DA-P7 コントロールアンプ | ダイヤトーン - 憧れのセパレートアンプを手ごろな価格で

DA-P7 コントロールアンプ | ダイヤトーン - 憧れのセパレートアンプを手ごろな価格で

DIATONEより入門クラスのセパレートアンプとして発売されたFeatureシリーズのベーシックモデルです。


憧れのセパレートアンプを手ごろな価格で

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン

モデル名     :DA-P7
ジャンル     :コントロールアンプ
メーカー/ブランド:ダイヤトーン
発売年      :1976年
当時の定価    :40,000円

取材協力:ハードオフコーポレーション様

スピーカーの名門、ダイヤトーンは1970年代にはアンプにも多彩なラインアップを展開していました。本機は入門クラスのセパレートアンプとして企画されたFeatureシリーズのベーシックモデルです。ペアとなるパワーアンプとドッキングすることができる点がユニークです。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン ボリューム

オーディオファンなら一度は使ってみたいセパレートアンプを手ごろな価格で実現したFeatureシリーズ。本機とペアになるパワーアンプ、DA-A7とセットでの価格がちょうど10万円と、中級プリメインアンプと同等の価格レンジに位置しました。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン コントロール

中央に左右チャンネルの連動誤差の少ない本格的なアッテネーターを配置し、シンメトリーなデザインと質感の高いスイッチやノブは、エントリークラスであることを感じさせません。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン サイドビュー

ペアとなるパワーアンプをリアパネルにドッキングすることを想定して、入出力端子はボディサイドに配置されています。奥行も204mmと短くなっています。リアについたハンドル状のパーツを使ってパワーアンプを固定します。
ドッキングした状態では、本機のスピーカー切り替えスイッチからパワーアンプ側の出力をリモート切り替えすることができました。

DA-P7 コントロールアンプ ダイヤトーン リアパネル

形式        :コントロールアンプ
入力        :Phono x 2, Tuner, AUX, Tape x 2
Phono最大許容入力 :270mV
高調波歪率     :1V出力時:0.02%以下
           9V出力時:0.05%以下
周波数特性     :Phono 30Hz~15kHz ±0.2dB
          :Line系 10Hz~70kHz 0dB -0.5dB
消費電力      :8W
外形寸法      :W425 x H169 x D204mm
重量        :5.3kg

買取・販売の【リサイクルショップ】ハードオフグループ|買取強化中!

https://www.hardoff.co.jp/

オーディオ・楽器・本・ゲーム・パソコン・カメラ・家具・フィギュアなど、取扱商品多数!日本全国【ハードオフグループ】親切丁寧に買取致します。宅配買取なら売りたいものを箱に詰めてお送り頂くだけ!安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズはアメリカの人気ポップ・グループ。3枚目のアルバム『Millennium』に収録。コーラスが素敵ですね。CD売上は1億3千万枚以上!


ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

合体ロボットという新ジャンルを切り開いたエポックメイキングな作品、『ゲッターロボ』に登場したロボットの一形態です。このゲッター1をゲッターロボのことだと勘違いしていた人も結構いたのでは?かくいう私もそうなんですが。


エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミスはスティーヴン・タイラー(vo)、ジョー・ペリー(g)、ブラッド・ウィットフォード(g)、トム・ハミルトン(b)、ジョーイ・クレイマー(dr)の5人からなるアメリカのロック・バンド。1973年のデビュー以来、メンバーチェンジと復帰を繰り返しつつ活動を続け、トータルセールスは全世界で1億5,000万枚以上。今でも国民的人気を誇ります。


湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

庶民文化研究所所長・町田忍さんがおうち時間で行った収蔵品の整理。庶民文化研究所には膨大な量の収蔵品があり、整理整頓しないとそれはそれは大変なのだ。今回はおうち時間で掘り起こされた収蔵品の中から銭湯のれんを紹介。銭湯の入り口に構えられたのれん。銭湯独自のデザインで入る前からワクワクさせてくれるあののれんについて、町田さんに教えてもらった。


スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

トヨタのボトムラインを支え、多くのクルマ好きを魅了したパブリカをベースに、まるで軽飛行機を思わせるような究極の空力ボディを架装したライトウェイトスポーツカー、それが「ヨタハチ」ことトヨタスポーツ800です。