いすゞ・ベレットの画像アーカイブ【旧車】

いすゞ・ベレットの画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「いすゞ・ベレット」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


いすゞ・ベレットとは

第2次大戦前、いすゞ自動車はトラック&バスを製造する大型商用車専業メーカーだった。そのいすゞが戦後、大胆な経営戦略の転換を指し示す。乗用車生産へ進出するという決定を下したのだ。その言葉通り、いすゞは1953年から英国の大衆車ヒルマンのノックダウン生産を開始。そこで乗用車製造のノウハウを蓄積し、1961年(昭和36年)に初の自社設計の中型セダン「ベレル」を発表した。さらに2年後の1963年11月、ヒルマン後継車として画期的な新型「ベレット」を発売することになる。

いすゞ・ベレットは1963年10月に東京・晴海で開催された「第10回全日本自動車ショー」で、いすゞ・ブースに展示された小型セダンだ。1.5リッターのガソリン車と1.8リッター・ディーゼル車が用意され、それぞれスタンダードとデラックスの2グレード構成というラインアップだった。
ボディサイズは全長×全幅×全高4090×1510×1390mmのベレットは小型ファミリーセダンではあるが、欧州的で斬新なスタイリング、4速マニュアルのフロアシフト、スイングアクスル独立式リアサスなど最新メカを採用した、当時の国産車では稀なスポーティセダンだった。

搭載した1.5リッターの4気筒OHVガソリンエンジンは、63ps/5000rpmの最高出力と、11.2kg,m/1800rpmの最大トルクを発生。後に廉価版の1.3リッターガソリンを積んだ2ドアセダンも追加される。また、1966年にはトリッキーなハンドリングの独立懸架を嫌う顧客層に合わせてリアサスをリーフリジットとした「Bタイプ」も追加設定された。

セダンのデビューに遅れること半年、1964年4月、クーペのベレット1600GTがデビューする。ベレット1600GTは、日本車で初めて「グランツーリスモ」を名乗り、当時のカタログによると、直列4気筒OHVのG160型エンジンは、ボア×ストローク83.0×73.0mmのショートストロークタイプ。9.3と高めの圧縮比に2連装SUキャブレターによって88ps/5400rpmの最高出力と12.5kg.m/4200rpmの最大トルクを得た。組み合わせたトランスミションは4段のフロアシフトで、最高速度は160km/h、0-400m加速は18.3秒という性能を叩き出していた。

2ドアクーペのモノコックボディは、全長×全幅×全高4005×1495×1350mm、ホイールベース2350mmと非常にコンパクト。車両重量は940kgだった。
このボディ&シャシーを支える足回りはセダンを踏襲した4輪独立懸架だった。

ベレットGTは、1964年4月にデビューして、その半年後の9月に早くもマイナーチェンジを受ける。エクステリアはフロントデザインが大きく変化した。4灯式ヘッドライトを丸形2灯式に改め、バンパーに小型のフォグランプを配置。マフラーがシングルからツイン出しに変わった。また、フェンダーミラーが砲弾型のスポーティな「ベレGミラー」と呼ばれる形状となった。同時に、ブレーキは日本車としては初のディスクブレーキを前輪に採用した。

1966年、2度目のマイナーチェンジが実施される。大きなポイントはパワーユニットの換装だ。それまでのG160型からG161型へ積み替えられる。G161型のボア×ストロークは82.0×75.0mmで、排気量は1584ccに拡大したが、G160型との関連はみられない、まったくの新型だった。そして、このエンジンのアウトプットは、最高出力90ps/5400rpm、最大トルク13.0kg.m/4200rpmに向上した。この結果、最高速度向上はないものの、0-400m加速は18.0秒に短縮した。

ベレットGTは1968年3月に再度マイナーチェンジを受ける。そして、翌1969年に搭載エンジンが、それまでのOHVからSOHCにスイッチする。
GTユニットのSOHC化と時を同じくして1969年9月、「ベレG」にとって最強モデルとなる1600GTRが登場する。ボンネットの下に収められたエンジンは、前年にデビューした117クーペのために開発されたG161W型のDOHCユニットだ。G161W型の排気量はGTモデルのOHCと同じ1584ccだが、圧縮比は遂に10.3まで高められた。そこに2基のソレックスキャブレターを搭載して、最高出力120ps/6400rpm、最大トルク14.5kg.m/5000rpmを得た。これによって、最高速は190km/hに達し、0-400m加速は16.6秒という俊足モデルとなった。

結果、1963年にデビューしたベレットは、1973年まで生産された長寿モデルとなる。いすゞの公式資料によると、ベレットの総生産台数は17万0737台。うちGTは1万7439台だった。

