UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

グレンダイザーの主人公、宇門 大介(うもん だいすけ)は地球人ではなく、宇宙征服を目論むベガ星連合軍によって滅亡させられたフリード星の王子、「デューク・フリード」なのです。デュークは宇宙船スペイザーによってかろうじて地球に逃げ落ちました。平穏な日々を送っていましたが、ある日、マジンガーZの操縦者だった兜甲児と知り合うことになり、地球侵略をたくらむベガ星連合軍と闘うことを決意したのでした。

造形やカラーリングから、マジンガーシリーズであることが伺えますね。

さて!見出しに書いた「フランスで大ヒット」について触れましょう。フランスでは1978年から79年にかけて公共放送「アンテンヌ2(Antenne 2)」で放映されました。フランスでは『Goldorak(ゴルドラック)』という題名。驚くべきことに、平均視聴率がなんと75%だったといいます。まぁこの数字は対象が子どもだけだとか、チャンネル数が全部で3つしかなかったなどといった背景があったんですが、それにしても驚異の数字です。

なぜにフランスでそれほどまでにウケたのか。それは少女漫画チックな設定だったことが要因だったようです。主人公が異星から流れついた王子。上品でクールでハンサム。汗臭い熱血漢ではないのです。さらに主人公をとりまく登場人物にもデュークの妹やら敵方にも貴族が登場したりとか。単なる対戦ものではなく、ロマンチックな設定や細やかな人物描写がフランス人の感性に刺さったようです。

ちなみに『ゴルドラック』放映から10年後の1988年、『マジンガーZ』もフランスで放映されますが、ゴルドラックほどには人気を集めなかったとのこと、時代の変化もあるのでしょうが、作風の違いも影響したのでしょう。

支援円盤のスペイザーです。この合体した状態(ダイザーイン)がカッコイイ!まさにUFOロボです。
グレンダイザーと同じ宇宙合金グレン製で、光量子を動力源とするエンジンを搭載しています。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ウルトラ兄弟の長兄であり、宇宙警備隊の隊長をつとめるゾフィー。無敵だったウルトラマンがとうとう倒されてしまったその日、はじめて地球に現れました。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

マジンガーZがブームを開いたいわゆる「スーパー・ロボットもの」のひとつで、グレートマジンガーやゲッターロボGとほぼ同時期にテレビ放映されました。


アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

現在まで続く超ロングラン番組、スーパー戦隊シリーズの原点『秘密戦隊ゴレンジャー』。隊長カラー「赤」も駅伝のタスキのごとく受け継がれています。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集は、「仮面ライダー」!伝説となった1号からRXまで、ライダーだけでなく、その愛車との組み合わせをお楽しみいただきたい!


最新の投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、意味がわからないことを表す言葉!


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。