【村上百歩の楽しいおじさんライフ】CD集めて何が悪い!

【村上百歩の楽しいおじさんライフ】CD集めて何が悪い!

エッセイストにして経営者でもある村上百歩氏が同世代のおじさん仲間におくるエンターテインメント・コラム。第2回目はネットオーディオ時代に突如目覚めてしまったCD愛!


カセットテープの青春

2001年10月に、スティーブ・ジョブスが
「ipod – 1000曲をポケットに」と発表して以来、音楽は急速に
ダウンロードするものに変わっていった。

思えばLPからCDに変わっていったときも、
「いや、CDの音は軽いんだよな」
などと抵抗していたものだが、その根拠薄き抵抗も、巨匠カラヤンのCD支持の前にむなしく消えゆき、我が家のLP(山下達郎の初期、マービン・ゲイなど)は、いつしか実家の物置の奥に眠るようになっていったのである。

いや、それよりも悲しかったのは、学生時代、一生懸命レンタルレコードを借りては、ダビングしていたカセットテープ約200巻が、いつか聞けなく運命になるだろうと予感したときのことである。

当時の手元資金では、青のAHFカセットは贅沢だったし、かといって赤のCHFは寂しかったので、緑のBHFで揃え、借りてきた陽水のレコードを流しながら、ジャケットの裏の曲名を、一生懸命に小さい字で書きこんだインデックス。
さらにさかのぼると、まだダビングなどという言葉もラジカセも無かった頃、ラジオの前にレープレコーダーを置いて息を殺して空間録音したあのカセットこそ青春そのものだったのだ。

悲しいうわさ

カセットのテープが、年を重ねるごとにびよ~んと伸びていき、ジョンレノンの声が年々、低く遅くなり、不思議な抑揚がつくようになっても、青春の思い出詰まったカセットは、嫁からは引っ越しをするたびに、
「いつ、捨てるの?」
と責められ、娘からは、
「これ、なあに?」
などと、無邪気に問われては傷つき、ますます捨てられなかったのである。

 LPプレーヤーが急速に消えて後、社会人になってしばらくは、CDカセットコンボで両刀使いをしていても、自然とカセット部分を使う頻度は減っていき、いつしかオーディオ売り場でカセット製品が絶滅機種として扱われるようになっていった。

 就職して給料をもらうようになれば、レンタルCDを借りることもなかったではないが、ポール・マッカートニーの新しいアルバムが出れば、次第にCDを買うようになり、その数も増えていった。が、カセットで持っていたウィングス時代のアルバムのCDを買いなおすことはしなかった。なぜか、というと、当時MDなどというものも発売され、LP、カセット、ベータビデオで痛い目にあっていたこともあってCD時代もいつまで続くか疑問だったからだ。

 そして、娘たちが、中学校に行きだすと、給料も多少はあがったものの、それを上回る迫力で、学費の負担が増し、結果、CDを買うゆとりがなくなって、CDをレンタルしてMDにダビングすることになる。あ、そうそう、カーステレオにMDプレーヤーしかつけなかったことも、中途半端なMDライブラリーを増やす原因になったのだった。(不朽の名盤MAMBO de CHRISTMASもMDで聞いていた)

そうして、実家にある古いLP、自宅に大量の伸びた思い出のカセット(チューリップ、竹内まりや、ゴダイゴ。BOSTON、BEE GEES, BILLY JOEL)
比較的最近の曲の入ったMD(矢野顕子、佐野元春、Michael Jackson)、そしていくつかのCD(各種ベスト、ジャズ、Eric Crapton)という技術革新の波に翻弄された僕の音楽ライブラリーをあざ笑うかのように、ジョブスは、
「1000曲をポケットに」
といってのけたのだった。

CD集めて何が悪い!

多くのゴル横仲間には共感してもらえると思うけど、ダウンロードしても、ジャケットもライナーノーツもない。このアルバムを手に入れた、という満足感もない。アーチストが一生懸命曲順を考えたアルバムを聴くぞ、という礼儀も人情もない。
(ついでにいうと、スマホの中で、聞きたい曲をすぐ探すリテラシーもない)

 と、いうわけで、
娘が社会人となって長くて重たかった学費という足かせがとれた今年、
音楽はスマホから聞くことが常識になり、近くのTSUTAYAさんも閉店してしまったまさに今年のゴールデンウィークに、吾輩は、ついにすべてのカセットテープとMDをごみ箱に投げ入れ、学生時代のときのようにBOOKOFFに行って中古CDを漁って買い直し、レンタル以来、手に取れなかったジャケットとともに、青春時代のアルバムを鑑賞・満喫しはじめたのだ。
CDが絶滅する前に。

CD集めて何が悪い!

ゴールデン横丁の仲間たち | 村上 百歩(むらかみ ひゃっぽ)

https://goldenyokocho.jp/articles/2334

自分や身の回りのことを中途半端な長さのエッセイにするのが趣味の変人経営者、村上百歩(むらかみ・ひゃっぽ)氏。変人とは半分謙遜、半分事実なのは長年の友人であるゴル横会長の良く知るところなり。

関連する投稿


ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

アイデアを思いついてからリリースまで5年かかった作品。 1962年のデビューから半世紀以上の歴史を築き上げ、現在も現役のロック・バンド。ブルース/R&Bをベースにパンクやレゲエ、ディスコなど時代の音楽トレンドを上手く取り入れつつ、数多くのヒット作を出してきた、言わずと知れたレジェンドです。81年当時のメンバーはミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、ロン・ウッド(G)、チャーリー・ワッツ(Ds)、ビル・ワイマン(B)。


ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

世界各国でチャートインしたヒット作。 ベリンダ・カーライルは女性バンドとして初の全米1位に輝いたガールズ・ロックバンド、The Go-Go'sのリード・ヴォーカル。1985年のバンド解散後はソロ・デビューし、ポップな音楽性で多くのヒット作を放ちました。


エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

アメリカ進出を狙った意欲作。 XTCはアンディ・パートリッジ(Vo,G)を中心とするロック・バンド。1977年デビュー。ビートルズなどの影響を受けた、ポップなのにどことなくひねくれた、イギリスらしいロック・サウンドで人気を集め、ブラーに代表される90年代のブリットポップにも大きな影響を与えました。また、日本ではカルト的な人気を誇り、多くのミュージシャンが彼らの影響を公言しています。


ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

イギリスを代表する女性アーティストの神秘的なヒット作。 ケイト・ブッシュはイギリス出身のシンガー・ソングライター。ピンク・フロイドのギタリスト、デヴィッド・ギルモアに才能を見出されて1977年に弱冠19歳でデビューし、独自の感性によるアーティスティックな楽曲とハイトーンな歌声で、デビュー曲「嵐が丘」が全英1位になるなど早くから注目を集めた天才肌です。現在も寡作ながら活動を続けています。


ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブルースの名曲をフェリー流にカバー。 ブライアン・フェリーはイギリスのロック・バンド、ロキシー・ミュージックのヴォーカリスト。バンドのほとんどの曲を手がけたソングライターとしても知られます。黒人音楽に大きな影響を受けて確立した、音と音の隙間を縫うような独特な歌と、ヨーロッパ的美意識がにじみ出る作風の曲で人気を集めました。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!