『こんなものを買った』Technics SL-5

『こんなものを買った』Technics SL-5

前回ご紹介した「SL-MA1にXL-MC1プロジェクト」の裏で進行していたプロジェクト、それが「リニアトラッキングを試聴室にプロジェクト」でした。レコードプレーヤーの歴史を改めて調べているうちにリニアトラッキングが気になって仕方なくなってしまったのです。


もう、気になって気になって。

国産オーディオの偉業のひとつ…だと思います

レコードプレーヤーの歴史をたどっていくとどうしても気になってしまうのが「リニアトラッキング」という方式です。
(ベテランオーディオマニアの方には釈迦に説法となってしまいますので、次の章にお進みください)
いまさら改めて言うまでもなく、そもそもレコードは再生が非常に難しいメディアです。
正確にターンテーブルを回して、音溝に対しまっすぐに針を当て(普通のトーンアームでは無理なのですが)、信号を余すことなく拾っていく…。しかもそこにはインサイドフォースやレコード盤の反り、センターホールのズレなど、構造やレコード盤そのものに起因する外乱があります。つまりプレーヤー周りでどんなにセッティングを突き詰めても完璧なレコード再生は不可能、と言い切って良いでしょう。
その反動か最近の若者は、ゆるーいレコードプレーヤーで気軽に再生を楽しむ、なんていう文化もあって、それはそれで正しいレコードの楽しみ方なんでしょうね。
それはともかく、上記の数ある問題の中でもこいつはなんとかしたい、と多くの技術者が考えていたのが「トラッキングエラー」という問題。
そもそもステレオ信号は左右それぞれの音声信号が一組となって再生されます。レコードでいえばV字に切られた溝の左右の斜面の信号を同時に読取ることでステレオの信号になるわけです。
ところが、針先は常に溝に対してまっすぐ接しているわけではありません。むしろレコード再生中、溝に対し針先がまっすぐに接しているのは一瞬で、それ以外はアングルがついた状態で信号をトレースしています。つまり左右の信号に時間差が生じてしまうのです。これがトラッキングエラーと言って、結果として左右のスピーカーから出てくる音に時間差がついてしまう、という現象が起きます。
といっても、通常のプレーヤー最大のトラッキングエラーが生じたときでも、スピーカーの左右差は、ほんの数センチ、スピーカー位置がズレたことに等しいといわれ、つまりよほどスピーカーのセッティングを詰めてもトラッキングエラーを聴き取ることは不可能、といっていいでしょう。
だとしても当時の技術者の方々は妥協しませんでした。そこでトラッキングエラーを解消すべく考え出されたのが、針が常にレコード溝に対しアングル角0になる「リニアトラッキング」という方式だったのです。ふー、長かった。

リニアトラッキング初体験

1978年、後にGTシリーズを生み出す天才技術者、松本豊作氏が作り出したヤマハPX-1。

yamaha px-1

またおなじく1978年、オーディオ御三家のパイオニアはPL-L1を発売します。

パイオニア PL-L1

その翌年には前回ご紹介したテクニクスのSL-10が登場し、リニアトラッキングは全盛期を迎えました。
完璧な再生を目指したこの姿勢、志、じつに心に響きます。さあ、リニアトラッキングのプレーヤーが欲しくなってきたでしょう!
ところがPX-1(や後継のPX-2、PX-3も)、PL-L1、SL-10いずれも銘機として中古市場でもものすごい高値で取引されています。
新品時10万円で大ヒットし、それなりの台数が出回っているはずのSL-10ですら、ちゃんと動くものは4~5万円はします。
でもご安心ください。
他のメーカーが(ミニコン用プレーヤーを除くと)ほんの数モデルでやめたリニアトラッキングですが、テクニクスだけはものすごいラインナップを展開したのです。
その中でとくに高値で取引きされているのは、SL-10を除くと、木目キャビネットを持つSL-M3くらいで、あとは運が良ければ完動品が1万円以下で入手可能です。
ちなみにSL-M3はこんな感じ。カッコいいですね!

テクニクス SL-M3

テクニクスのリニアトラッキングプレーヤーは、フルサイズかジャケットサイズ、ダイレクトドライブ(DD)かベルトドライブ、回転制御がクオーツロックかDCサーボというように分けられます。個人的にDD好きなので、完動品のDDでなるべく安いものを探します。
ヤフオク!やメルカリをウォッチし続けて約1カ月。ようやく見つけたのがこれ。SL-5です。

テクニクス SL-5

まさか専用ケーブルだったとは

メルカリで5000円。カートリッジはダメかも、とのことでしたが、大丈夫、試聴室にはSL-MA1の純正T4Pカートリッジがあります。ただカートリッジを外すとSL-MA1が使えなくなってしまいますので、前回ご紹介した一般カートリッジ用ヘッドシェルを用意した、というわけなのです。

T4Pカートリッジの交換は、アームにあるネジを外し、カートリッジを差し込み、再びネジを締め込むだけ。
ケーブルは直出しではなく、ピンジャックがついてます。

とりあえず、送られてきた箱に同梱されていたピンケーブルをつなぎますが、アースは?? ピンジャックの横の穴はヘッドフォンのミニジャック? まさかアースじゃないよね…。
筐体の左右、裏側まで探しましたが、通常のネジ式アース端子はなく…。仕方ないのでピンジャックだけつないで聴いてみます。
おお、音は出てますが、ブーンというハム音が…。やっぱりあの穴がアースだ。試しにむき出しの導線を突っ込んで、アンプのグランド端子につなぎます。
きれいな音じゃないですか!
いろいろと検索してみるとSL-10のアース端子を自作した人のページが出てきました。
SL-10のアースも穴が開いているだけで、ピンプラグとアース用の端子が一体となった特殊なケーブルが付属されているみたいですね。このサイトの方はその付属ケーブルを使うのが嫌で自作したようです。そのウェブサイトによると、このアース用のジャックはピンプラグ真ん中の棒と同じ太さだそうです。この方はピンプラグをバラバラにして、真ん中の部分に線をつないで作ってました。
では、ということで私も。

見た目はいまいちですが、なんとか使えそうになりました。
ではつないでみます。

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

昭和38年(1963年)、まだオートバイの販売網しかもっていなかったホンダが、本格的に4輪自動車に参入するにあたり最優先して開発し市場に投入したのは、軽トラのT360でした。そんなホンダ初の4輪車・軽トラのT360は、開発に創業者・本田宗一郎がまるまる1台関わっている唯一の車種です。


昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語にあらためて令和の光をあてる「死語の世界」。今回は一斉を風靡した別れの言葉「バイナラ」をご紹介。欽ちゃんファミリーである斎藤清六発祥の死語について光をあててみよう。


サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


【クルマニアックイズ】188本目

【クルマニアックイズ】188本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!