DTC-77ES DATデッキ | ソニー - 4ヘッド・4モーター搭載の高性能DATデッキ

DTC-77ES DATデッキ | ソニー - 4ヘッド・4モーター搭載の高性能DATデッキ

当時のソニーのフラッグシップモデル、DTC-1500ESの流れをくむ高級DATデッキです。


4ヘッド・4モーター搭載の高性能DATデッキ

sony DTC-77ES DATデッキ

当時のソニーのフラッグシップモデル、DTC-1500ESの流れをくむ高級DATデッキ。録音/再生用の1組2個のヘッドとは別に、モニター専用の1組2個の4ヘッド構成としたことで、録音同時モニターを可能にしています。

モデル名      :DTC-77ES
ジャンル      :DATデッキ
メーカー/ブランド :ソニー
発売年       :1991年
当時の定価     :160,000円
取材協力      :ハードオフコーポレーション様

1bit方式のA/DおよびD/Aコンバーターを採用

sony DTC-77ES DATデッキ

1bit方式のA/DおよびD/Aコンバーターを採用することで原理的にグリッチやゼロクロス歪を排除し、なめらかで自然な音質を獲得しています。銅メッキ処理した高剛性シャーシにより、磁気歪の影響を抑えています。

sony DTC-77ES DATデッキ

駆動部には4つのダイレクト・ドライブモーターを採用した贅沢な構成となっています。ヘッドドラム、キャプスタン、送り出しおよび巻き取り側リールをそれぞれ専用のモーターが直接ドライブすることにより、高い回転精度と優れた耐久性を獲得しています。

sony DTC-77ES DATデッキ リアパネル

チャンネル数     2チャンネルステレオ
サンプリング周波数/量子化ビット数
          48kHz/16ビット直線
          44.1kHz/16ビット直線
          32kHz/16ビット直線
          32kHz/12ビット非直線
周波数特性     2Hz~22kHz ±0.5dB
ダイナミックレンジ 93dB以上(録音時、エンファシスoff)
SN比        93dB以上(録音時、エンファシスoff)
全高調波歪率    0.0045%以下(1kHz)
ワウ・フラッター  測定限界(±0.001% W.Peak)以下
インターフェース  アナログLine in/out(ピンジャック)
          デジタル in/out(EIAJ準拠同軸及び光)
消費電力      33W
外形寸法      W470 x H135 x D350mm
重量        11kg

買取・販売の【リサイクルショップ】ハードオフグループ|買取強化中!

https://www.hardoff.co.jp/

オーディオ・楽器・本・ゲーム・パソコン・カメラ・家具・フィギュアなど、取扱商品多数!日本全国【ハードオフグループ】親切丁寧に買取致します。宅配買取なら売りたいものを箱に詰めてお送り頂くだけ!安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!

関連する投稿


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1982年冬】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1982年冬】

期待のコンパクトディスクがついに発売となった1982年。各社から一斉に第一号機が発表されましたが、まだ新フォーマットゆえに製品の完成度は未熟で、プロトタイプの域を出ないものや他メーカーからのOEM供給のモデルも散見されました。ゆえにこの時期のCDプレーヤーのテストレポートは「ほんの顔合わせ」の域を出ていません。そこで今回は『別冊FMfan』1982年冬号(共同通信社)からCDプレーヤー以外の製品を見てみましょう。


HA-1000MCヘッドアンプ | DENON - セパレート電源を採用した高級MCヘッドアンプ

HA-1000MCヘッドアンプ | DENON - セパレート電源を採用した高級MCヘッドアンプ

DENONのMCカートリッジ用の高級ヘッドアンプです。電源部をセパレートすることで、微弱なMCカートリッジからの出力信号を電源部で発生する振動や電磁波から守っています。


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年冬】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1980年冬】

なんとなくの期待を持って迎えられた1980年もすでに1年が経過しようとしています。秋のオーディオフェアも終わり、年末・年始の商戦に力が入ってくる時期です。『別冊FMfan』1980年冬号(28号)の特集は「決定版!'81年コンポパーツ78機種フルテスト」。どことなくデジタルオーディオ前夜の静けさ的な空気を感じますが、そんななかにも新機軸を打ち出した製品が多数商品化されています。目に留まったメーカー広告とあわせて振り返ってみましょう。


GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

GF-146M | シャープ - ソニーのCF-1980に対抗したモノラルラジカセ

ソニーの人気機種、スタジオ1980の対抗馬としてシャープが投入した力作。16cmのホワイトコーンウーハー採用の2ウェイスピーカー。曲の頭出しが簡単にできる「APSS」機能も搭載していました。


中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年秋】

中古オーディオの愉しみ オーディオ誌で振り返る【1979年秋】

オーディオシステムの中核に位置するアンプリファイヤー、通称アンプ。入力信号を増幅してスピーカーに送り込む増幅器ですね。理想論から言えば、入力信号に一切色付けすることなく忠実に増幅すること、つまり「ゲインを持ったケーブル」であることが求められるわけですが、実際の製品はそれぞれに音の個性を持っています。その違いを愉しむのがこれまたオーディオの醍醐味なわけですから、そもそも趣味に理想論を持ち込むのは野暮なこと、と言えるのかもしれません。今回は『別冊FMfan』1979年秋号(23号)(共同通信社)の「最新国産アンプ26機種フルテスト」を振り返ってみましょう。


最新の投稿



フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

ダットサン・フェアレディの2代目、SR311型です。2代目フェアレディはエンジンの排気量が1,500ccでデビュー、その後1,600ccから2000へと拡大しました。フェアレディ2000はツインキャブSOHCのU20型エンジンにポルシェタイプシンクロの5速MTを装備したスパルタンなモデル。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

アンとナンシーのウィルソン姉妹をフィーチャーしたアメリカのロック・バンド。


スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

日産・スカイラインの5代目、C210型です。CMキャッチから「スカイライン・ジャパン」の愛称がつきました。排ガス規制への対応からDOHCエンジン搭載車はラインアップされておらず、ライバルのトヨタ・セリカからは挑発的なCMコピーを浴びせられました。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】137本目

【クイズ・旧車千本ノック】137本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!