ペット・ショップ・ボーイズ待望の来日。耳と目と身体全体で楽しむエレクトロ・ポップの世界

ペット・ショップ・ボーイズ待望の来日。耳と目と身体全体で楽しむエレクトロ・ポップの世界

エレクトロニックなダンス・ミュージックにポップな歌をのせて80年代から無数のヒット曲を放ってきた彼らが久々の来日。19年ぶりの単独公演に期待が集まった、ビジュアルとサウンドが融合したステージとは?


本日の曲:Pet Shop Boys - West End Girls

全英・全米1位の大ヒットとなったペット・ショップ・ボーイズの代表作。2012年のロンドン五輪閉会式でも演奏され、観衆の喝さいを浴びたのだとか。四角頭のダンサーを従えて歌う、こちらの映像は2009年のライブより。

YouTube 出典:Pet Shop Boys

皆さん、クラブで遊んだりしますか?

店番  :北中さんはクラブで遊んだりしますか?

北中さん:「あら、社長さん、ずいぶんごぶさたね」が口ぐせのママさんがいるような銀座のクラブはよく行きます。映画『社長漫遊記』の世界です。といっても若い人は誰も知らないか。

店番  :えっ⁉ それは意外というか、イメージ合わなさすぎ。

北中さん:でしょ。冗談ですよ。冗談。ご質問のクラブは、平坦に発音するほうのクラブですね。エレクトロニックなダンス・ミュージックがかかってる。

店番  :ああ、びっくりした。そうですよ。お皿を回すDJがいるクラブです。あ、若い人はこの言い方もしないか…。

ペット・ショップ・ボーイズのクリス・ロウ。お皿(アナログ盤レコード)ではなく、コンピュータに入っている音源を直接操作している模様。 Photo: angela n.

北中さん:かつては青山や西麻布のクラブに足を運んだことがあります。旅先のニューヨークやロンドンや香港や台北でも行きました。

店番  :DJもやられるんですか?

北中さん:ええ。選曲重視のDJを頼まれてやったこともあるし、遊びでやったこともあります。最近はライブ・ハウスやカフェ・バーがクラブ的なイベントをやることも多いでしょ。友だちどうしでDJパーティを楽しんでいる人も普通にいますね。

身体全体で聞くとわかる、クラブ・ミュージックの楽しさ

店番  :クラブに足を運んだのはお仕事で?

北中さん:ほとんどそうです。家でレコードを聞いてもおもしろさがわからない音楽が、なぜウケているのか知りたくて行ってみたんです。

店番  :家とクラブでは、聞き方が変わるものなんですか?

北中さん:変わりましたね。音が空間全体から大音量で降り注いでくるので、耳だけでなく体全体で聞く感じ。それは普通の家の再生装置でも、イヤフォンでも味わったことのない感覚でした。

かかる曲もAメロがあって、Bメロに変わって、サビの部分があって、みたいなポップな構成ではなく、リズム中心で、そのくりかえしのパターンが少しずつ変わっていくような幾何学的な音楽が多いんです。リズムの変化の過程でワアーっと盛り上がる部分があったりするのは、クラブに行ってみてはじめてわかったことでした。

2010年のグラストンベリー・フェスティバルでのペット・ショップ・ボーイズ。今やクラブ・ミュージックはロック・フェスでもお馴染みに。 Photo: neal whitehouse piper

クラブというハコを楽器のように使うDJの音作り

店番  :なるほどー。音楽の楽しみ方のポイントがちがうんですね。

北中さん:音楽の作り方も変わりました。クラブ系の音楽のはじまりはニューヨークやシカゴのクラブから生まれた「ハウス」という音楽ですが、ニューヨークの伝説的なクラブだったパラダイス・ガラージュは、フロアの下に砂を敷いて朝まで踊っても疲れないように工夫して作られていました。開店前には照明や音響の設計・調整にすごい時間をかけていたそうです。

ロックでは、ビートルズの『サージェント・ペパーズ』以降、レコーディング・スタジオや機材も楽器の延長のように使いこなすことが珍しくなくなりましたが、DJたちはターンテーブルやクラブというハコ(場所)まで楽器とみなして音作りをはじめたわけです。

店番  :いまの話を聞くと、ピアノをポロンポロン弾くとか、ギターを抱えてギュイイ~ンとのけぞるとか、そういう音楽と発想そのものがちがうような気がします。

北中さん:DJカルチャーという言葉が使われているくらいですからね。

2009年のニューヨークでのライブ Photo: Vladimir

単独公演は19年ぶり!ペット・ショップ・ボーイズが日本に

北中さん:DJカルチャーといえば、久々に来日するペット・ショップ・ボーイズに「DJカルチャー」というヒット曲があります。クラブでファンタジーの世界に溺れて踊りながら夜が明けるのを待つ人たちのことをうたった歌です。
ペット・ショップ・ボーイズはDJ的な音作りで人気のイギリスのグループですが、この曲はクラブ・カルチャーの中にいながら、クラブ・カルチャーを冷静に眺めているような風刺をこめたシニカルな歌です。

