【旧車】ミウラ│ランボルギーニ 打倒フェラーリを目的にしたスーパーカー

【旧車】ミウラ│ランボルギーニ 打倒フェラーリを目的にしたスーパーカー


■フェラーリのサポート対応への怒りから生まれたスポーツカーメーカー
・モデル名 :ランボルギーニ・ミウラ
・世代/型式:1968年/P400S
・メーカー名:ランボルギーニ(伊)
・搭載エンジン: 3929cc・V型12気筒DOHC
        ボア×ストローク82.0×82.0mm
・最高出力 :370ps/7700rpm
・最大トルク:39.0kg.m/5500rpm
・トランスミッション:5速マニュアル(フロアシフト式)
・サスペンション:前後ダブルウイッシュボーン独立
・ボディサイズ:全長×全幅×全高4360×1780×1080mm
・ホイールベース:2500mm
・タイヤ :205/70VR15
・車両重量:1040kg
・生産台数:187台(ミウラ総数は約750台)

ランボルギーニ・ミウラは350GT、400GTに次いで発表された同ブランド3番目のプロダクションモデルだ。同時にランボルギーニ車として初のミッドシップスポーツである。1965年のトリノ・ショーにおいてミウラP400の剥き出しのリアミッドシップ・シャシーを公開したのが始まりで、翌1966年3月のジュネーブショーで、そのシャシーに低くて流麗なボディが架装されたミウラが登場する。

現在、世界を代表するスポーツカーを輩出する自動車メーカーとして誰もが認めるランボルギーニ社だが、会社設立の理由、そして目的がこれほど明確な会社もないだろう。それは、フェラーリのユーザーだった実業家のフェルッチオ・ランボルギーニが、「フェラーリに対する自らのクレームがまったく相手にされなかったため怒り心頭に発し、フェラーリを超えるスポーツカーをつくるため自動車会社を設立」したことが発端だったのだ。

フェルッチオ・ランボルギーニは工科大学を経て第2次大戦に従軍し、戦後になって軍が放出したトラックなどを民生用に改造する商売で経営手腕を発揮して富を築く。その後、農業機械、なかでもトラクターを開発・販売するが、トラクターのエンジンに世界で初めて直噴ディーゼルエンジンを導入し、これも成功する。次いで、事業者向けのエアコンやボイラー、つまり空調機器全般の設計・製造・販売をスタート、ここでも大成功を収め豊かな経済力を得る。

実業家として成功を収めたフェルッチオ

従軍する以前から自動車に興味を抱いていたフェルッチオは、比類無き富を得た経営者として成功後、世界のスポーツカーを何台も手に入れる。1960年代の初頭、彼のガレージにはメルセデスやジャガー、アルファロメオなどに加えて数台のフェラーリが並んでいたという。しかし彼は、名車を手に入れても、価格に対するその品質に対して満足していなかったという。

語り継がれる逸話で有名なのは、所有するフェラーリのクラッチにトラブルが発生し、自分で交換するためフェラーリに部品を発注。届いたパーツは、フェルッチオが製造するトラクターと同じ独ボーグ&ベッグ製だったのである。しかもフェラーリは、そのパーツに10倍の値段を付けていたというのだ。フェルッチオの怒りは頂点に達し、彼はフェラーリに不満をぶつけるも、冒頭のとおり、まったく相手にされない。そして、その対抗手段として自動車会社、アウトモビリ・フェルッチオ・ランボルギーニS.P.Aを設立、ボローニャ近郊に工場を建設した。

いきなりV型12気筒DOHCエンジンをつくる

フェルッチオは、内部抗争でフェラーリを退職していたフェラーリ250GTOの設計エンジニアのひとり、ジオット・ピッザリーニにパワーユニットの設計を依頼。ピッザリーニは1963年7月に試作エンジンを完成させた。それが3463cc・60度V型12気筒オールアルミエンジンだ。9.5の圧縮比、6基のウェーバーキャブによって360ps/8000rpm、33.0kg.m/6000rpmを発揮していた。このスペックはライバルであるフェラーリ250GTOの280ps、330GTの300psを軽くオーバーし、フェルッチオはいたく満足したと伝わる。

このエンジンをフロントに搭載し後輪を駆動するランボルギーニ第1号車「350GTV」が、1963年のトリノショーで公開。その後、フェルッチオの命で細部がモデファイされ1964年のジュネーブショーで市販車「350GT」が登場する。ここからライバル、フェラーリとのパワー競争が始まる。一旦、フェラーリにパワーで凌駕されるも、翌年には排気量を3929ccに拡大した320psを搭載し、エクステリアが変更・リファインされた「400GT」をブランド第2号として発売する。

遂に「ミウラ」がアンベール

ランボルギーニ350GTVの開発のために有能なエンジニアがランボルギーニ社に集まってきた。350GTの開発と同時に進行していたのが、次世代スーパースポーツ計画だ。フェラーリ250GTOに代表される、それまでのFRスポーツからモータースポーツ界で台頭しつつあったミッドシップスポーツの開発である。プロジェクトは「P400」と呼ばれた。“P”はポストリオーレ、つまりリア。そして400はエンジンの排気量だ。

