中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年冬】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年冬】

オーディオ誌や製品カタログなど、当時の資料でオーディオブームを振り返るのもなかなか味わい深いものです。メーカー各社がアピールしていた最新テクノロジー、デザインの特徴そしてスペックや価格などを改めて目にすると、中古オーディオへの興味がさらに湧くことでしょう。ことに、自分が手に入れた中古オーディオコンポを再発見することは、愛機への想いをより深いものにすること請け合いです。今回は『別冊FMfan』1979年冬号(24号)(共同通信社)の誌面から当時のオーディオを振り返ってみましょう。


80年代を目前にアナログオーディオ真っ盛り

アナログの世界だったオーディオに革新をもたらしたコンパクトディスク(CD)が世に出たのは1982年のことですから、1979年冬号の誌面はまだアナログオーディオ一色です。1980年代を目前に控え「'80年オーディオ」「'80年代の新しい音」「'80年代を予測する」など時代の変わり目に期待した表現が目立ちます。特集の「最新コンポーネントパーツフルテスト」も偶然なのか80機種をピックアップしています。しかし80機種とは今日の感覚からすると凄い数ですね。オーディオ業界の活況ぶりがよくわかります。

簡単にオーディオブームを振り返ると、1970年代にいわゆるバラコン、単品のオーディオコンポを組み合わせてシステムを組むことがマニアを中心に広まりました。アンプ、プレーヤー、スピーカー、チューナー、オープンリールデッキそしてカセットデッキと、それぞれのカテゴリーで各社技を競い合った熱い時代でした。70年代の大きな変化のひとつは、増幅素子が真空管からトランジスタへ置き換わったことです。登場当初のトランジスタ式アンプは、「音が硬い」「ノイズがきたない」などいわゆる「石の音」と言われ、マニアの耳を満足させるものではありませんでした。しかし、トランジスタそのものや回路技術の進歩は目覚ましく、1970年代も後半になるとトランジスタは真空管にとって代わって増幅素子の主流となりました。

音の入り口から出口までアナログコンポ一色

80年代を担う新型コンポたち

Lo-Dはメタル技術を80年代の象徴に

アンプは疑似クラスA回路が流行

70年代を通して急激に完成度を高めたトランジスタアンプは、その過程でさまざまな技術革新を経てきました。DCアンプ化やサーボ技術の導入、一般的なバイポーラトランジスタよりオーディオ向きとされたFET(電界効果型トランジスタ)の登場、さまざまな電源方式の提案もありました。

1979年の大きな話題は疑似クラスAという回路方式でした。アンプの増幅方式はプッシュプル方式と呼ばれ、交流のプラス側とマイナス側を別々に増幅して合成するやり方が一般的ですが、この方式ではトランジスタの持つ非直線性から、どうしても排除しきれないない歪(「スイッチング歪」や「クロスオーバー歪」)が残ってしまいます。それを回路の工夫によって解決しようとしたのが疑似クラスAという方式でした。純粋なクラスA式アンプと比べて、消費電力や発熱が少ないこともメリットでした。この新技術を画期的なものであるとして各社こぞって採用し、ネーミングも「スーパーA」「ニュークラスA」「リニアA」「ノンカットオフA」「ノンスイッチング」とまさに百花繚乱といえる流行ぶりでした。ただその一方で、本来一定であるはずのバイアス電流を可変させるこの方式に対し懐疑的な見方もあり、距離を置くメーカーもありました。

ビクターは日本で疑似クラスA方式アンプの先陣を切りました

テクニクスはニュークラスAが80年代アンプの条件になると宣言

疑似クラスAは採用せず動的特性と電源重視を訴求するサンスイ

FMチューナーはまだアナログ主流

デジタルシンセサイザー方式のチューナーもぽつぽつ出始めていましたが、まだ性能的にはエアバリコンを使ったアナログ式を超えるものではありませんでした。メーカー各社は来るべきFM多局化時代に備えて受信性能の向上に余念がありません。5~7万円が主流だったFMチューナー市場に、定価15万円という高額な新製品も登場しました。

