はじめまして - 『tobyのTheナカミチ道』始まります!

はじめまして - 『tobyのTheナカミチ道』始まります!

はじめまして。ナカミチを収集している「toby館長」と申します。この度、ゴールデン横丁の『tobyのTheナカミチ道』のコーナーを担当させて頂くことになりました。ほとんどの方が、私をご存じでないと思いますので、ご挨拶を兼ねて自己紹介をさせて頂きます。


オーディオ原体験

小学校低学年の時に図書館で読んだのが、子供向けの科学雑誌である「子供の科学」でした。この中に載っていたのが「ゲルマニウムラジオ」。この実体配線図を見ながら、カマボコの板に釘を打ち付け、リード線を絡げて作りました。その完成させたラジオを学校に持って行き、昼休みに屋上で夢中になって聴いていました。当時電気、電波という単語すら知らない、当然原理など判るはずもない少年が、摩訶不思議なラジオというものに目覚めた原体験だと思います。

原体験は成長とともに膨らみ、将来電気エンジニアになることを夢見て、大学は「電気工学」を選びました。そして大学時代は、秋葉原の電気街に足繁く通い、免許を取ったばかりの「アマチュア無線」の回路などを組んでいました。また、父親から譲り受けたシステムコンポでアメリカンポップスやフュージョンなどを聴いていました。高校時代はラジカセを使っていましたから、オーディオとの付き合いはこの時からです。

ナカミチとの出会い

父親は、私にシステムコンポを譲ったことで、新たなオーディオを手にします。後で考えると新しいオーディオを購入するために、私に譲ったと考えられなくもないです。(笑) そのオーディオの中に、ナカミチのカセットデッキ『680ZX』があったのです。当時、私のデッキはSONYのTC-K65でした。プランジャーの「ガッチャ」という大きな音を立てて動作するそれに対し、「スコッ」と小さな音で動作するナカミチのデッキに、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

ナカミチ zx-7 zx-9

すぐさま販売店に行き、入手したカタログを擦り切れるほど眺め、絶対にナカミチを手にすると心に誓ったのです。長期休暇の夏休みと冬休みには、アルバイトを掛け持ちし、手にしたお金を握りしめて秋葉原で購入したのが、1stナカミチとなる『ZX-7』でした。本当は『ZX-9』が欲しかったのですが、店員との価格交渉は思い通りにならず、予算内に収まりませんでした。ナカミチは他のメーカーに比べると、値引きが少ないことを知らなかったのです。次のアルバイトではスピーカーという具合に毎回ターゲットを絞り、システムコンポをベースに少しずつグレードアップしていきました。

ナカミチ収集の切っ掛け

大学を卒業し、就職したのはオーディオメーカーではなく、ICから無線機まで取り扱う通信機メーカーでした。念願だった電気エンジニアの仕事は予想以上に面白く、寝る間を惜しんで働いたこともあって、オーディオ的にはここから休眠期に入ります。マイホームを手にし、子供部屋が必要になった時にリフォームし、今のオーディオ部屋を手に入れます。それが10年ほど前でした。

そのオーディオ部屋を手にしたタイミングで、実家からZX-7を含めたオーディオ一式を引き上げます。それらは、かなりの期間放置されていたためにデッキは不動になっており、修理が必要でした。当時、私は技術職を離れて、半田ごてを触るのも久しぶりでした。丁度同じ頃、オークションではナカミチが数多く出品されていて、落札して修理する面白さに嵌ってしまったというのが、ナカミチ収集を始める切っ掛けでした。

デッキから始まり、チューナー、アンプとオーディオとして一式揃ったところで打ち止めにしようと思っていたのですが、元々収集癖があったこと、当時のオークションは今ほど高騰しておらず、ここまで来たら全モデルを集めてみようと思い、今日に至っています。

ナカミチの輪

ナカミチを収集する中で、知人から紹介されたのが『ステレオ時代』という雑誌でした。世代的にドンピシャであり、ハイエンドオーディオは無く、絶版モデルの中古オーディオが盛り沢山で、すぐにファンになりました。そのVOL.2の編集後記に「ナカミチDRAGONをスタジオ撮影させてくれる方募集」とあり、連絡したところ採用される幸運に恵まれ、それ以降『ナカミチ』関連でご協力させて頂いています。

その後は、ステレオ時代の澤村編集長にお誘い頂き、元ナカミチの方々とお会いする機会を得ました。取材現場に同席させて頂いたり、お宅訪問時に当時の貴重なお話しを伺ったり、修理で困った際に助けて頂いたりと、ナカミチを初めて知ったときには、全く想像出来なかった交流をさせて頂いております。

また、「ゴールデン横丁」運営会社代表である桜井さんとも前述のオークションで、ナカミチ関連の出品で出品者と落札者の関係になったのが切っ掛けで、桜井さんにお声掛け頂き、実際にお話する中で意気投合し、今回の運びとなりました。

最後に、私自身はこの様なコーナーを担当させて頂くのは初めての経験となります。皆様のご意見を伺い、ゴールデン横丁メンバーの方々のご協力を賜りながら、楽しんで頂けるコーナーにしたいと考えております。今後共御贔屓のほど、宜しくお願い致します。

ゴールデン横丁の仲間たち | toby(トビー)館長

https://goldenyokocho.jp/articles/1877

ナカミチの魅力にすっかり憑りつかれ、カセットデッキのコレクションはコンプリート間近に迫っている。ほかにもアンプやレコードプレーヤー、CDプレーヤーにDATそしてFMチューナーに至るまでフル・ナカミチのオーディオセットを所有。至福のリスニングルームに籠れば時間の経つのをつい忘れてしまうという。

関連する投稿


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


TPR-150 | アイワ - 努力賞をさしあげたいデザイン

TPR-150 | アイワ - 努力賞をさしあげたいデザイン

アイワのモノラルラジカセです。1970年代中ごろの製品と思われます。チューナーのスケールがFMだけ独立になっていたりスピーカーグリルもへこませてあったりと、デザインに工夫をこらした様子がうかがえます。


Mimesis SR POWER パワーアンプ | ゴールデムンド  - ハイスピードなサウンドのパワーアンプ

Mimesis SR POWER パワーアンプ | ゴールデムンド - ハイスピードなサウンドのパワーアンプ

スイスの高級オーディオメーカー、GOLDMUND(ゴールドムンド)のパワーアンプ。同社のラインアップではエントリークラスにあたる製品で、プリアンプのMimesis SR PREとペアになります。


『こんなものを買った』marantz CD650

『こんなものを買った』marantz CD650

前回、フィリップス製DAC搭載機で手軽にマランツトーンを味わってみよう、というコンセプトでやりましたが、やはり本当のマランツが欲しくて仕方なくなりました。


SK-6 | パイオニア - パイオニアの名に恥じないハンサムラジカセ

SK-6 | パイオニア - パイオニアの名に恥じないハンサムラジカセ

音響メーカー、パイオニアから発売された比較的コンパクトなステレオラジカセ。シンプルでいながら安っぽさのないデザインが魅力的です。


最新の投稿


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!



アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。