと比べて、消費電力や発熱が少ないこともメリットでした。この新技術を画期的なものであるとして各社こぞって採用し、ネーミングも「スーパーA」「ニュークラスA」「リニアA」「ノンカットオフA」「ノンスイッチング」とまさに百花繚乱といえる流行ぶりでした。ただその一方で、本来一定であるはずのバイアス電流を可変させるこの方式に対し懐疑的な見方もあり、距離を置くメーカーもありました。

ビクターは日本で疑似クラスA方式アンプの先陣を切りました

テクニクスはニュークラスAが80年代アンプの条件になると宣言

疑似クラスAは採用せず動的特性と電源重視を訴求するサンスイ

FMチューナーはまだアナログ主流

デジタルシンセサイザー方式のチューナーもぽつぽつ出始めていましたが、まだ性能的にはエアバリコンを使ったアナログ式を超えるものではありませんでした。メーカー各社は来るべきFM多局化時代に備えて受信性能の向上に余念がありません。5~7万円が主流だったFMチューナー市場に、定価15万円という高額な新製品も登場しました。

オンキョー得意のスーパーサーボをチューナーにも導入

コンポーネントパーツフルテストより

本誌の目玉特集であるオーディオ評論家による新製品フルテスト。ジャンルごとのトレンドと気になる製品をピックアップしてダイジェストをお届けします。

カートリッジ

出力が小さいことから扱いにくく、マニア向けとされたMC型カートリッジが普及価格帯にも登場してきました。普及型クラスのアンプにもMC入力を備えた製品が出てきたことも背景です。今回フルテストで取り上げられたのは5モデル。うち4モデルがMC型でした。

フルテスト対象モデル

・ヤマハ MC-7  19,000円
・オーディオテクニカ AT-150E/G  25,000円
・グレース f-10C  26,000円
・オルトフォン MC-20Ⅱ  53,000円
・ダイナベクター DVカラットダイヤモンド  150,000円

ピックアップ【ヤマハ MC-7】

ヤマハ MC-7

型式        MC型
周波数特性     10Hz~20kHz
出力電圧      0.3mV
出力インピーダンス 30Ω
針圧        1.5g±0.3g
自重        5.7g

■テスターコメント抜粋(石田 善之氏)
ヤマハのカートリッジはMC-1が第一作目で、高級機としてシェルの付いたものと、そうでないものがあった。第二作目のMC-7は普及期といえる。しかし、MC-1のローコストモデルというわけではなく、発想からして全く異なる新しい設計による製品である。
結果として、セパレーションの良さはさすがに見事なものである。音の方はややソフトな感触だが、キメが細やかで、バランスが取れている。オーケストラを聴いてみても、低域がズシリとし安定していて分厚く、タップリと聴かせてくれるし、オーケストラならではの広がりの豊かさが存分に出る。
1万9千円でここまで整ったカートリッジが出現してきたということは、やはり画期的なことと言えそうである。もちろん、CPの高さは抜群だ。

プレイヤー

回転系がダイレクトドライブとクオーツ制御の導入により一定水準のクオリティを確保した次のテーマとして、トーンアームの改善に各社の目が注がれました。これまでスタティックな機械式だったアームに、電子制御を取り入れた製品が登場してきました。

フルテスト対象モデル

・ビクター QL-Y5  69,800円
・ソニー PS-X75  89,800円
・テクニクス SL-10  100,000円
・ヤマハ PX-2  180,000円
・ケンウッド L-07D  380,000円

ピックアップ【テクニクス SL-10】

テクニクス SL-10

駆動方式  ダイレクトドライブ
モーター  ブラシレスDCモーター
アーム型式 ダイナミックバランス方式リニアトラッキング・トーンアーム
外形寸法  W315 x H88 x D315mm
重量    6.5kg

■テスターコメント抜粋(石田 善之氏)
世界最小のクオーツ、というのが最大のポイントだが、なるほどよくぞここまで小さくしたものである。レコード・プレイヤーの形をとことん考え直し追求した結果、こうまでも変わってしまったわけで、見て触る方がびっくりしてしまう。
フルオートの決定盤といってもよいが、テクノロジーとしての高度なことは驚くばかりである。アームは先端にある非接触の光学式センサーによるリニアトラッキングで支点構造はジンバル・サスペンション。しかもダイナミック・バランス方式で、音溝への追従性はほぼ理想的になってる。これは、一体構造のアームだからこそ可能になったものといってよいだろう。
ハウリングにも強いし、相当高度なマニアを相手にしてもヒケを取らないところまでは、十分に追及されているようである。

レシーバー

関連するキーワード


オーディオ 中古オーディオ

関連する投稿


RS-457 | ナショナル - タテ格子がユニーク過ぎるステレオラジカセ

RS-457 | ナショナル - タテ格子がユニーク過ぎるステレオラジカセ

ナショナルとして初めてのステレオラジカセ。初期のステレオラジカセらしくレトロ感あふれるデザインです。


U-BROS-JUNIOR-2 コントロールアンプ | UESUGI - 音質劣化のないラインアンプ

U-BROS-JUNIOR-2 コントロールアンプ | UESUGI - 音質劣化のないラインアンプ

U-BORS-18の増幅機能を省いたモデル。音量変化に伴う音質劣化の無いフェーダーボックス・ラインアンプです。


『こんなものを買った』SONY TA-F222ESA

『こんなものを買った』SONY TA-F222ESA

最初はMCトランスかMC対応のフォノイコを買おうと思ったのです。でもつれづれなるままにヤフオク!を物色していたら、MC対応のアンプのほうが安いことがままあることに気づいてしまったのです。


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はモノラルラジカセの完成形との呼び声高い名機「SONY スタジオシリーズ CF-1980Ⅱ」をお届けします。


C24 コントロールアンプ | マッキントッシュ - マッキン初のソリッドステート式コントロールアンプ

C24 コントロールアンプ | マッキントッシュ - マッキン初のソリッドステート式コントロールアンプ

マッキントッシュ初のソリッドステート式コントロールアンプです。伝統のデザインはそのままに当時の最新テクノロジーに挑戦した意欲的なモデル。


最新の投稿


「ヘヤードライヤー セビリアL」…いろんな使い方を提案

「ヘヤードライヤー セビリアL」…いろんな使い方を提案

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ヘヤードライヤー セビリアL」。ちょっと変わった形をしていますね。


【クイズ・旧車千本ノック】219本目

【クイズ・旧車千本ノック】219本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


AC/DC - Back In Black - 1980年

AC/DC - Back In Black - 1980年

追悼マルコム・ヤング。ギターのリフとシャウトが炸裂するバンドの代表作。 AC/DCは1973年にマルコム(g)アンガス(g)のヤング兄弟を中心にオーストラリアで結成されたハード・ロック・バンド。スクールボーイスタイルの半ズボンの衣装をまとったアンガスのパフォーマンスや、ギターのリフを中心にしたシンプルで骨太なロックンロール・サウンドで全世界的な人気を集めました。2014年に認知症により脱退したマルコムは2017年11月18日に逝去。R.I.P.



スカイライン2000GT-R | 日産 - 旧車界でトップクラスの人気を誇る名車中の名車【旧車】

スカイライン2000GT-R | 日産 - 旧車界でトップクラスの人気を誇る名車中の名車【旧車】

日産・スカイラインの3代目、ハコスカです。最強バージョンのGT-Rはプリンス系列の技術陣によって開発された直列6気筒4バルブDOHC2,000ccS20型エンジンを搭載しています。