パブリカ700バンDX | トヨタ - 100万通以上の公募で決まった車名【旧車】

パブリカ700バンDX | トヨタ - 100万通以上の公募で決まった車名【旧車】

トヨタ・パブリカの初代(P1#型)です。2ドアセダン発売の翌年に追加された2ドアバンです。「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


車名は「パブリック・カー」から

トヨタ パブリカ バン

・モデル名 :パブリカ700バンDX
・世代/型式:初代/P1#型
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1965
・撮影場所:JCCAニューイヤーミーティング in お台場2017

ドイツやフランスに倣った「国民車構想」というアイデアから生まれた、当時まだ少なかったオーナードリブンカーがパブリカだ。

国民車構想は正式な政策にはならなかったようだけど、当時各社がさまざまな工夫をこらして「自家用車」になりうるクルマを開発していたんだ。
パブリカはフランスのシトロエン2CVを参考に、FFレイアウトを採用しようとしたけれども、技術的な課題がクリアーできずコンベンショナルなFRで開発を進めることになった。それでも徹底した軽量化を図って、FFレイアウトで狙った重量である580kgを達成したというのだから、当時からトヨタの製造・生産技術は素晴らしかったんだね。

「パブリカ」の車名は「パブリック・カー」の略で、一般公募で決まったんだけど、なんと応募は100万通以上もあったそうだよ。それだけ、日本中が国民車となりうるクルマに注目していたということだね。
実際、それまでタクシーなどの需要が多かったところ、パブリカをキッカケに自家用車が売れるようになっていったようだ。

テコ入れのための高級化と車種拡大

そんなトヨタの思惑とは裏腹に、消費者の反応は冷たかった。パブリカの造りがあまりに簡素すぎるため、平たく言えば「貧乏くさい」と受け止められてしまったんだ。なにしろ外装にはピカピカ光るメッキはほとんど使われなかったし、ラジオやヒーターはおろかサイドミラーや燃料計さえも省かれていたのだから。
そこでテコ入れのために商用需要を狙ったバンタイプや、デラックスと称する上級グレードを追加したり、さらには贅沢品とも言えるコンバーチブルまで投入することでイメージアップを図った。こうしてようやく販売台数は当初見込んだレベルに達したということだ。

トヨタ パブリカ バン リア
トヨタ パブリカ バッジ

関連する投稿


【クイズ・旧車千本ノック】200本目

【クイズ・旧車千本ノック】200本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

ランボルギーニ・カウンタックの最終型、25thアニバーサリーです。キング・オブ・スーパーカーと呼ばれるにふさわしい存在感は時代を経ても色あせません。


【クイズ・旧車千本ノック】199本目

【クイズ・旧車千本ノック】199本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


バモス | ホンダ - モスグリーンがとてもよく似合う【旧車】

バモス | ホンダ - モスグリーンがとてもよく似合う【旧車】

ホンダ・バモスの初代です。一見オフロードカーにも思える奇抜な外観が特徴です。開放感のあるフルオープンボディーはアウトドアレジャーに好適。残念ながら販売面では苦戦しました。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】200本目

【クイズ・旧車千本ノック】200本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー」をお届けします。


カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

ランボルギーニ・カウンタックの最終型、25thアニバーサリーです。キング・オブ・スーパーカーと呼ばれるにふさわしい存在感は時代を経ても色あせません。


シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

日本人メンバーも在籍したUKソウル・バンドの全米1位ヒット作。 シンプリー・レッドはミック・ハックネル(Vo)を中心に1985年にデビューしたイギリスのロック・バンド。ポップさを保ちつつもソウルやファンクの要素を取り入れたサウンドで人気を集めました。屋敷豪太(Ds)、鈴木賢司(G)など日本人メンバーが在籍したことも話題になりました。2010年に解散しますが、2015年に再結成しています。


【クイズ・旧車千本ノック】199本目

【クイズ・旧車千本ノック】199本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!