LX38 プリメインアンプ | ラックスマン - 名機サンパチの熟成モデル

LX38 プリメインアンプ | ラックスマン - 名機サンパチの熟成モデル

ラックスマンの真空管式プリメインアンプ「サンパチ」です。出力管に50CA10を採用したモデルとしては第四世代にあたります。


長年にわたり熟成された真空管式プリメインアンプ

lx38 プリメインアンプ ラックスマン

モデル名     :LX38
カテゴリー    :プリメインアンプ
メーカー/ブランド:ラックスマン
発売年      :1978年
当時の定価    :198,000円
取材協力     :ハードオフコーポレーション様

トランジスタ時代にも色あせない名機

オーディオのデバイスがトランジスタ主流になってきた1970年代後半に、あえて真空管にこだわった熟成のモデルです。1963年(昭和38年)にデビューした初代サンパチとなるSQ-38は、三極管6RA8を出力管に採用。小出力ながらも刺激のないまろやかなサウンドと国産離れした美しいデザインが評判を呼びました。
1968年には出力管に50CA10を採用したSQ-38Fが誕生。30W+30Wと十分なパワーを獲得しました。その後、SQ-38FD, SQ-38FD2と改良を重ね、LX38でははじめてプリント基板を採用するなど構造の見直しを図っています。ウッドキャビネットは別売になっています。

lx38 プリメインアンプ ラックスマン フロント中央

左右シンメトリーなつまみ配置とセンターのスイッチがマランツのアンプと似たイメージです。ローブースト、ローカット、ハイカットを備えています。

lx38 プリメインアンプ ラックスマン フロント左

トーンコントロールは高音・低音それぞれに3段階のターンオーバー周波数を選ぶことができます。

lx38 プリメインアンプ ラックスマン フロント右

再生モードはノーマルステレオのほか、リバースステレオ、片チャンネルモノラル、合成モノラルなどあらゆるモードが選択できるようになっています。

lx38 プリメインアンプ ラックスマン 入出力端子

フォノ入力は2系統。プリアンプとメインアンプを切り離して使うこともできます。

lx38 プリメインアンプ ラックスマン リアパネル

実効出力      :30W/30W(8Ω、4Ω)
全高調波歪率    :0.1%以下(10W、1kHz)
           0.4%以下(定格出力時、1kHz)
           1%以下(定格出力時、50Hz~15kHz)
混変調歪率     :0.4%以下(8Ω、定格出力時、60Hz:7kHz=4:1)
周波数特性     :30Hz~40kHz -1dB(8Ω、1W)
入力感度      :Phono1、2:2mV
           Tuner、Aux1、2、Monitor1、2:160mV
入力インピーダンス :Phono1、2:50kΩ
           Tuner、Aux1、2、Monitor1、2:100kΩ
SN比        :Phono1、2:75dB以上
          :Tuner、Aux1、2、Monitor1、2:95dB以上
ダンピングファクター:16以上(8Ω、1kHz)
消費電力      :150W
外形寸法      :W440 x H162 x D343mm
重量        :20.1kg

買取・販売の【リサイクルショップ】ハードオフグループ|買取強化中!

https://www.hardoff.co.jp/

オーディオ・楽器・本・ゲーム・パソコン・カメラ・家具・フィギュアなど、取扱商品多数!日本全国【ハードオフグループ】親切丁寧に買取致します。宅配買取なら売りたいものを箱に詰めてお送り頂くだけ!安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!

関連する投稿


AXIOM80 スピーカーユニット | グッドマンズ - カンチレバーでコーンを支えるユニークな構造

AXIOM80 スピーカーユニット | グッドマンズ - カンチレバーでコーンを支えるユニークな構造

GOODMANSはイギリスのブランド。AXIOM80は1960年頃に発売されたフルレンジ・スピーカーユニットです。


CFS-C7 | ソニー - 音楽をつくる楽しみを提案した複合ラジカセ

CFS-C7 | ソニー - 音楽をつくる楽しみを提案した複合ラジカセ

『コードマシン』と名付けられた、演奏・録音ができるステレオ・ラジカセ。


T-110 FMチューナー | ラックスマン

T-110 FMチューナー | ラックスマン

ラックスマンから1975年に発売されたFM専用チューナーです。5連バリコンを採用しています。


はじめまして - 『tobyのTheナカミチ道』始まります!

はじめまして - 『tobyのTheナカミチ道』始まります!

はじめまして。ナカミチを収集している「toby館長」と申します。この度、ゴールデン横丁の『tobyのTheナカミチ道』のコーナーを担当させて頂くことになりました。ほとんどの方が、私をご存じでないと思いますので、ご挨拶を兼ねて自己紹介をさせて頂きます。


PM2C スピーカーユニット | LOWTHER  - 知る人ぞ知るダブル・コーン型フルレンジ

PM2C スピーカーユニット | LOWTHER - 知る人ぞ知るダブル・コーン型フルレンジ

Lowther(ラウザーまたはローサーと呼ばれるようです)は、イギリスの古参オーディオブランド。本スピーカーはダブル・コーンが特徴の20cmフルレンジで、バックロードホーン型エンクロージャーとの相性が良いと言われています。知る人ぞ知るスピーカーユニットで、日本での流通量は極めて少ないと思われます。


最新の投稿


ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

いすゞ・ベレットの1600GTファストバック・型式PR91Gです。わずか349台しか販売されなかった稀少な受注生産車です。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

イギリスが誇るモッズ・バンドの代表作。スモール・フェイセスはスティーヴ・マリオット(Vo,G)とロニー・レーン(B,Vo)を中心に結成し、1965年にデビューしたバンド。メンバー全員がモッズで、R&Bの影響を受けたブリティッシュ・ロック・サウンドで人気を集めました。スティーヴはその後、ハンブル・パイ結成のため脱退し、残りの3人はロッド・スチュワート(Vo)、ロン・ウッド(G 現ローリング・ストーンズ)を迎えて新たにフェイセズを結成しました。2012年、フェイセズと共にロックの殿堂入り。


フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

ダイハツ・フェローの2代目・L38型です。前輪駆動にレイアウトを変更したフェローMAX。軽のパワー競争のあおりで一時はリッターあたり100馬力を超える高出力エンジンを搭載したモデルがありました。「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】110本目

【クイズ・旧車千本ノック】110本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!