オンキョー得意のスーパーサーボをチューナーにも導入

コンポーネントパーツフルテストより

本誌の目玉特集であるオーディオ評論家による新製品フルテスト。ジャンルごとのトレンドと気になる製品をピックアップしてダイジェストをお届けします。

カートリッジ

出力が小さいことから扱いにくく、マニア向けとされたMC型カートリッジが普及価格帯にも登場してきました。普及型クラスのアンプにもMC入力を備えた製品が出てきたことも背景です。今回フルテストで取り上げられたのは5モデル。うち4モデルがMC型でした。

フルテスト対象モデル

関連するキーワード


オーディオ 中古オーディオ

関連する投稿


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1982年冬】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1982年冬】

期待のコンパクトディスクがついに発売となった1982年。各社から一斉に第一号機が発表されましたが、まだ新フォーマットゆえに製品の完成度は未熟で、プロトタイプの域を出ないものや他メーカーからのOEM供給のモデルも散見されました。ゆえにこの時期のCDプレーヤーのテストレポートは「ほんの顔合わせ」の域を出ていません。そこで今回は『別冊FMfan』1982年冬号(共同通信社)からCDプレーヤー以外の製品を見てみましょう。


HA-1000MCヘッドアンプ | DENON - セパレート電源を採用した高級MCヘッドアンプ

HA-1000MCヘッドアンプ | DENON - セパレート電源を採用した高級MCヘッドアンプ

DENONのMCカートリッジ用の高級ヘッドアンプです。電源部をセパレートすることで、微弱なMCカートリッジからの出力信号を電源部で発生する振動や電磁波から守っています。


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年冬】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年冬】

なんとなくの期待を持って迎えられた1980年もすでに1年が経過しようとしています。秋のオーディオフェアも終わり、年末・年始の商戦に力が入ってくる時期です。『別冊FMfan』1980年冬号(28号)の特集は「決定版!'81年コンポパーツ78機種フルテスト」。どことなくデジタルオーディオ前夜の静けさ的な空気を感じますが、そんななかにも新機軸を打ち出した製品が多数商品化されています。目に留まったメーカー広告とあわせて振り返ってみましょう。


GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

ソニーの人気機種、スタジオ1980の対抗馬としてシャープが投入した力作。16cmのホワイトコーンウーハー採用の2ウェイスピーカー。曲の頭出しが簡単にできる「APSS」機能も搭載していました。


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年秋】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年秋】

オーディオシステムの中核に位置するアンプリファイヤー、通称アンプ。入力信号を増幅してスピーカーに送り込む増幅器ですね。理想論から言えば、入力信号に一切色付けすることなく忠実に増幅すること、つまり「ゲインを持ったケーブル」であることが求められるわけですが、実際の製品はそれぞれに音の個性を持っています。その違いを愉しむのがこれまたオーディオの醍醐味なわけですから、そもそも趣味に理想論を持ち込むのは野暮なこと、と言えるのかもしれません。今回は『別冊FMfan』1979年秋号(23号)(共同通信社)の「最新国産アンプ26機種フルテスト」を振り返ってみましょう。


最新の投稿



フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

ダットサン・フェアレディの2代目、SR311型です。2代目フェアレディはエンジンの排気量が1,500ccでデビュー、その後1,600ccから2000へと拡大しました。フェアレディ2000はツインキャブSOHCのU20型エンジンにポルシェタイプシンクロの5速MTを装備したスパルタンなモデル。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

アンとナンシーのウィルソン姉妹をフィーチャーしたアメリカのロック・バンド。


スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

日産・スカイラインの5代目、C210型です。CMキャッチから「スカイライン・ジャパン」の愛称がつきました。排ガス規制への対応からDOHCエンジン搭載車はラインアップされておらず、ライバルのトヨタ・セリカからは挑発的なCMコピーを浴びせられました。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】137本目

【クイズ・旧車千本ノック】137本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!