DA-P7 コントロールアンプ | ダイヤトーン - 憧れのセパレートアンプを手ごろな価格で

DA-P7 コントロールアンプ | ダイヤトーン - 憧れのセパレートアンプを手ごろな価格で

DIATONEより入門クラスのセパレートアンプとして発売されたFeatureシリーズのベーシックモデルです。


憧れのセパレートアンプを手ごろな価格で

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン

モデル名     :DA-P7
ジャンル     :コントロールアンプ
メーカー/ブランド:ダイヤトーン
発売年      :1976年
当時の定価    :40,000円

取材協力:ハードオフコーポレーション様

スピーカーの名門、ダイヤトーンは1970年代にはアンプにも多彩なラインアップを展開していました。本機は入門クラスのセパレートアンプとして企画されたFeatureシリーズのベーシックモデルです。ペアとなるパワーアンプとドッキングすることができる点がユニークです。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン ボリューム

オーディオファンなら一度は使ってみたいセパレートアンプを手ごろな価格で実現したFeatureシリーズ。本機とペアになるパワーアンプ、DA-A7とセットでの価格がちょうど10万円と、中級プリメインアンプと同等の価格レンジに位置しました。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン コントロール

中央に左右チャンネルの連動誤差の少ない本格的なアッテネーターを配置し、シンメトリーなデザインと質感の高いスイッチやノブは、エントリークラスであることを感じさせません。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン サイドビュー

ペアとなるパワーアンプをリアパネルにドッキングすることを想定して、入出力端子はボディサイドに配置されています。奥行も204mmと短くなっています。リアについたハンドル状のパーツを使ってパワーアンプを固定します。
ドッキングした状態では、本機のスピーカー切り替えスイッチからパワーアンプ側の出力をリモート切り替えすることができました。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン リアパネル

形式        :コントロールアンプ
入力        :Phono x 2, Tuner, AUX, Tape x 2
Phono最大許容入力 :270mV
高調波歪率     :1V出力時:0.02%以下
           9V出力時:0.05%以下
周波数特性     :Phono 30Hz~15kHz ±0.2dB
          :Line系 10Hz~70kHz 0dB -0.5dB
消費電力      :8W
外形寸法      :W425 x H169 x D204mm
重量        :5.3kg

買取・販売の【リサイクルショップ】ハードオフグループ|買取強化中!

https://www.hardoff.co.jp/

オーディオ・楽器・本・ゲーム・パソコン・カメラ・家具・フィギュアなど、取扱商品多数!日本全国【ハードオフグループ】親切丁寧に買取致します。宅配買取なら売りたいものを箱に詰めてお送り頂くだけ!安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!

関連する投稿


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


SPU-AE/ORTOFON カートリッジ - MC型カートリッジの原器にしてロングセラー

SPU-AE/ORTOFON カートリッジ - MC型カートリッジの原器にしてロングセラー

デンマークのオルトフォン社が1950年代に開発したステレオ用MC型カートリッジ。SPUは「Stereo Pick Up」の略称です。改良を加えられながら現代にまで続くロングセラーシリーズです。


『こんなものを買った』SONY CDP-391

『こんなものを買った』SONY CDP-391

B級オーディオ好きにとってCDプレーヤーの鉄板といえば何といってもマランツです。でもCD-34を筆頭に、実力機の値上がりは著しくて気軽に聴けるプレーヤーではなくなりつつあります。そこで今回は、ちょっとだけマランツのエッセンスを手軽に味わってしまおう、というのがテーマです。


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1775

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回はSONY スタジオシリーズ Studio1775 CF-1775」をお届けします。


model 4000 パワーアンプ | スレッショルド  - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

model 4000 パワーアンプ | スレッショルド - 全段カスコード接続、クラスA動作のパワーアンプ

スレッショルド社は1974年、米・カリフォルニアで生まれたハイエンド・オーディオメーカーです。ダイナミック・バイアス・サーキットと呼ばれる高効率のA級動作回路を採用したパワーアンプが特徴です。のちに日本のナカミチにも技術協力し、STASIS回路搭載アンプに結実しました。


最新の投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。