仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

80年代に登場した「仮面ライダースーパー1」です。贅沢にも2台のバイクを乗りわけるという。ライダーもちょっとリッチになって参りました。


宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

前作の『仮面ライダー(スカイライダー)』の後をうけて登場した仮面ライダースーパー1。

仮面ライダーシリーズは徐々に低下する視聴率にあらがえず、1975年にテレビ放映された『仮面ライダーストロンガー』をもって終了しました。しかし、復活を求める声は次第に高まり、1979年に新シリーズとして再開されることに。
その初回作品が『仮面ライダー(スカイライダー)』。わざわざカッコ書きが付いているのは、もともと初代ライダーのリメイクという位置づけだった作品のため、タイトルはオリジナルと同じ『仮面ライダー』だったのですが、区別をするために「新仮面ライダー」とか「スカイライダー」と呼ばれるようになったた、というわけです。

スカイライダーはその名のとおり「空を飛ぶ」というそれまでのライダーにはない能力を与えられましたが、残念なことに視聴率は期待を裏切るものに。テコ入れ策として導入された歴代ライダーのゲスト出演によって息を吹き返すことになります。新ライダー投入も検討されましたが、歴代ライダー人気によって不要になり、次回作品までお預けとなりました。

そのお預けキャラクターが仮面ライダースーパー1として日の目を見ます。
モチーフはスズメバチ。なるほど、するどい目をしています。
主人公の沖 一也(おき かずや)は人類の未来のため宇宙開発に自らを賭け、志願して惑星開発用の改造人間になる、という設定(!)。悪の組織に改造されたわけではなく、さらに人類の敵と戦うための改造でもなかったんです。宇宙の平和的利用のための改造人間。沖クン、君はなぜそこまでして・・

ちなみに敵の組織は宇宙のかなたB26暗黒星雲から地球侵略をたくらむ「ドグマ」。というわけで、敵も味方も宇宙スケールになったのがスーパー1でした。

ここらでバイクの話をしましょう。
冒頭に書いたように、スーパー1は贅沢にも2台のスーパーマシーンを持っています。
写真のものは「ブルーバージョン」という名前。一見してわかるようにオフロードバイクがベースです。スズキのハスラー250だそうですよ。

ブルーバージョンは悪路に強いのが特徴。というのも、もう一台のマシンはベースがなんとハーレーダビッドソンなんです。高速道路を疾走するにはいいんでしょうけど戦闘にはちょっと不向きかもしれません。というわけで、サブっぽい位置づけのブルーバージョンにも活躍の場がありました。

ブルーバージョンの動力は原子力エンジン。この辺は時代でしょうね。今ならあり得ないでしょう。

もう一台のバイク、Vマシーン(Vジェット)についてはいずれまた。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ウルトラ兄弟の長兄であり、宇宙警備隊の隊長をつとめるゾフィー。無敵だったウルトラマンがとうとう倒されてしまったその日、はじめて地球に現れました。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

マジンガーZがブームを開いたいわゆる「スーパー・ロボットもの」のひとつで、グレートマジンガーやゲッターロボGとほぼ同時期にテレビ放映されました。


アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

現在まで続く超ロングラン番組、スーパー戦隊シリーズの原点『秘密戦隊ゴレンジャー』。隊長カラー「赤」も駅伝のタスキのごとく受け継がれています。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集は、「仮面ライダー」!伝説となった1号からRXまで、ライダーだけでなく、その愛車との組み合わせをお楽しみいただきたい!


最新の投稿


T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

昭和38年(1963年)、まだオートバイの販売網しかもっていなかったホンダが、本格的に4輪自動車に参入するにあたり最優先して開発し市場に投入したのは、軽トラのT360でした。そんなホンダ初の4輪車・軽トラのT360は、開発に創業者・本田宗一郎がまるまる1台関わっている唯一の車種です。


昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語にあらためて令和の光をあてる「死語の世界」。今回は一斉を風靡した別れの言葉「バイナラ」をご紹介。欽ちゃんファミリーである斎藤清六発祥の死語について光をあててみよう。


サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


【クルマニアックイズ】188本目

【クルマニアックイズ】188本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!