マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)の画像アーカイブ【旧車】

マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)とは

マツダはかつて“東洋工業”を名乗り、世界でただ1社「ロータリーエンジン」(RE)の量産に成功、市販車に搭載した自動車メーカーだ。往復運動するピストンから回転運動を取り出すシステムを廃し、直接回転運動を得る夢の内燃機関REは、1967年に小型2座スポーツのコスモ・スポーツに搭載して市場に躍り出た。
その後、REはファミリアやカペラ、サバンナなどに搭載車種を拡大するが、1973年の第1次オイルショックを機にヒステリックともいえるほど“省エネ”が叫ばれ、REの燃費の悪さを喧伝する声が挙がり、急速に商品力を失ってゆく。

その悔しさをバネにマツダは、1978年3月に衝撃的な新型車を世に送り出す。サバンナRX-7(SA22C型)である。名前はかつてのセダン&クーペだったRX-3に冠された“サバンナ(Savanna)”だが、内容はコンパクトな12A型・ロータリーエンジンを前輪よりも後ろ、つまりフロントミッドシップに搭載した2+2座のピュアスポーツのそれだった。このコンパクトスポーツ、RX-7は途中でターボなどを追加し、国内だけでなく北米でも人気を呼んだ。

そのマツダのピュアスポーツが1985年9月にモデルチェンジされ2代目(FC3型)に生まれ変わった。成功した初代を継ぐ新型の開発にあたりテーマとしたのは、「ドライバーが感性で乗る領域をしっかり残したスポーツカー」だったと伝わる。
先代と同様にフロントミッドに搭載したパワーユニットは573cc×2ローターの12A型から654cc×2ローターの13B型に排気量アップを果たし、当初からターボで武装していた。そのターボチャージャーは、電子制御ツインスクロール化+インタークーラーなどで強化され、1290kgの新型に最高出力185ps/6500rpm、最大トルク25.0kg.m/3500rpmのアウトプットを与え運動性能を大きく向上させていた。

ボディはひと回り以上大きくなり、2シーター風のプロポーションとなったが、狭いながら後席を持った2+2のクーペを引き継いだ。このエクステリアデザインは、ポルシェ944にあまりに似ていると揶揄され、北米でも“プアマンズ・ポルシェ”と呼ばれた。

しかし、エンジン、スタイリングとともに新型の注目ポイントは、当時マツダが持っていた技術のすべてを投入して開発した足回りにもある。フロントはロアアームをアルミ鍛造製のAアームを奢ったマクファーソンストラット式独立。リアはセミトレーリングアーム+マルチリンク式独立となった。ラックアンドピニオンとなったステアリングシステムには、最廉価版を除いて横G感応型パワーステアリングが装着された。ブレーキも大幅に強化され、組み合わせたホイール&タイヤ(205/60R15)の15インチ化に併せて4輪ともに大径のベンチレーテッドディスクとなり、完全に先代を超え、1ステージ以上アップグレードしていた。

1987年1月には、BBS製鍛造アルミホイールなどを装着した特別限定車「∞/アンフィニ」が発売され、同年8月にはアンフィニとおなじホイールを履き、屋根を取り去り三角窓を付けたカブリオレを追加している。この電動オープントップを持ったカブリオレは、89年にデビューする2座オープンのロードスター開発に活かされたという。
1989年4月にマイナーチェンジを受け、リアコンビネーションランプを角型から丸型3灯にする変更、サスペンションの改良、前後バンパーおよびボディのモール形状、アルミホイールの軽量化、前席シート、インパネセンター、計器類のデザイン等が変更された。出力もタービンの改良により、最高出力を205psに、最大トルクを27.5kg.mに向上させた。

