松崎さんも町田さんもハマってた!青春をラジオに捧げた男たちのBCLエピソード!

松崎さんも町田さんもハマってた!青春をラジオに捧げた男たちのBCLエピソード!

ゴル横のレトロラジカセ館や、オヤジのグルキャンなどなど、折に触れてゴル横に登場する「BCLラジオ」。前回の町田さんと松崎さんの対談でも、当然のように話題に上がっていた。やっぱ昭和のオヤジはみんなBCLラジオの虜、なんだよね?いわば昭和の必修科目? と、いうわけで、オヤジの中でも筋金入りのオヤジ、町田忍と松崎順一、さらに我がゴル横の会長が加わったBCL思い出話の様子をどうぞw


男は黙って、BCLラジオ!だろ?

ゴル横の読者たる昭和オヤジたちからすれば、すでに常識かもしれないが、まずはそもそも『BCLラジオってなんなのさ?』ということをお話しておきたい!

BCL=Broad Casting Listeningのことで、主に短波を使って行われる海外の放送を視聴して楽しむことを指す言葉だ。ラジオが受信する電波には一般的な中波放送やFM放送のほか、短波放送というものがあって、この短波放送だと海外のラジオなんかが聞けたりしたわけだ。なんとなく、思春期に外国にかぶれちゃう感じ、わかるよねーw

で、その短波放送を聞くことが1970年中代頃から一大ブームとなった。このブームを受けて、各家電メーカーが会長や松崎さんが喜ぶBCLラジオを次々とリリースした。そんな大人の策略もあって、当時の少年たちはよりマイナーな放送を受信するために四苦八苦するわけなのであったw

町田・松崎・会長のBCLエピソード!

そんなBCLブームど真ん中を過ごしたお三方。ラジオの話をすれば、当然BCLの話になるわけで、様々なBCLあるあるが飛び出してきたw

【BCLあるある1】受信感度を高める涙ぐましい努力

松崎:BCLが流行ったのは、だいたい昭和49年(1974年)頃かな?

町田:そうそう。僕は学生運動のときに初めて聞いたんだw

松崎:僕はまだ中学生くらいだったから、親のラジオをひったくって毎夜毎夜聞いていたなぁ……。海外の放送を聞くために、秋葉原のジャンク屋でワイヤーを買って、部屋に張り巡らせたりとかしてたなぁw

BCLといえばベリカード集めなどの他に、いかに微弱な電波をキャッチして珍しい放送局のラジオを聞くか、なんてことでも仲間内で張り合っていた。だから受信感度を出来る限り高めようと、様々な創意工夫が用いられていたのである。

また、短波放送は狭い周波数帯に様々な放送局があるため、チューニングのつまみを少し動かすだけで放送が聞こえなくなってしまう……。

松崎:なるべく細かく調整できるように、僕はつまみにラジコンのタイヤをつけてたねーw ほら、円が大きくなれば細かく調整できるでしょ?だからなるべく大きいタイヤをつけて……自分ではファインチューニングって呼んでたなぁ

世のオヤジたちはこんな松崎さんの工夫のほかに、いったいどんな工夫をしただろうか?ぜひとも教えてほしいものである。


【BCLあるある2】ジャミング

町田:当時は北朝鮮とかソ連とかからジャミングされてたりしたよね。あと、暗号が流れたりw

ミノ:ええ?Σ(゚Д゚) それ、ホントにあったんですか?w

町田:うん、日本の同胞に対してのメッセージなのかな?

松崎:そうそう、モールス信号みたいな感じで

会長:でもあれは、符牒がないとわかんないけどねw


実は今でもあると言われていて、当時も話題になっていたのがジャミング。ソ連側からボイス・オブ・アメリカにジャミング掛けたりとかっていうのはよくあったそうな。考えてみれば冷戦真っ只中だし、当然ちゃー当然か?いや、当然にしちゃうのはちょっと怖いな(;´∀`)

北朝鮮からはジャミングのほか、メッセージが送られてきたなんて話も……。夜になるとキャッチできて、なにやら怪しげなモールス信号らしき音声が聞こえてきたそうな…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


【BCLあるある3】電波干渉で怪奇現象多発

これはBCLというよりはアマチュア無線のあるあるなのだが、面白かったので紹介w

町田:僕ん家の前がアマチュア無線やってる人で、その音がラジオに入っちゃったりしてたんだよねw アマチュア無線の協会に連絡したら解消したけど…

会長:ラジオだけじゃなくて、テレビにも入ったりしますよねぇ

ミノ:ダンプの強力な電波とかヤバイですよね。ダンプが通るとテレビが乱れたり、ラジオから変な音聞こえたりとか……w

松崎:テレビの中間周波帯と無線の帯域がかぶって、音が聞こえたりするんだよね。テレビから奇妙な声が聞こえたり……。昔の怪奇現象とかほとんどそれが原因だったりしてw ダンプは下手すると信号にまで影響出るからね


