ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

アイデアを思いついてからリリースまで5年かかった作品。 1962年のデビューから半世紀以上の歴史を築き上げ、現在も現役のロック・バンド。ブルース/R&Bをベースにパンクやレゲエ、ディスコなど時代の音楽トレンドを上手く取り入れつつ、数多くのヒット作を出してきた、言わずと知れたレジェンドです。81年当時のメンバーはミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、ロン・ウッド(G)、チャーリー・ワッツ(Ds)、ビル・ワイマン(B)。


80年代のストーンズを代表する、タイトなロック

「Start Me Up」は76年のアルバム『Black and Blue』制作時にキースが思いついたギターのリフを発展させて作った曲。当初はレゲエにアレンジされたものの、満足のいく出来上がりにならずにお蔵入りとなり、『Tattoo You』制作時にミックとキースの不仲により曲作りが進まず、過去の未完成曲を使ったため、日の目を見たのだとか。全米2位の大ヒットとなり、ミックに「80年代ストーンズの代表曲」といわしめた名曲です。

The Rolling Stones - Start Me Up

YouTube 提供:The Rolling Stones

収録アルバム:Tattoo You(刺青の男)

・18枚目のスタジオ・アルバム(イギリスでは16枚目)
・リリース:1981年8月
・収録曲
1.   "Start Me Up"
2.   "Hang Fire"
3.   "Slave(奴隷)"
4.   "Little T&A"
5.   "Black Limousine(黒いリムジン)"
6.   "Neighbours"
7.   "Worried About You"
8.   "Tops"
9.   "Heaven"
10. "No Use in Crying(泣いても無駄)"
11. "Waiting on a Friend(友を待つ)"

関連する投稿


ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

世界各国でチャートインしたヒット作。 ベリンダ・カーライルは女性バンドとして初の全米1位に輝いたガールズ・ロックバンド、The Go-Go'sのリード・ヴォーカル。1985年のバンド解散後はソロ・デビューし、ポップな音楽性で多くのヒット作を放ちました。


エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

アメリカ進出を狙った意欲作。 XTCはアンディ・パートリッジ(Vo,G)を中心とするロック・バンド。1977年デビュー。ビートルズなどの影響を受けた、ポップなのにどことなくひねくれた、イギリスらしいロック・サウンドで人気を集め、ブラーに代表される90年代のブリットポップにも大きな影響を与えました。また、日本ではカルト的な人気を誇り、多くのミュージシャンが彼らの影響を公言しています。


ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

イギリスを代表する女性アーティストの神秘的なヒット作。 ケイト・ブッシュはイギリス出身のシンガー・ソングライター。ピンク・フロイドのギタリスト、デヴィッド・ギルモアに才能を見出されて1977年に弱冠19歳でデビューし、独自の感性によるアーティスティックな楽曲とハイトーンな歌声で、デビュー曲「嵐が丘」が全英1位になるなど早くから注目を集めた天才肌です。現在も寡作ながら活動を続けています。


ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブルースの名曲をフェリー流にカバー。 ブライアン・フェリーはイギリスのロック・バンド、ロキシー・ミュージックのヴォーカリスト。バンドのほとんどの曲を手がけたソングライターとしても知られます。黒人音楽に大きな影響を受けて確立した、音と音の隙間を縫うような独特な歌と、ヨーロッパ的美意識がにじみ出る作風の曲で人気を集めました。


シールズ&クロフツ/Seals & Croft - Summer Breeze(想いでのサマーブリーズ)- 1972年

シールズ&クロフツ/Seals & Croft - Summer Breeze(想いでのサマーブリーズ)- 1972年

味わい深いハーモニーで人気のソフト・ロック・デュオの代表作。 シールズ&クロフツは70年代を中心に活躍したアメリカの2人組。二人の息の合った温かみのあるハーモニーと、ルーツ・ミュージックに根差した滋味深くフォーキーなソフト・ロック・サウンドで人気を集めました。


最新の投稿


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!


【クルマニアックイズ】187本目

【クルマニアックイズ】187本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


【クルマニアックイズ】186本目

【クルマニアックイズ】186本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!