ベレット1600GT-R | いすゞ - 和製アルファの異名をとった名車【旧車】

ベレット1600GT-R | いすゞ - 和製アルファの異名をとった名車【旧車】

いすゞ・ベレット1600GT-Rです。PR91W型です。1963年から73年まで生産されたいすゞの主力小型車でした。日本車で初めてGTを名乗ったのはベレットでした。JCCAニューイヤーミーティング in お台場2017で撮影しました。


和製アルファロメオの異名が誇らしい

いすゞ ベレット1600GT-R

・モデル名 :ベレット1600GT-R
・世代/型式:初代のみ/PR91W型
・メーカー名:いすゞ
・年式   :1970
・撮影場所:JCCAニューイヤーミーティング in お台場2017

高い運動性能と低く構えたスタイリング、そして日本車として初となる「GT」の名乗り・・・!長く名車として愛される要素はたっぷりの名車だね。「和製アルファロメオ」という異名も少しくすぐったいけれど誇らしいね。

いすゞ ベレット1600GT-R リア

エンジニアが精魂込めたベレット

いすゞ ベレット1600GT-R フロント

開発はエンジニア主導で行われ、当時の最新技術が意欲的に盛り込まれた。日本車初のディスクブレーキ、4輪独立懸架(前輪はダブルウィッシュボーン、後輪はダイアゴナルスイングアクスル)、応答性に優れたラック&ピニオンによるステアリングなど。エンジンはOHVにSOHC,さらにDOHCタイプもラインアップ。ディーゼルもあったね。
卵をモチーフとしたスポーティーなボディに先進メカニズムを満載。 小メーカーのいすゞゆえに、ベレットに賭ける意気込みはさぞや高かったことだろうね。

関連する投稿


【クイズ・旧車千本ノック】226本目

【クイズ・旧車千本ノック】226本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。


【クイズ・旧車千本ノック】225本目

【クイズ・旧車千本ノック】225本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


 NSX/ホンダ - ザ・ニッポンのスーパーカー【旧車】

NSX/ホンダ - ザ・ニッポンのスーパーカー【旧車】

ホンダのスポーツカー、NSXです。世界初のオールアルミボディにVTECエンジンをミッドシップマウント。日本が生んだ本格的スーパーカーです。


フェアレディZ ターボ/日産 - ロングノーズ・ショートデッキが見事【旧車】

フェアレディZ ターボ/日産 - ロングノーズ・ショートデッキが見事【旧車】

日産・フェアレディZの2代目、S130型です。北米で人気を博した初代からキープコンセプトで実用性を向上。初代につづき大成功を収めました。


最新の投稿


20世紀最大のレスラー鉄人ルー・テーズのバックドロップ

20世紀最大のレスラー鉄人ルー・テーズのバックドロップ

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「20世紀最大のレスラー鉄人ルー・テーズのバックドロップ」をお届けします。


【クイズ・旧車千本ノック】226本目

【クイズ・旧車千本ノック】226本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー者」をお届けします。


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。