デヴィッド・ボウイ/David Bowie - Starman - 1972年

デヴィッド・ボウイ/David Bowie - Starman - 1972年

ジギー・スターダストが星に帰ってから、3年が経ちました。 グラム・ロック、ソウル、実験的なベルリン3部作など、生涯に渡って変化し続けたロック・スター、デヴィッド・ボウイ。ライブ・パフォーマンスに歌舞伎など日本文化の要素を取り込む、親日家でもありました。全米・全英1位を獲得した「★(Blackstar)」をリリースして間もない、2016年1月10日に亡くなりました。


5年後に迫る地球滅亡の危機に際し、宇宙からやってきたロック・スター「ジギー・スターダスト」の物語を描いたボウイの代表作アルバム。ライブではボウイ自身がジギーとなり、パフォーマンスを行いました。「Starman」はその中の一曲で、ジギーの曲を聞いた若者の視点から書かれた歌詞と、アコースティック・ギターとストリングスを強調した華麗なメロディで人気を集めました。

YouTube 提供:David Bowie

収録アルバム:The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars(邦題:ジギー・スターダスト)

・5枚目のスタジオ・アルバム
・リリース:1972年6月
・収録曲
1.   "Five Years(5年間)"
2.   "Soul Love(魂の愛)"
3.   "Moonage Daydream(月世界の白昼夢)"
4.   "Starman"
5.   "It Ain't Easy"
6.   "Lady Stardust"
7.   "Star"
8.   "Hang On to Yourself(君の意志のままに)"
9.   "Ziggy Stardust(屈折する星くず)"
10. "Suffragette City"
11. "Rock 'n' Roll Suicide(ロックン・ロールの自殺者)"

【関連リンク】

関連する投稿


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。


キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

キンクス/The Kinks - Sunny Afternoon - 1966年

UKロックの始祖バンドが黄金期の始まりを告げた曲。 キンクスはレイ(vo,g)とデイヴ(g)のデイヴィス兄弟によって1964年に結成されたイギリスのバンド。UKロックの始祖的な存在で、キンクスに影響を受けたヴァン・ヘイレンやザ・ジャム、プリテンダーズなど後進のミュージシャンが70年代後半以降、曲をカヴァーしたことから、再度注目を集めるなどカルト的な人気を保ちました。96年に解散。


エルヴィス・コステロ/Elvis Costello - Everyday I Write The Book - 1983年

エルヴィス・コステロ/Elvis Costello - Everyday I Write The Book - 1983年

エルヴィス・コステロはイギリス出身のミュージシャン。1974年にパブ・ロックの大物、ニック・ロウのプロデュースでデビューし、パンク/ニューウェイブ系のサウンドで人気を獲得、「怒れる若者」とも言われました。21世紀に入る頃からジャスやR&Bなど従来の枠に収まらない作品を発表し、現在も精力的に活動しています。なお、芸名のエルヴィスはプレスリーに由来するのだとか。


アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire - Reasons - 1975年

アース・ウインド&ファイアー/Earth, Wind & Fire - Reasons - 1975年

フィリップ・ベイリーのパワフルなファルセットが圧巻。 EW&Fは1970年のデビューから現在まで長いキャリアを誇るアメリカのR&Bバンド。モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツイン・ヴォーカル、モーリスの弟・ヴァーダイン(b)を中心とするリズム隊の強靭なグルーヴ、重厚なホーン・セクションの華麗なハーモニーで70年代を中心にヒット曲を量産しました。日本での人気は母国・アメリカに匹敵するほどで、DREAMS COME TRUEなど多くの日本人ミュージシャンに影響を与えました。


最新の投稿


【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1990

【昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る】SONY スタジオシリーズ CF-1990

ビデオ工房トパーズを主宰するオーディオ研究家の中村雅哉さんがマニアックに深堀する「昭和のラジカセ!! 実機や資料から魅力を探る」シリーズ。今回は20cmウーハー搭載で音質を極めた「SONY スタジオシリーズ CF-1990」をお届けします。


ソニー スカイセンサー5900 カタログ

ソニー スカイセンサー5900 カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は今でも謎の紅茶キノコが流行った1975年のソニーのスカイセンサー5900のカタログを取り上げます。


ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

スーパーカーブームのころ、アメ車のスポーティカーとして人気があったマスタングだ。当時は「ムスタング」って呼んでたよね。


ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディー/Blondie - Sunday Girl - 1979年

ブロンディはブロンドヘアーに赤い唇が特徴の女性フロントマン、デボラ・ハリー(Vo)を中心とするロック・バンド。1970年代中頃に結成され、当初はニューヨーク・パンク一派のバンドでしたが、後にディスコやレゲエ、ラップなど当時流行したサウンドを巧みに取り入れ、ヒット作を連発しました。アメリカのバンドですが、イギリスで特に根強い人気があります。


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。