トッド・ラングレン/Todd Rundgren - I Saw The Light - 1972年

トッド・ラングレン/Todd Rundgren - I Saw The Light - 1972年

トッド・ラングレンはアメリカ出身のシンガー・ソング・ライター。 美しく切ないメロディ作りに定評がある一方、プロデューサーとしても XTC、グランド・ファンク・レイルロード、ザ・バンド、ホール&オーツ、ニューヨーク・ドールズ、高野寛など幅広いミュージシャンを手掛けた鬼才です。 キャリア50年を迎えた現在でもジャンルにとらわれない音楽活動を行っており、2015年のフジロックでは自作のエレクトロニック・ダンス・ミュージックを披露しで話題を呼び、2019年5月24・25日の来日公演も大盛況に終わりました。


ひとり宅録のパイオニアでもある鬼才のメロウな傑作

「I Saw The Light」はトッドの代表作のひとつ。美しくも郷愁を誘うメロディと歌声、モータウンを意識した端正な演奏が
人気を集め、全米16位とヒットしました。トッド一人が歌やピアノ、ドラムなどすべての演奏を多重録音して仕上げた作品です。
トッドによるとヒットを狙ってこの曲作ったものの、実際には同じアルバムから3曲目にシングル・カットした
「Hello It's Me」が全米5位とさらにヒットしたのだとか。

Todd Rundgren - I Saw The Light

Youtube 出典:VEVO

収録アルバム:Something/Anything?

・3枚目のスタジオ・アルバム
・リリース:1972年2月
・収録曲
Side one: A Bouquet of Ear-catching Melodies
1. "I Saw the Light"
2. "It Wouldn't Have Made Any Difference"
3. "Wolfman Jack"
4. "Cold Morning Light"
5. "It Takes Two to Tango (This Is for the Girls)"
6. "Sweeter Memories"

Side two: The Cerebral Side
1. "Intro"
2. "Breathless"
3. "The Night the Carousel Burnt Down"
4. "Saving Grace"
5. "Marlene"
6. "Song of the Viking"
7. "I Went to the Mirror"

Side three: The Kid Gets Heavy
1. "Black Maria"
2. "One More Day (No Word)"
3. "Couldn't I Just Tell You"
4. "Torch Song"
5. "Little Red Lights"

Side four: Baby Needs a New Pair of Snakeskin Boots (A Pop Operetta)
1. "Overture?My Roots"
"Money (That's What I Want)"
"Messin' with the Kid""
2. "Dust in the Wind"
3. "Piss Aaron"
4. "Hello It's Me"
5. "Some Folks Is Even Whiter Than Me"
6. "You Left Me Sore"
7. "Slut"

関連リンク

関連する投稿


スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

イギリスが誇るモッズ・バンドの代表作。スモール・フェイセスはスティーヴ・マリオット(Vo,G)とロニー・レーン(B,Vo)を中心に結成し、1965年にデビューしたバンド。メンバー全員がモッズで、R&Bの影響を受けたブリティッシュ・ロック・サウンドで人気を集めました。スティーヴはその後、ハンブル・パイ結成のため脱退し、残りの3人はロッド・スチュワート(Vo)、ロン・ウッド(G 現ローリング・ストーンズ)を迎えて新たにフェイセズを結成しました。2012年、フェイセズと共にロックの殿堂入り。


スパークス/Sparks - This Town Ain't Big Enough For Both Of Us - 1974年

スパークス/Sparks - This Town Ain't Big Enough For Both Of Us - 1974年

半世紀近いキャリアを誇るカルト・スターの代表作 スパークスは1970年にロン(Key)とラッセル(Vo)のメイル兄弟によって結成されたグループ。バンド形式でのパワー・ポップや現在のデュオによるエレクトリック・ポップなどしばしば音楽スタイルを変えつつも、独自のクセのあるサウンドで熱心な固定ファンを持つレジェンドです。


スティービー・ワンダー/Stevie Wonder - Part Time Lover - 1985年

スティービー・ワンダー/Stevie Wonder - Part Time Lover - 1985年

1961年に弱冠11歳でモータウンからデビュー以来、半世紀を超えるキャリアを築き続けるレジェンド。計22部門でのグラミー受賞は男性ソロ・シンガーでは最多です。


ケニー・ロジャース/Kenny Rogers - Lady - 1980年

ケニー・ロジャース/Kenny Rogers - Lady - 1980年

カントリーの大スター歌手・代表作。 ケニー・ロジャースはアメリカのシンガー。1950年代から歌手活動を始め、いくつかのバンドで活動した後、76年にソロに転向。カントリーを中心にポップやアダルト・コンテンポラリーのヒット作を世に送り出し、およそ1億枚のレコードを売り上げました。アメリカのカントリー界の大御所です。


ジャック・ワグナー/Jack Wagner - All I Need - 1984年

ジャック・ワグナー/Jack Wagner - All I Need - 1984年

人気テレビ俳優が放った全米2位の名バラード ジャック・ワグナーはアメリカ出身の俳優・シンガー。1984年に人気メロドラマ『ジェネラル・ホスピタル』のフリスコ・ジョーンズ役で人気を集め、現在もテレビドラマを中心に俳優として活躍しています。シンガーとしても6枚のアルバムをリリースし、現在も現役です。


最新の投稿


ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

ベレット1600GTファストバック | いすゞ - 受注生産のスペシャルモデル【旧車】

いすゞ・ベレットの1600GTファストバック・型式PR91Gです。わずか349台しか販売されなかった稀少な受注生産車です。「トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑2018」で撮影しました。


スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

スモール・フェイセス/The Small Faces - Itchycoo Park - 1967年

イギリスが誇るモッズ・バンドの代表作。スモール・フェイセスはスティーヴ・マリオット(Vo,G)とロニー・レーン(B,Vo)を中心に結成し、1965年にデビューしたバンド。メンバー全員がモッズで、R&Bの影響を受けたブリティッシュ・ロック・サウンドで人気を集めました。スティーヴはその後、ハンブル・パイ結成のため脱退し、残りの3人はロッド・スチュワート(Vo)、ロン・ウッド(G 現ローリング・ストーンズ)を迎えて新たにフェイセズを結成しました。2012年、フェイセズと共にロックの殿堂入り。


フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

フェローMAX | ダイハツ - 実は「ミラ」のご先祖様【旧車】

ダイハツ・フェローの2代目・L38型です。前輪駆動にレイアウトを変更したフェローMAX。軽のパワー競争のあおりで一時はリッターあたり100馬力を超える高出力エンジンを搭載したモデルがありました。「JCCAニューイヤーミーティング 2017」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】110本目

【クイズ・旧車千本ノック】110本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!