アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire -After The Love Has Gone-1979年

アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire -After The Love Has Gone-1979年

アース・ウインド&ファイアーは1970年にデビューし、現在も活動を続けるアメリカの大御所バンド。R&Bとファンクを融合した音楽性に加え、ディスコやAORの要素を取り入れ、70年代を中心にヒット曲を量産しました。モーリスとフィリップ・ベイリーの個性の異なる二人のヴォーカルと、華麗なホーンセクション、モーリスの弟・ヴァーダイン(B)を中心とする強靭なグルーヴが魅力です。


名匠デヴィッド・フォスターを迎えたグラミー受賞のヒット作

「After The Love Has Gone」はプロデューサー、デイヴィッド・フォスターとジェイ・グレイドン、シカゴのビル・チャンプリンが共作し、EW&Fに提供した作品。あまりに音域が広いため、モーリスが歌うメロディと、ベイリーと女性シンガーがハモるコーラスが入り混じり、複数のシンガーがメロディを”分け合う”ような構成になったのだとか。AOR調の洗練された作風にも人気が集まり、全米2位・全英4位とヒット。グラミーを受賞した、アースの代表作の一つです。

Earth,Wind & Fire - After The Love Has Gone

YouTube 提供:VEVO

収録アルバム:I Am(黙示録)

・9枚目のスタジオ・アルバム
・リリース:1979年6月
・収録曲
1.  "In the Stone(石の刻印)"
2.  "Can't Let Go(旋風の使者)"
3.  "After the Love Has Gone"
4.  "Let Your Feelings Show(天空に捧ぐ)"
5.  "Boogie Wonderland" (featuring The Emotions)
6.  "Star"
7.  "Wait"
8.  "Rock That!"
9.  "You and I"

関連する投稿


トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

ギターのルカサーがボーカルもつとめたヒット曲。 TOTOはジェフ(Ds)、スティーヴ(Key,Vo)、マイク(B)のポーカロ三兄弟やスティーヴ・ルカサー(G,Vo)、デヴィッド・ペイチ(P)らによるアメリカのロック・バンド。1978年にデビューし、ロックにR&Bの要素をうまく融合させたAORサウンドで人気を集め、自作のヒットやマイケル・ジャクソン『スリラー』の裏方をつとめるなど一世を風靡しました。


ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロスはアメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人。1961年にザ・スプリームスとしてモータウンからデビューし、リード・ヴォーカルとして計12作の全米No.1ヒットを生み出しました。70年のソロ転向後も「マホガニーのテーマ」やライオネル・リッチーとのデュエット「エンドレス・ラブ」など多くのヒット作を出し、ジャズシンガー、ビリー・ホリデイの伝記映画「Lady Sings the Blues」で主演を務めるなど女優としても活躍しました。


ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

4週連続全米1位の大ヒット作。 ジャネット・ジャクソンはアメリカのR&Bシンガー、ソングライターでジャクソン一家の末娘。1982年に16歳でデビューしましたが、86年に家族から離れて“自立”し、ジャム&ルイスをプロデューサーに迎えた『コントロール』で大ブレイク。その後も多くの作品でジャム&ルイスとコンビを組み、ダンス・ポップと融合した現代的なR&Bを確立して、1億枚以上を売り上げました。なお、兄マイケルとは仲良しだったのだとか。


シャーデー/Sade - Kiss Of Life - 1993年

シャーデー/Sade - Kiss Of Life - 1993年

抑制のきいたシンプルなサウンドに支持。 シャーデーは女性ヴォーカリスト、シャーデー・アデュを中心とするイギリスのバンド。彼女の落ち着いたアルトの歌声と、ジャズやレゲエなどの要素をバランスよく取り入れたスマートなサウンドが特徴で、寡作ながら発表するアルバムはいずれも世界的なヒットとなっています。


スティクス/Styx - The Best Of Times - 1981年

スティクス/Styx - The Best Of Times - 1981年

コンセプト・アルバムから生まれたヒット曲。 スティクスはデニス・デ・ヤング(Vo/Key)、トミー・ショウ(G/Vo)らを中心メンバーに活動したアメリカ・シカゴのロック・バンド。ピアノ/シンセサイザーと重厚なコーラスを前面に出したサウンドと、親しみやすいポップなメロディで70年代末から80年代初頭に多くのヒット作を出しました。


最新の投稿


トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

ギターのルカサーがボーカルもつとめたヒット曲。 TOTOはジェフ(Ds)、スティーヴ(Key,Vo)、マイク(B)のポーカロ三兄弟やスティーヴ・ルカサー(G,Vo)、デヴィッド・ペイチ(P)らによるアメリカのロック・バンド。1978年にデビューし、ロックにR&Bの要素をうまく融合させたAORサウンドで人気を集め、自作のヒットやマイケル・ジャクソン『スリラー』の裏方をつとめるなど一世を風靡しました。


セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

初代セリカ・リフトバックの2000GTをベースにした、あまりにも有名な限定車「ブラックセリカ」。 国内登録累計38.5万台を記念して、1977年に385台だけ作られたファン垂涎のレアモデルです。


ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロスはアメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人。1961年にザ・スプリームスとしてモータウンからデビューし、リード・ヴォーカルとして計12作の全米No.1ヒットを生み出しました。70年のソロ転向後も「マホガニーのテーマ」やライオネル・リッチーとのデュエット「エンドレス・ラブ」など多くのヒット作を出し、ジャズシンガー、ビリー・ホリデイの伝記映画「Lady Sings the Blues」で主演を務めるなど女優としても活躍しました。


ウルトラマン - 初代はやっぱり偉大なのだ!

ウルトラマン - 初代はやっぱり偉大なのだ!

特撮もの巨大ヒーローといえばいの一番にうかぶのが「ウルトラマンシリーズ」ではないでしょうか?世代を超えて語り継がれる我らがヒーローの誕生!


ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

4週連続全米1位の大ヒット作。 ジャネット・ジャクソンはアメリカのR&Bシンガー、ソングライターでジャクソン一家の末娘。1982年に16歳でデビューしましたが、86年に家族から離れて“自立”し、ジャム&ルイスをプロデューサーに迎えた『コントロール』で大ブレイク。その後も多くの作品でジャム&ルイスとコンビを組み、ダンス・ポップと融合した現代的なR&Bを確立して、1億枚以上を売り上げました。なお、兄マイケルとは仲良しだったのだとか。