昭和っぽさの代表格「ホーロー看板」に町田忍が迫る

昭和っぽさの代表格「ホーロー看板」に町田忍が迫る

今回、庶民文化研究所の町田忍所長が紹介するコレクションは昭和っぽさを醸し出すレトロアイテムの中でも、ひときわ存在感を放つ「ホーロー看板」。大村崑さんで有名なオロナミンCなど、おなじみのホーロー看板が続々と登場する。ホーロー看板を見るだけで昭和にタイムスリップしそうだから不思議だ。


ホーロー看板と庶民文化研究所の町田忍所長

昭和の懐かしいホーロー看板…でもホーローってなんだ?

昭和っぽいレトロアイテムを語る上で欠かせないのが、このホーロー看板だろう…
ホーロー看板を見れば、きっと誰もが「昭和っぽいな」って思うと思うんだよね。
庶民文化の第一人者、町田忍さんが収蔵するホーロー看板からお宝級の看板が続々登場した!

さて、そもそもホーロー看板ってなんだ?
ホーロー看板と普通の看板の違いを語れる人間はいったいどれくらいいるだろう?というわけで、本編に入る前に少しばかりホーロー看板の雑学を町田さんに紹介してもらった。

ホーロー看板というものは、金属板の上にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けて作られたもの。
ガラスを溶かして色付けしたものでマスキングして画を作るから、割れたりすると、露出した金属板が錆びちゃうけど、そうでない限りは錆びない…なんて特性があるそうだ。
そのため、風雨にさらされる屋外や、水回りに最適な看板だったのだとか。

おいしいとメガネが落ちるんですよ…オロナミンC×大村崑さん

大村崑さん

まずは昭和っぽいホーロー看板のなかでも昭和を代表するホーロー看板のひとつと言えよう。
「オロナミンC」のホーロー看板。

「おいしいとメガネが落ちるんですよ」なんてコピーと、なんとも憎めない大村崑さんの笑顔がまぶしい有名なホーロー看板だ。まさか本物を間近で見られるなんて…。

大村崑さんご本人からサイン

しかも御本人のサイン入り!
なんでも町田さんが縁あって大村崑さんにお会いしたときに書いてもらったんだそうな…。
しかもしかも、町田さんが言うところによれば、この看板は初代の看板。

初代の看板はテレビ放映されていたものを写し取って、看板に流用していたとのこと。
大村崑さんも病み上がりでやつれているのだそう。
大村崑さんのほほにはシワがあるし、オロナミンCのフタが開いている。
二作目の看板から、フタもついた状態になり、大村崑さんのシワも消えている。

初代の看板に大村さん御本人のサイン入りとは、レア物ってことだねw

圧倒的な実家感…ボンカレー×松山容子

ボンカレー

続いて登場したのは、こちらも昭和の超有名なホーロー看板「ボンカレー」の看板だ!
かつて、あのブラックジャックが「どう食べてもおいしい」というほど、画期的なカレーであるボンカレーは、長らくこの松山容子さんの看板を使用していた。
なんだろうね、この包み込むような家庭の温かさがにじみ出る感じ( ´―`)フゥー...

ちなみに、町田さんが指差しながら説明してくれた情報によると、このレトルトのパック、ボンカレー的にはヒートパックというパックは、最初の頃は透明で、看板も透明なパックになっていたのだとか。
なので、この看板は二代目なんだよーと説明してくれている様子がこの写真なのであるw

蚊は遠ざけるけど男は近づく?アース渦巻×由美かおる

アース渦巻

艶めかしい脚線美を披露してくれているのは、あの永遠のオヤジのアイドル、そして水戸黄門のお色気担当、由美かおるさんである。彼女の前では誰だってうっかり八兵衛であるw
…ま、それは置いといて、このアース渦巻の由美かおるさんの看板も高い知名度を誇るのではないだろうか?

町田さんによると、由美かおるさんは1966年に「11PM」でデビューしたとのこと。もうデビュー時から男を惑わしていたんだねwたまらん…(*´ω`*)
このホーロー看板をドキドキしながら眺めていたオヤジもいると思うが、どうだろうか?

由美かおるさんとアース渦巻と町田忍さん

ドキドキしていたオヤジw

ちなみに、この由美かおるさんとセットでよく貼られていたのが水原弘さんを起用した殺虫剤「ハイアース」のホーロー看板。
残念ながら今回は「ハイアース」の看板はなかったが、いつかペアで見たいものである。

さて、ここでお気づきの方もいるかもしれないが、オロナミンCもボンカレーもアース渦巻も実は全部、大塚グループのもの!大塚グループっていうのはホーロー看板を使った広告がお家芸だったのだろうか…。

---------------------------------------------------------------------
町田:由美かおるはね、11PMでデビューしたんだよ!