FC3型が次期型のFD型へスイッチする直前の1991年6月、マツダはロータリーエンジン搭載のレースマシン「787B」で、ル・マン24時間レース総合優勝を果たす。

マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)の諸元

販売期間     1985年10月 - 1992年10月(カブリオレを除いて1991年12月)
乗車定員     2人(∞のみ)/4人
ボディタイプ   3ドア ファストバッククーペ
         2ドアカブリオレ
エンジン     13B-T型 水冷直列2ローター
駆動方式     FR
最高出力     185PS/6,500rpm(前期型)
         205PS/6,500rpm(後期型)
         215PS/6,500rpm(∞III)
最大トルク    25.0kg·m/3,500rpm(前期型)
         27.5kg·m/3,500rpm(後期型)
         28.0kg·m/3,500rpm(∞III)
変速機      4速AT / 5速MT
サスペンション  前:ストラット
         後:セミトレーリングアーム マルチリンク
全長       4,335mm
全幅       1,690mm
全高       1,270mm
ホイールベース  2,430mm
最小回転半径   4.9m

引用元:Wikipedia

マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)の画像アーカイブ

昭和平成クラシックカーフェスティバルinヘイワールド

撮影日:2019年5月4日

マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)昭和平成クラシックカーフェスティバルinヘイワールド

ビスカス式LSDとアルミボンネットを装備した「GT-X」です。

マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)昭和平成クラシックカーフェスティバルinヘイワールド
マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)昭和平成クラシックカーフェスティバルinヘイワールド
マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)昭和平成クラシックカーフェスティバルinヘイワールド
マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)昭和平成クラシックカーフェスティバルinヘイワールド

加須クラシックカーフェスティバル 2019

撮影日:2019年5月3日

マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)加須クラシックカーフェスティバル
マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)加須クラシックカーフェスティバル
マツダ・サバンナRX-7(2代目・FC3型系)加須クラシックカーフェスティバル

関連する投稿


フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

ダットサン・フェアレディの2代目、SR311型です。2代目フェアレディはエンジンの排気量が1,500ccでデビュー、その後1,600ccから2000へと拡大しました。フェアレディ2000はツインキャブSOHCのU20型エンジンにポルシェタイプシンクロの5速MTを装備したスパルタンなモデル。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

日産・スカイラインの5代目、C210型です。CMキャッチから「スカイライン・ジャパン」の愛称がつきました。排ガス規制への対応からDOHCエンジン搭載車はラインアップされておらず、ライバルのトヨタ・セリカからは挑発的なCMコピーを浴びせられました。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】137本目

【クイズ・旧車千本ノック】137本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

日野・コンテッサの2代目です。このモデルはセダンの1300Sです。クーペモデルもありました。単なる美しさだけでなく、気品まで感じさせるのは「伯爵夫人」という名前のなせる業でしょうか。「クラシックカーフェスティバルin小金井 2016」で撮影しました。


スカイライン | 日産 - 初期型のたおやかさもまたハコスカの魅力のひとつ【旧車】

スカイライン | 日産 - 初期型のたおやかさもまたハコスカの魅力のひとつ【旧車】

日産・スカイラインの3代目、C10型いわゆる「ハコスカ」です。スポーティーなイメージが定着していますが、実用的な高性能セダンとしての要件も満たしたオールマイティーなモデルともいえます。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


最新の投稿



フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

フェアレディ2000/日産 - レディでもスパルタンなクラシカルスポーツ【旧車】

ダットサン・フェアレディの2代目、SR311型です。2代目フェアレディはエンジンの排気量が1,500ccでデビュー、その後1,600ccから2000へと拡大しました。フェアレディ2000はツインキャブSOHCのU20型エンジンにポルシェタイプシンクロの5速MTを装備したスパルタンなモデル。「JCCAお台場ニューイヤーMTG 2018」で撮影しました。


ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

ハート/Heart - All I Wanna Do Is Make Love To You - 1990年

アンとナンシーのウィルソン姉妹をフィーチャーしたアメリカのロック・バンド。


スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

スカイライン(ジャパン) | 日産 - 日本の風土が生んだ名車【旧車】

日産・スカイラインの5代目、C210型です。CMキャッチから「スカイライン・ジャパン」の愛称がつきました。排ガス規制への対応からDOHCエンジン搭載車はラインアップされておらず、ライバルのトヨタ・セリカからは挑発的なCMコピーを浴びせられました。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】137本目

【クイズ・旧車千本ノック】137本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!