365GT/4BB | フェラーリ - スーパーカーブーマーにとってフェラーリといえば【旧車】

365GT/4BB | フェラーリ - スーパーカーブーマーにとってフェラーリといえば【旧車】

フェラーリ・365GT/4BBです。BBはベルリネッタ(2ドアクーペ)ボクサー(水平対向エンジン)を表します。実際には水平対向ではなく180度V型エンジンを搭載しています。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑 2018」で撮影しました。


カウンタックのライバルとしてブームの中心的存在

フェラーリ・365GT/4BB

・モデル名 :365GT/4BB
・メーカー名:フェラーリ(伊)
・年式   :1975
・撮影場所 :トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018

フィオラバンディがデザインした、美しいベルリネッタ

フェラーリ・365GT/4BB

スーパーカーブーム世代には、後継モデルの512BBとあわせ絶大な人気を誇ったフェラーリがこの365GT/4BBだ。
ライバルのランボルギーニ・カウンタックと公道最高速を競い合い、カウンタックの300km/hに対し302km/hを公称した。もっとも、実際にはそこまでの性能ではなかったようだが、そこは「夢のスーパーカー」なので突き詰めるのは野暮というものだ。

365GT/4BBはフロントエンジン・フェラーリの「デイトナ」(365GTB/4)の次のモデルとして開発された。デザイナーは後のテスタロッサや348、F355といった歴代の名車を手がけたレオナルド・フィオラバンディ、チーフエンジニアはアンジェロ・ベレイだ。
1973年から1976年にかけて製造され、76年には排ガス対策などを施しつつプラス600ccのスープアップをした512BBへとバトンタッチする。512BBはコストダウンのため365GT/4BBに多用されていたマグネシウムやFRPのパーツをスチールやアルミに換装されてしまったため、365GT/4BBのほうが軽快な走りを楽しめるという。

リアミッドシップ車を量産するノウハウを蓄積

フェラーリ・365GT/4BB リア

365GT/4BBはリアミッドシップ車を量産するノウハウを蓄積することも目的に開発された。デイトナのV12エンジンのバンク角を180度まで広げ、トランスミッションの上に積む方式はイシゴニス式レイアウトと呼ばれるものだ。
そう、あの初代ミニで採用された、アレック・イシゴニスの生み出した「二階建てレイアウト」である。あちらは横置きエンジンをミッションの上に積み、そのまま前輪を駆動する方式だが、これをそのままリアミッドに持ってきたのがランボルギーニ・ミウラだ。
365GT/4BBは縦置きのリアミッドでリア駆動のため厳密には同じではないが、このレイアウトはその後テスタロッサの最終型であるF512Mまで採用されていた。

この方式は必然的に重心が高くなってしまい、かつ後軸上に重量物が載っているためリアオーバーハングの重量が大きくハンドリングはそれほど良いわけではない。
これは、同じくV12エンジンを前後軸の間に近いほうに置き、トランミッションをエンジンの前に配置して車室に飛び出しているカウンタックと大きくことなる点だ。
カウンタックは居住性がかなり良くないが、フェラーリは比較的快適だともいうのはここにも理由がある。

フェラーリ・365GT/4BB リア

前からみたときに365GT/4BBと後継の512BBはとても似通っているが、後ろに回るとひと目で違いが分かる。
テールランプが3連なのが365GT/4BBで、2連なのが512BBだ。フロントのウインカーカバーの色も365GTは白だが、512BBはオレンジとなる。ただし、これは仕向け地や仕様によってオレンジが白になることもあるようだ。
どちらにも共通する「BB」のネーミングだが、ベルリネッタ=クーペ、ボクサー=水平対向エンジンのことなのはよく知られている。ただ、先にも述べたように、厳密には180度V型エンジンなので、ポルシェやスバルなどの水平対向エンジンとは異なるものだ。

関連する投稿


フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

ダットサン・フェアレディの2代目、SR311型です。2代目フェアレディはエンジンの排気量が1,500ccでデビュー、その後1,600ccから2000へと拡大しました。フェアレディ2000はツインキャブSOHCのU20型エンジンにポルシェタイプシンクロの5速MTを装備したスパルタンなモデル。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

日産・スカイラインの5代目、C210型です。CMキャッチから「スカイライン・ジャパン」の愛称がつきました。排ガス規制への対応からDOHCエンジン搭載車はラインアップされておらず、ライバルのトヨタ・セリカからは挑発的なCMコピーを浴びせられました。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】137本目

【クイズ・旧車千本ノック】137本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

日野・コンテッサの2代目です。このモデルはセダンの1300Sです。クーペモデルもありました。単なる美しさだけでなく、気品まで感じさせるのは「伯爵夫人」という名前のなせる業でしょうか。「クラシックカーフェスティバルin小金井 2016」で撮影しました。


スカイライン | 日産 - 初期型のたおやかさもまたハコスカの魅力のひとつ【旧車】

スカイライン | 日産 - 初期型のたおやかさもまたハコスカの魅力のひとつ【旧車】

日産・スカイラインの3代目、C10型いわゆる「ハコスカ」です。スポーティーなイメージが定着していますが、実用的な高性能セダンとしての要件も満たしたオールマイティーなモデルともいえます。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


最新の投稿



フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

ダットサン・フェアレディの2代目、SR311型です。2代目フェアレディはエンジンの排気量が1,500ccでデビュー、その後1,600ccから2000へと拡大しました。フェアレディ2000はツインキャブSOHCのU20型エンジンにポルシェタイプシンクロの5速MTを装備したスパルタンなモデル。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

アンとナンシーのウィルソン姉妹をフィーチャーしたアメリカのロック・バンド。


スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

日産・スカイラインの5代目、C210型です。CMキャッチから「スカイライン・ジャパン」の愛称がつきました。排ガス規制への対応からDOHCエンジン搭載車はラインアップされておらず、ライバルのトヨタ・セリカからは挑発的なCMコピーを浴びせられました。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】137本目

【クイズ・旧車千本ノック】137本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!