まちだ交遊録│LIGHT&PLACE 湿板写真館 館長・和田高広さん 1

まちだ交遊録│LIGHT&PLACE 湿板写真館 館長・和田高広さん 1

町田さんのディープでドープな交友関係を探るまちだ交遊録のコーナー!湿板写真というもはや歴史的な写真技法にこだわる和田高広さん。そんな和田さんが湿板写真をはじめた理由や、町田さんとの関係に迫る!


レトロ感最上級!魅惑の湿板写真ってなんだ?

最近ではスマートフォンが幅を利かせて、なかなか写真スタジオで写真を撮ることなんかないけど、昔はなにかの節目に家族写真を撮りに出かけたりしたことがある人も多いのではないだろうか?
そんな昔懐かしい写真館で、さらに懐かしい、というかもはや歴史的な写真が撮れるスポットが東京は夕焼けだんだんで有名な谷中銀座商店街のほど近くにあるのだ!

その名も「LIGHT&PLACE(ライトアンドプレイス)湿板写真館」。ここでは、なんとも古典的な方法で写真を撮影してくれるのである。
その方法というのが「湿板写真」。湿板写真とはフィルムではなく、無色透明なガラス板に写真用の溶液を塗布し、ガラスに像を写し取る形の撮影方法。明治ごろに盛んだった技術のようで、諸説あるが、かの有名な坂本龍馬の写真もこの技法で撮られたのではないかと言われている…ということは、写真が現存している偉人のヤツとかもそうかも…もはや懐かしいねホッとするねとか言ってる場合じゃないくらい歴史的な撮影方法なのである。

そして、そんな歴史的な撮影方法を谷中銀座商店街に顕現させたのが、和田高広さん。スノードームコレクターの伊達さん、そして我らが町田さんの友だちである。…だからどんだけ顔が広いんですか、町田さん…(;´∀`)もはや懐かしいモノ・コト・ヒトは町田さんとぶつからなければいけないという法則がこの世にはあるんじゃないかと疑いたくもなる…。

これが湿板写真の力!現代人も湿板で撮ると歴史上の偉人に変身!?

さて、そんな町田さんの人脈に乗っかって、今回もゴル横一行はこれ幸いと取材にやってきたわけだが、まず町田さんと和田さんが仲良しすぎてビックリ!これは古くからのお知り合いに違いないと思って聞いてみると、知り合ってわずか1ヶ月というからさらに驚いた!なんだそのコミュ力w

そんな町田さんと仲良しの和田さんが運営している「LIGHT&PLACE」は、谷中銀座商店街に続く、夕やけだんだんの少し手前の路地の奥に、ひっそりと佇んでいる。中に入ると、こんな感じで写真がずらり!

うーん、ずいぶん古めかしい写真だな…と思って眺めていると、和田さんがひと言。「それ、みんな僕が撮った写真ですよ」とのこと………(゚д゚)!
えっ!?この昔の兵隊さんみたいなヒトも、この昔の華族のご令嬢のようなヒトも、このイケてるボーイスカウトみたいなヒトもみんな?…あ、このボーイスカウト、町田さんじゃねーか!w

ということで、信じられないかもしれないけど、これ、みんな現代の人々をここ最近撮ったやつってことみたいですw
もちろん、服装にこだわって撮ってるせいもあるんだけど、現代人をいとも簡単にここまで歴史上の偉人っぽくしてしまう湿板写真…いったいどんなふうに撮影されているのだろうか?
その疑問は和田さんが丁寧に教えてくれたので、以下でご説明しよう。

湿板写真ってどう撮るの?和田さんに聞いてみた

そんな仲良し感に乗っかって、いろいろ話を聞くことになるのだが、まず湿板写真がどういうものかわからない…ということをお伝えしたら、和田さんが丁寧に工程をご紹介してくれることになった。

湿板写真の工程だが、まずは被写体を移すガラスの準備からはじまる。ガラス板に特殊な溶液を塗布するのだが、こいつを刷毛もなにも使わずにガラス板を傾けて、まんべんなく塗るのだ。ガラスに手垢を付けてもいけないので、100均で買った吸盤を貼り付けている。
和田さん曰く「これが一番やりやすかった」らしいw

ちなみにこの溶液は時間の経過により色が変わっていき、それに伴ってコントラストや感度も変わるのだという。なので、和田さんはちょうどいいタイミングのものを選べるように時間差で溶液を作り続けているそうな…はぁ、大変だ…(゚A゚;)ゴクリ

溶液を塗布したあとは暗室に入り、硝酸銀に浸ける。浸け終わると透明なガラスが白濁した曇りガラスのようになる。これで現代でいうフィルムの用意が整ったいうことだ。

このガラスが乾ききらないうちに、カメラにセットして、被写体を座らせ、固定して6秒で撮影完了となる。6秒って短いように思うけど、実際動いちゃダメって言われて6秒間我慢するって、なかなかの緊張感だと思う………昔は20秒も掛かったというのだから、想像を絶する大変さだ(;´∀`)昔の人はやっぱり我慢強かったのかしらね?w
ちなみにこれが固定されている町田さんの図であるw

関連する投稿



中野の都こんぶ | 中野物産 - 故郷を想う赤い箱

中野の都こんぶ | 中野物産 - 故郷を想う赤い箱

質実剛健──都こんぶには四字熟語がよく似合う。煌びやかな駄菓子売り場にあって、真っ赤な箱に白抜きの文字。これ以上ないほどにシンプルを貫く駄菓子が90年間愛され続ける理由を探った。


まちだ交遊録│ジオラマ作家・山本高樹さん3-山本高樹の作品たち

まちだ交遊録│ジオラマ作家・山本高樹さん3-山本高樹の作品たち

今回は町田さんのディープでドープな交友関係を探るまちだ交遊録のコーナー!数度に渡って紹介しているジオラマ作家の山本高樹さん。町田さん絡み以外にも当然ながらさまざまな作品を作っている。今回はそんな魅力的な山本高樹作品をご紹介しようと思う。



ポテトフライ | 東豊製菓 - これぞ駄菓子!高再現度で必食の味

ポテトフライ | 東豊製菓 - これぞ駄菓子!高再現度で必食の味

価値観は時代と共に移ろいゆく。美味しければ売れたお菓子界でも、糖質カット(ロカボ)やギルトフリー等、健康志向が目立ってきている。油や糖質はもう古いのか──否、変わらない良さも必ずある。ポテトフライに見る、男の世界。


最新の投稿


アーハ/a-ha - Take On Me - 1984年

アーハ/a-ha - Take On Me - 1984年

アーハはノルウェー出身の3人組バンド。デビュー作「Take On Me」が全米1位・全英2位になるなど、多くのヒット作があります。2010年に解散しましたが15年に復活。


【クイズ・旧車千本ノック】174本目

【クイズ・旧車千本ノック】174本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

刑事ものと特撮ヒーローものを合体させたユニークな作品『ロボット刑事』。主人公の名前は単に「K」なのですが、子供たちのあいだでは「ロボット刑事K」が通称になっていました。


日産・シルビア(初代・CSP311型)の画像アーカイブ【旧車】

日産・シルビア(初代・CSP311型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「日産・シルビア(初代・CSP311型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


コンテッサ1300S/日野 – ミケロッティの傑作デザイン【旧車】

コンテッサ1300S/日野 – ミケロッティの傑作デザイン【旧車】

日野・コンテッサ1300Sです。ジョバンニ・ミケロッティのデザインした優雅なスタイル。リアエンジンであることを活かした長いリアオーバーハングとグリルレスのフロントが印象的です。