【村上百歩の楽しいおじさんライフ】Welcome to ゴールデン横丁!

【村上百歩の楽しいおじさんライフ】Welcome to ゴールデン横丁!

エッセイストにして経営者でもある村上百歩氏が同世代のおじさん仲間におくるエンターテインメント・コラム。記念すべき第1回目はご祝儀もかねて「Welcome to ゴールデン横丁!」。若かりし頃の趣味を今あらためて味わう悦楽!


大前研一(らしい)人、曰く

50代半ばになると、なんとはなしに将来のことを考える。

長年の子育ても終わり(といっても、後半は学費と一人暮らしの仕送りを捻出することが主だったが・・・そして今からは、結婚資金を親が貯めることになっているらしい・・・)、
働き方改革と最近の風潮で平日帰宅する時間も早くなり、朝もつい早く目覚めるようになり、週末も
「今日は、何をしようかな」が、
必ずしも前向きわくわくだけの場合だけではなく、
「今日はどうやって過ごそうか」
などと考えることが、増えてくる。

以前、確か大前研一さんが(面倒なので調べませんが、違ってたらごめんなさい)、
「老後のために、
夫婦で楽しめる趣味と
家族以外の友人とで楽しめる趣味、
それぞれアウトドアとインドアの計四つ以上を50代のうちに見つけておいた方がいいよ、60過ぎてから新しい趣味をみつけるのは無理ではないけど、大変だよ、
僕なんかね、サックスと自転車と・・・(以下、自慢話なので略)」
と書いていたのが記憶に残っているのだが、これは貴重なアドバイスではなかろうか。

 とはいえ、さきほどの子供の結婚資金もまだたまってないし、親の万が一もあるし、老後の資金も不安だし・・・大前先生のように、スイスのスキーリゾートなんかに行っている場合ではないのである。
(大前先生、ごめんなさい! 先生がゴル横をご覧にならないことをお祈りします)

三つはなんとかなりそうだ

さて、(ここから急にビジネス書風になるが)、上記マトリックスのうち、友人とのアウトドアは、歴史旅行(だいたい神社など、しぶい史跡を回る)や低い日帰り登山につきあってくれる友達ができたので、見通しがついた。

 また、妻とのインドアも、映画とカラオケ(相手に気を遣わず、歌えなかったら途中で止めるぐらいなので、前々から歌ってみたかったけど、ちょっと人には聞かせられない、という曲にも挑戦できる)があるので、なんとかなりそうである。

 妻とのアウトドアは、犬の散歩が有力候補で、最近は、近くの川沿いに落ちているゴミを拾うことで、「何かいいことしたぞ」欲も満たしている。ゴミはありがたいことにいくらでも落ちているし、ただ歩いているより、探す→みつけることで結構な満足感、達成感が楽しめる。本当は、季節の草木、鳥のせせらぎを楽しむとおしゃれなのだが、風流とはかけ離れた前半生を送ってきたので、今まで捨ててきたゴミを拾うのが合っているのだ。
 
さて、課題は家族以外と楽しむインドアである。
ひと昔前なら、麻雀、将棋、囲碁という日本の三大レジャーの王様が、この座に君臨していたのだが、これも今までしていなかったものを今更始める気にならない。(麻雀なんて、いいかもにされるのが目に見えている)

Welcome to ゴールデン横丁!

 で、気がついたのは、せっかく時間が出来たのだから、昔夢中になった、車、音楽、オーディオ、プロレス、マンガを、もう一度追いかけてみたらどうだろうか、ということ。やってみると結構、同じような人たちがあちこちから集まってきて、そういう仲間と自分の好きなものについて語ることが、子ども時代にかえったように無邪気に楽しい時間になったのである。
 僕は、今、新しいビートルズ仲間が出来て、お互いが知っているビートルトリビアを披露したり、ビートルズ(と、ソロ時代の四人)縛りのカラオケに行って、
「おっ、そう来たか」
「ふふ、そんなことは当然知っておるぞ。それではこのネタはどうじゃ!」
などと、マニアにしかわからない盛り上がりに、久々血湧き肉躍る思いを楽しんでいるのである。
昔を振りかえっているのではなく、昔仕込んでおいた楽しみのツボを開き、今この瞬間を満喫しているのである。

Welcome to ゴールデン横丁!

日本人の幸せというと、
縁側で(今風にいうと積水ハウス風のリビングで、ソファーに座って)何もしていないけど、ちょっとした春風を(今風にいうとダイキンから吹く自動送風機能の風を)受けて、
「ああ、幸せだなあ」
というイメージがあるが、
英語では、HAPPY、「幸せ」と「楽しい」が同じ単語で、楽しくことが幸せなのである。
人生の目的は幸せになることなのだから、誰が何と言おうと、楽しいことを、同じ楽しみを知っている人と一緒に楽しむことで幸せになるのである。

ちなみにリンゴスターは、味はあるけど、それほど歌がうまいわけではないから、カラオケで歌いやすいですよ。(あまり曲数が入っていないのが課題ですが・・・)

ゴールデン横丁の仲間たち | 村上 百歩(むらかみ ひゃっぽ)

https://goldenyokocho.jp/articles/2334

自分や身の回りのことを中途半端な長さのエッセイにするのが趣味の変人経営者、村上百歩(むらかみ・ひゃっぽ)氏。変人とは半分謙遜、半分事実なのは長年の友人であるゴル横会長の良く知るところなり。

関連する投稿


ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

アイデアを思いついてからリリースまで5年かかった作品。 1962年のデビューから半世紀以上の歴史を築き上げ、現在も現役のロック・バンド。ブルース/R&Bをベースにパンクやレゲエ、ディスコなど時代の音楽トレンドを上手く取り入れつつ、数多くのヒット作を出してきた、言わずと知れたレジェンドです。81年当時のメンバーはミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、ロン・ウッド(G)、チャーリー・ワッツ(Ds)、ビル・ワイマン(B)。


ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

世界各国でチャートインしたヒット作。 ベリンダ・カーライルは女性バンドとして初の全米1位に輝いたガールズ・ロックバンド、The Go-Go'sのリード・ヴォーカル。1985年のバンド解散後はソロ・デビューし、ポップな音楽性で多くのヒット作を放ちました。


エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

アメリカ進出を狙った意欲作。 XTCはアンディ・パートリッジ(Vo,G)を中心とするロック・バンド。1977年デビュー。ビートルズなどの影響を受けた、ポップなのにどことなくひねくれた、イギリスらしいロック・サウンドで人気を集め、ブラーに代表される90年代のブリットポップにも大きな影響を与えました。また、日本ではカルト的な人気を誇り、多くのミュージシャンが彼らの影響を公言しています。


ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

イギリスを代表する女性アーティストの神秘的なヒット作。 ケイト・ブッシュはイギリス出身のシンガー・ソングライター。ピンク・フロイドのギタリスト、デヴィッド・ギルモアに才能を見出されて1977年に弱冠19歳でデビューし、独自の感性によるアーティスティックな楽曲とハイトーンな歌声で、デビュー曲「嵐が丘」が全英1位になるなど早くから注目を集めた天才肌です。現在も寡作ながら活動を続けています。


ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブルースの名曲をフェリー流にカバー。 ブライアン・フェリーはイギリスのロック・バンド、ロキシー・ミュージックのヴォーカリスト。バンドのほとんどの曲を手がけたソングライターとしても知られます。黒人音楽に大きな影響を受けて確立した、音と音の隙間を縫うような独特な歌と、ヨーロッパ的美意識がにじみ出る作風の曲で人気を集めました。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!