店番  :彼らはイギリスではたくさんのトップ・テン・ヒットがあるエレクトロ・ポップのデュオですね。

北中さん:クラブ系の音楽はアメリカで生まれましたが、当初はアンダーグラウンドな動きでした。しかしイギリスやヨーロッパに渡って独自に成長して、レイヴ・カルチャーと呼ばれるオーバーグラウンドな文化現象になっていきました。

コアなクラブ・ミュージックは歌がないか、あってもくりかえしのフレーズだけ、みたいなものが多いのですが、ペット・ショッブ・ボーイズはクラブ・ミュージック的なサウンドにポップな歌をのせて80年代から現在まで無数のヒット曲を放ってきました。

2009年、スペイン・バルセロナにて Photo: patchattack

北中さん:ディスコ・ミュージックの進化形といった面もあって、ヴィレッジ・ピープルの「ゴー・ウェスト」をカヴァーしたこともあります。
全英ナンバー・ワンが「ウェスト・エンド・ガールズ」「イッツ・ア・シン」「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」(ブレンダ・リーのカヴァー)「ハート」の4曲です。「ウェスト・エンド・ガールズ」はアメリカでも1位になりました。

店番  :彼らの曲のメロディはウェットな哀愁味のあるものが多くて、親しみやすいですよね。

ペット・ショップ・ボーイズのヴォーカリスト、ニール・テナント Photo: Maltesen

ダンスや映像などヴィジュアルにこだわったステージに定評が

北中さん:その点はイギリスのロックやポップ・ミュージックの伝統を受け継いでいる感じがしますね。ただしサウンドはロックやR&B的なものでなく、エレクトロニックなクラブ・ミュージックの手法で作られています。ロックンロール嫌いの理由を説明した曲まで発表したことがあります。
もうひとつ見逃せないのはヴィジュアル面です。

店番  :コスプレとかファッションですか?

独特な美意識を反映したライブの演出に定評アリ Photo: Vladimir

北中さん:はい。より正確に言うと、ジャケットのアート・ワークからビデオの映像まで、凝った作品が多いんです。また、ライヴでも演劇、ダンス、オペラ、映像、照明などの要素の組み合わせが観どころになっています。本人たちは踊りまくるわけではないんですが、音楽の内容をふくらませた豪華な演出が観ものです。

店番  :目でも楽しめるコンサートなんだ…。

北中さん:彼らのツアーには、1989年に映画監督のデレク・ジャーマンが演出した頃から、いつも有名な演出家が関わっています。新国立競技場のコンペで話題になったザハ・ハディッドが舞台芸術を担当したこともありました。

Photo: Ben Sutherland  

Photo: chinnian      

関連する投稿


ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones - Start Me Up - 1981年

アイデアを思いついてからリリースまで5年かかった作品。 1962年のデビューから半世紀以上の歴史を築き上げ、現在も現役のロック・バンド。ブルース/R&Bをベースにパンクやレゲエ、ディスコなど時代の音楽トレンドを上手く取り入れつつ、数多くのヒット作を出してきた、言わずと知れたレジェンドです。81年当時のメンバーはミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、ロン・ウッド(G)、チャーリー・ワッツ(Ds)、ビル・ワイマン(B)。


ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Leave A Light On - 1989年

世界各国でチャートインしたヒット作。 ベリンダ・カーライルは女性バンドとして初の全米1位に輝いたガールズ・ロックバンド、The Go-Go'sのリード・ヴォーカル。1985年のバンド解散後はソロ・デビューし、ポップな音楽性で多くのヒット作を放ちました。


エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

エックス・ティー・シー/XTC - Mayor Of Simpleton - 1989年

アメリカ進出を狙った意欲作。 XTCはアンディ・パートリッジ(Vo,G)を中心とするロック・バンド。1977年デビュー。ビートルズなどの影響を受けた、ポップなのにどことなくひねくれた、イギリスらしいロック・サウンドで人気を集め、ブラーに代表される90年代のブリットポップにも大きな影響を与えました。また、日本ではカルト的な人気を誇り、多くのミュージシャンが彼らの影響を公言しています。


ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

ケイト・ブッシュ/Kate Bush - Babooshka - 1980年

イギリスを代表する女性アーティストの神秘的なヒット作。 ケイト・ブッシュはイギリス出身のシンガー・ソングライター。ピンク・フロイドのギタリスト、デヴィッド・ギルモアに才能を見出されて1977年に弱冠19歳でデビューし、独自の感性によるアーティスティックな楽曲とハイトーンな歌声で、デビュー曲「嵐が丘」が全英1位になるなど早くから注目を集めた天才肌です。現在も寡作ながら活動を続けています。


ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブライアン・フェリー/Bryan Ferry - Let's Stick Together - 1976年

ブルースの名曲をフェリー流にカバー。 ブライアン・フェリーはイギリスのロック・バンド、ロキシー・ミュージックのヴォーカリスト。バンドのほとんどの曲を手がけたソングライターとしても知られます。黒人音楽に大きな影響を受けて確立した、音と音の隙間を縫うような独特な歌と、ヨーロッパ的美意識がにじみ出る作風の曲で人気を集めました。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!