いわゆる混線で起こるトラブルも懐かしいもの。電波やら電磁波やら出してるわけだから周辺の電気機器に影響が出るのは、当然といえば当然なのかもしれない。しかしダンプの違法無線とか、通り過ぎるだけで影響が出るとかちょっと怖い……。むしろ運ちゃんが平気なのか気にかかっちゃうレベルだねw

ここまで、BCLあるあるをご紹介してきてみたが、いかがだっただろうか?思い当たるあるあるが、実はけっこうあったんじゃないだろうか?( ̄― ̄)ニヤリ

最後にゴル横一のオーディオマニアでラジカセ好きの会長から、現在もBCLを愛してやまない同胞に向かって、ちょっとした情報を提供しようw

短波放送の検索サイト

https://short-wave.info/

いざBCLを聞こうってときに放送局の周波数や放送時間がわからないといろいろ大変。そこで、会長がおすすめするのが、こちらのサイトだ。いわば当時の「ワールド・レディオ・ティービー・ハンドブック(WRTH)」のネット版というもので、会長もグルキャンのときに利用していたんだそうなw

このときの通信兵ねwこのときはクーガーとスカイセンサーを持ち込んでいたそうな……。会長も所持している、いわゆる御三家と称される、ソニーのスカイセンサー5900、ナショナルのクーガ2200、東芝のトライX2000を始めとしたBCLラジオは、ゴル横の「レトロラジオ・ラジカセ館」で紹介しているので、この話でBCL熱に火が付いたオヤジはぜひチェックしてみてほしい!

■レトロラジオ・ラジカセ館

やっぱり若い頃にハマったものっていうのはいくつになっても胸をアツくしてくれるもんだね!これを機に、ぜひ世のオヤジたちもBCLラジオを再開したらいいと思うw

関連するキーワード


カルチャー おや充ライフ

関連する投稿


【昭和レトロ写真館】脱穀機

【昭和レトロ写真館】脱穀機


アポロ | 明治 - 世界一身近な宇宙グッズ

アポロ | 明治 - 世界一身近な宇宙グッズ

アポロ11号が月面へ降り立った1969年、あの頃は誰もが宇宙の旅を夢見ていた。時は流れて半世紀、キューブリックの描いた2001年を経て、未だに宇宙は憧れの地で──遠い月に想いを馳せる『アポロ』について。


まちだ交遊録│【速報】伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問

まちだ交遊録│【速報】伍阡坪の秘密基地 ~ FLAT4 小森邸訪問

今回は町田さんのディープでドープな交友関係を探るまちだ交遊録のコーナー!今回はなんとあの、FLAT4・小森さんの神奈川県は横須賀、佐島にあるご自宅にお邪魔してきました!まずはざっくり見どころをご紹介!


【昭和レトロ写真館】G.I.ジョー

【昭和レトロ写真館】G.I.ジョー


キャベツ太郎 | 菓道 - どうみてもキャベツには見えないスナック菓子

キャベツ太郎 | 菓道 - どうみてもキャベツには見えないスナック菓子

たこ焼きふうのスナック菓子。どうみてもキャベツには見えない。


最新の投稿


ブロウ・モンキーズ/The Blow Monkeys - Digging Your Scene - 1986年

ブロウ・モンキーズ/The Blow Monkeys - Digging Your Scene - 1986年

ヴォーカルの伊達男ぶりでも人気だった実力派ソウル・バンドの代表作。 ブロウ・モンキーズはドクター・ロバート(Vo,G)を中心に、サックス、ベース、ドラムの4人で結成され、1981年にデビューしたイギリスのバンド。ソウルやR&Bなど幅広い要素を内包する音楽性から、同時代に活躍したスタイル・カウンシルとしばしば比較されましたが、ポール・ウェラーと曲を共作するなど密な関係でもありました。ロバートの華やかなルックスや歌唱力でも人気を集めました。


【クイズ・旧車千本ノック】202本目

【クイズ・旧車千本ノック】202本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

いつも「イィーッ」と大挙登場しては簡単に蹴散らされる運命のショッカー戦闘員。これはヒラ社員にあたる下級戦闘員「黒」です。おや、なにやらブツブツ言い始めましたよ・・?


トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)の画像アーカイブ【旧車】

トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


ギャランGTO 1600MR | 三菱 - 後端がハネ上がった「ダックテール」がいい【旧車】

ギャランGTO 1600MR | 三菱 - 後端がハネ上がった「ダックテール」がいい【旧車】

三菱のスポーティークーペ、ギャランGTOです。ダックテールを取り入れたのは日本車として初めてです。のちにセリカなどフォロワーが出ました。MRはDOHCエンジンを搭載する最高グレードです。