バングルス/The Bangles - Eternal Flame - 1989年

バングルス/The Bangles - Eternal Flame - 1989年

80年代に活躍した女性ポップ・バンド。


この曲はアメリカとイギリスをはじめ世界9カ国で1位に輝く大ヒットとなりました。

The Bangles - Eternal Flame

YouTube 提供:VEVO

収録アルバム:Everything

・3枚目のスタジオアルバム
・リリース:1988年10月
・収録曲
1.   "In Your Room"
2.   "Complicated Girl"
3.   "Bell Jar"
4.   "Something to Believe In"
5.   "Eternal Flame"
6.   "Be With You"
7.   "Glitter Years"
8.   "I'll Set You Free"
9.   "Watching the Sky"
10. "Some Dreams Come True"
11. "Make a Play for Her Now"
12. "Waiting for You"
13. "Crash and Burn"

関連する投稿


アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

71年デビューのフォーク・ロック・トリオ。 この曲を収録したアルバムがミリオンセラーになり、グラミーの最優秀新人賞を受賞。


アール.イー.エム/R.E.M. - Losing My Religion - 1991年

アール.イー.エム/R.E.M. - Losing My Religion - 1991年

1980年にマイケル・スタイプ(vo)など4人のメンバーで結成されたアメリカのオルタナティヴ・ロック・バンド。文学的で政治的な歌詞やアート性の高い楽曲から、1980年代のUSカレッジ・チャートの雄として早くから頭角を現しました。その後、マンドリンやアコーディオン等のトラディショナルな楽器を取り入れて音楽性を深化させると、代表作のひとつ「Losing My Religion」として結実。全米ビルボード4位を記録し、グラミー賞2部門(最優秀ポップ・パフォーマンス賞、最優秀短編ミュージックビデオ賞)を受賞しました。


レディオヘッド/Radiohead - Creep - 1992年

レディオヘッド/Radiohead - Creep - 1992年

レディオヘッドは1992年にデビューしたイギリスのバンド。当初はギター中心のオルタナティブ・ロック・バンドでしたが、徐々にエレクトロニカやヒップホップ、現代音楽などの要素を吸収し、曲も緻密で複雑な構成に。2000年の『Kid A』ではいわゆるロック・バンドの範囲からはみ出るほど電子音楽の色彩が濃い内容に先鋭化しましたが、いまだに多くのファンをつかんでいます。今年2019年にロックの殿堂入り。


デバージ/DeBarge - Rhythm Of The Night - 1985年

デバージ/DeBarge - Rhythm Of The Night - 1985年

デバージは70年代後半から80年代前半に活躍した、アメリカのR&Bポップグループ。メンバーはDeBargeファミリー。ボーカルのエル・デバージはソロとしても活躍しました。


デヴィッド・ボウイ/David Bowie - Let's Dance - 1983年

デヴィッド・ボウイ/David Bowie - Let's Dance - 1983年

イングランド出身。「ミュージシャン」の枠を超えたマルチタレント・アーティスト。グラム・ロック、ソウル、実験的なベルリン3部作など、生涯に渡って変化し続けたロック・スター、デヴィッド・ボウイ。ライブ・パフォーマンスに歌舞伎など日本文化の要素を取り込む、親日家でもありました。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】85本目

【クルマニアックイズ】85本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

71年デビューのフォーク・ロック・トリオ。 この曲を収録したアルバムがミリオンセラーになり、グラミーの最優秀新人賞を受賞。


昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アフターファイブ」。………定時が5時ってどんなホワイト企業ですか?


ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

一目瞭然、ナショナルの電球のかんばんです。なんでも擬人化するイラストはホーローかんばんの18番ですが、この電球さんもなかなか味わいのある表情。帽子をかぶった状態だとかなり微妙な絵になったと思われます。


【クルマニアックイズ】84本目

【クルマニアックイズ】84本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!