いすゞ・ベレットの諸元

販売期間    サルーン 1963年11月 – 1974年9月
        GT  1964年4月 – 1973年9月
        GTtypeR  1969年11月 - 1973年6月
乗車定員    サルーン 5名
        GT/GTtypeR 4名
ボディタイプ  サルーン 2ドア/4ドアセダン
        GT/GTtypeR 2ドアクーペ
駆動方式    FR
ホイールベース 2,350 mm
車両重量    サルーン 920 kg
        GT 945 kg
        GTtypeR 970 kg
路上最高速度  サルーン 150km/h
        GT 170km/h
        GTtypeR 190km/h

引用元:Wikipedia

いすゞ・ベレットの画像アーカイブ

JCAAニューイヤーミーティング 2019

撮影日:2019年1月27日

いすゞ・ベレット JCAAニューイヤーミーティング 2019
いすゞ・ベレット JCAAニューイヤーミーティング 2019
いすゞ・ベレット JCAAニューイヤーミーティング 2019
いすゞ・ベレット JCAAニューイヤーミーティング 2019
いすゞ・ベレット JCAAニューイヤーミーティング 2019
いすゞ・ベレット JCAAニューイヤーミーティング 2019

トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑 2018

撮影日:2018年11月18日

いすゞ・ベレット トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑 2018
いすゞ・ベレット トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑 2018
いすゞ・ベレット トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑 2018
いすゞ・ベレット トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑 2018
いすゞ・ベレット トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑 2018

幸手クラシックカーフェスティバル 2018

撮影日:2018年11月11日

いすゞ・ベレット 幸手クラシックカーフェスティバル 2018
いすゞ・ベレット 幸手クラシックカーフェスティバル 2018

関連する投稿


スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

トヨタのボトムラインを支え、多くのクルマ好きを魅了したパブリカをベースに、まるで軽飛行機を思わせるような究極の空力ボディを架装したライトウェイトスポーツカー、それが「ヨタハチ」ことトヨタスポーツ800です。


【旧車】パジェロ│三菱 世界一過酷なラリーにかけた三菱の熱い思い

【旧車】パジェロ│三菱 世界一過酷なラリーにかけた三菱の熱い思い

「RV」という新しいジャンルを切り拓き、新しいカーライフのスタイルを確立した名車は、最強のラリーマシンでもあった。


【クルマニアックイズ】59本目

【クルマニアックイズ】59本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサン・フェアレディ2000は発表翌年の1968年、過酷で知られる「モンテカルロ・ラリー」でいきなり3位の好成績を収め、年間1万台以上を販売する人気車となりました。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


最新の投稿


バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズ/Backstreet Boys - I Want It That Way - 1999年

バックストリート・ボーイズはアメリカの人気ポップ・グループ。3枚目のアルバム『Millennium』に収録。コーラスが素敵ですね。CD売上は1億3千万枚以上!


ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

合体ロボットという新ジャンルを切り開いたエポックメイキングな作品、『ゲッターロボ』に登場したロボットの一形態です。このゲッター1をゲッターロボのことだと勘違いしていた人も結構いたのでは?かくいう私もそうなんですが。


エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミス/Aerosmith - Last Child - 1976年

エアロスミスはスティーヴン・タイラー(vo)、ジョー・ペリー(g)、ブラッド・ウィットフォード(g)、トム・ハミルトン(b)、ジョーイ・クレイマー(dr)の5人からなるアメリカのロック・バンド。1973年のデビュー以来、メンバーチェンジと復帰を繰り返しつつ活動を続け、トータルセールスは全世界で1億5,000万枚以上。今でも国民的人気を誇ります。


湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

湯~とぴあへつながるゲート~銭湯のれんの世界

庶民文化研究所所長・町田忍さんがおうち時間で行った収蔵品の整理。庶民文化研究所には膨大な量の収蔵品があり、整理整頓しないとそれはそれは大変なのだ。今回はおうち時間で掘り起こされた収蔵品の中から銭湯のれんを紹介。銭湯の入り口に構えられたのれん。銭湯独自のデザインで入る前からワクワクさせてくれるあののれんについて、町田さんに教えてもらった。


スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

スポーツ800 | トヨタ - 「ヨタハチ」の愛称で親しまれているライトウェイトスポーツ【旧車】

トヨタのボトムラインを支え、多くのクルマ好きを魅了したパブリカをベースに、まるで軽飛行機を思わせるような究極の空力ボディを架装したライトウェイトスポーツカー、それが「ヨタハチ」ことトヨタスポーツ800です。