ミノ:へー、じゃあもう最初からお色気路線だったんですね?(*´ω`*)

ポン:ホント、キレイよね~…ていうかごくごく最近までお色気担当やれてたってスゴイ…(゚A゚;)ゴクリ

町田:この看板もなかなか刺激的だよねw中学生なんかドキドキしちゃうwww
ここらへんとか(太ももあたり指差し…)

IT:確かにこれは健全な中学生はダメですねw
町田さんもドキドキされた?(・∀・)ニヤニヤ

町田:(・∀・)ニヤニヤ

と、いうわけで、今回はホーロー看板の中でもとりわけ知名度の高い看板を3つ紹介させてもらった!いずれも昭和っぽさ全開だった。有名なものだけに昭和の懐かしさが蘇ったのではないだろうか。…みなさんはその他、どんな看板を覚えていますか?

町田忍とホーロー看板│御三家よりもレア?由緒あるホーロー看板

https://goldenyokocho.jp/articles/2554

今回ご紹介するコレクションは昭和レトロアイテムの大御所「ホーロー看板」。町田さんが所有する、メジャーとは言えないけどマニアックなホーロー看板の数々をご紹介しよう!

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

雲翠泉~荒川区の珍しい関西型浴場~

東京に数多くある、素敵な銭湯を紹介!今回紹介する銭湯は荒川区三河島。三河島駅そばにある銭湯「雲翠泉(ウンスイセン)」。東京型の建物外観に、関西型の浴場を備えた珍しい銭湯。心の洗濯をしに、ひとっ風呂、いかがですか?


町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

町田忍の銭湯ペンキ絵修復に密着!~三河島・雲翠泉~

日本銭湯文化協会理事にして、自らも銭湯のペンキ絵を描く町田忍さん。そんな町田さんのペンキ絵修復作業に密着するチャンスが!三河島にある「雲翠泉(うんすいせん)」という歴史を感じる銭湯で、銭湯絵師・町田忍の仕事ぶりをレポートします!お楽しみに!


「駄菓子・なつ菓子研究所」TOP10 2位はあのゴルファーで注目されたアレ

「駄菓子・なつ菓子研究所」TOP10 2位はあのゴルファーで注目されたアレ

3月12日は「駄菓子の日」でした。駄菓子といえば懐かしい「なつ菓子」を紹介してきたゴル横「駄菓子・なつ菓子研究所」のコーナー。「駄菓子の日」にあやかって「ベストテン*」をまとめてみました。2位はしぶこ選手の活躍で注目されたあの駄菓子!(*2020年3月12日ゴル横調べ)


昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(2)

庶民文化研究の大家町田忍さんと「玉電と郷土の歴史館」を訪れたゴル横取材班。前回のレポートでは「玉電と郷土の歴史館」の大塚勝利館長と、町田さんの対話を中心にご紹介したが、今回は「玉電と郷土の歴史館」に展示されたコレクションをご紹介!玉電関連グッズはもちろん、大塚館長の琴線に触れた昭和なアイテムが続々登場するよ!


昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(1)

昭和レトロな「玉電と郷土の歴史館」を町田忍と行く(1)

庶民文化研究の第一人者町田忍さん。今回は、町田さんと昭和のレトロ文化を探訪する。訪れたのは「玉電と郷土の歴史館」。この「玉電と郷土の歴史館」、もともとは蕎麦店。店主の大塚勝利さんが店舗を活用して開いた。大塚館長と町田さんは旧知の仲。町田さんのお取り計らいで「玉電と郷土の歴史館」へ向かったゴル横取材班。玉電だけに留まらないおもちゃ箱のような「玉電と郷土の歴史館」での様子をレポートします!


最新の投稿


S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S600クーペ | ホンダ - ルーフ装着で耐候性と空力と剛性を向上させた【旧車】

S500の発売とともに爆発的な人気を集め、すぐにS600に進化したSシリーズ。 「スポーツカー」といえば2座オープンが当たり前だったところに、さらに着脱式のハードトップではなくはじめから設えられたルーフを持つ「クーペ」が追加されました。


【クルマニアックイズ】20本目

【クルマニアックイズ】20本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワーク/Men At Work - Who Can It Be Now? - 1981年

メン・アット・ワークはコリン・ヘイ(Vo)を中心にオーストラリアで結成された、5人組のロック・バンド。1980年にレコード・デビューし、ヘイの飄々としたヴォーカルや、サックスやフルートを交えたバラエティ豊かな作品で人気を確立。80年代前半を中心にヒット作を出し、オージー・ロックの先駆けとなりました。


シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

シビックSi | ホンダ - グランドシビックのデザインモチーフはヒラメ!?【旧車】

TC(日本ツーリングカー選手権)でも活躍や、峠や環状線などでも俊足を誇った先代「ワンダーシビック」の正常進化版として、1987年にモデルチェンジした「グランドシビック」こと4代目・EF型です。


キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッス/Kiss - Detroit Rock City - 1976年

キッスはポール・スタンレー(G/Vo) 、ジーン・シモンズ(B/Vo) 、エース・フレーリー(G/Vo)、ピーター・クリス(Ds/Vo) により1974年にデビューしたアメリカのロックバンド。白塗りの化粧と奇抜な衣装に身を包み、ド派手なセットで演奏するストレートなハード・ロック・ナンバーと火吹きや吐血などのパフォーマンスで大人気に。シングル、アルバム総売り上げは1億1000万枚にのぼります。