シャシーはそれまでのランボルギーニが採用してきた鋼管スペースフレーム構造ではなく、0.8mm厚の鋼板で構成したモノコックタイプで、幅広い角断面のセンタートンネルを主構造とし、両サイドのサイドシルを受け持つ部分にもやや細めの角断面フレームが通る。これにフロアパネルやスカットル、バルクヘッドを溶着し、エンジンや前後サスペンションはサブフレームを介してマウントした。

サスペンションは400GTを基本とする前後ダブルウイッシュボーン式で前19φ、後16φのスタビライザーが付く。ブレーキは全輪ディスク、ボラーニ製72本ワイヤースポークホイールを組み合わせた。ステアリングギアボックスはZF製ラックアンドピニオンとされた。ラジエターはフロントオーバーハングに水平配置となった。

こうして出来上がったシャシーとエンジンをフェルッチオは、PRと宣伝効果を狙って1965年のトリノショーに出展する。と同時に、ボディデザインを依頼するカロッツェリアと交渉に入った。白羽の矢が立ったのがベルトーネ。即決だった。

ベルトーネのガンディーニとジウジアーロの合作?

ベルトーネで実際にスケッチを描いたのは25歳の若きデザイナー、マルチェロ・ガンディーニだが、直前までベルトーネに在籍していたジョルジェット・ジウジアーロが基本フォルムの画を残していたとも言われている。
1966年3月、ジュネーブショーで公開された市販型のランボルギーニ・ミウラP400の完成である。スペインでもっとも獰猛な闘牛の名“ミウラ”を冠して正式発表されたP400は、ジュネーブショーの主役だった。

全長4360mm、全幅1780mm、全高1080mmのボディは、当時のスポーツカーのレベルを超えた低さで、キャビン背後に12気筒を横置きにレイアウトしたモノコックシャシーは、レーシングマシーンそのものだった。点灯時だけ迫り出してくるホップアップ式ヘッドライトと、その周囲を睫毛のように囲んだ装飾が、ミウラに独特な表情を与え、見る者に強烈な印象を残した。ホイールはワイヤーホイールからカンパニョーロ製のアルミホイールに換装した。外観からはウインドシールドのモールがブラックである点が、後のミウラと見分けるポイントとなる。

インテリアも斬新なレイアウトで、ダッシュボードのドライバー正面には回転計と速度計だけが並ぶ。そのほか水温計などの6連メーターはセンターコンソールに配置した。スライド機構の付いた運転席にはリクライニング機構は無く、ドライビングポジションが決まらないと不評だった。つまり、3つのペダルに合わせてシートを調整すると、恐ろしくステアリングが遠くなる、いわゆる“イタリアンポジション”を強要されるのだ。なお、ヘッドレストが備わるものの、シートに付随せず、バルクヘッドに固定されているため、シートを前にスライドさせると、その役目を果たせないことになった。

フェラーリV12気筒を凌ぐパワーユニット

搭載したパワーユニットは、P400という名前のとおり400GTのエンジンをベースとし、横置きミッドシップ搭載した。最高出力350ps/7000rpm、最大トルク37.5kg.m/5100rpmに、メカニカルな5速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、980kgのボディを280km/hの最高速度に導くと発表された。シフトレバーの根元にはフェラーリのようなシフトゲートが設けられた。これはランボルギーニ車として初の造作だ。シフトパターンは左奥が1速となる一般的なタイプだ。

発表後、ランボルギーニ社には続々とミウラの注文が舞い込む。が、量産化に向け2台の試作車を使った実験で顕わになった問題点を改良する作業が急ピッチで進められた。そして1967年、ミウラはいよいよ量産体制に移る。この年、工場から出荷されたミウラは、108台だったとされる。

続く1968年、ミウラは早くも大規模改修を受ける。「P400S」(ミウラS)への進化だ。エンジンは圧縮比を10.4まで高め、同時にインテークマニホールド径を拡大して出力が370ps/7700rpmにアップした。タイヤの性能も上がった、同じピレリ製だがHS-GR70HR15となった。先述したようにフロントウィンドウ・シールドモールがブラックからクロームに換わる。インテリアではオーバーヘッドコンソールが備わり、パワーウィンドウが標準装備され、エアコンがオプションで用意された。P400Sは、この年187台生産された。
ミウラの進化は止まらない。1971年3月のジュネーブショーで後継と目された「カウンタックLP500」と共にブースを飾った最終型のミウラ「P400SV」の登場である。P400Sからの変更点は少なくない。外観ではヘッドライト周りの睫毛が無くなり、フロントのポジションマーカー&ターンシグナルランプとテールランプの形状が一新された。また、9.0J幅に拡がったホイールと60扁平ピレリ製タイヤを収めるべくリアフェンダーが拡大した。

一方、エンジンの圧縮比はさらにアップし10.7となり、バルブタイミングの最適化やキャブレターの大径化などで、最高出力385ps/7850rpm、最大トルク40.7kg.m/5750rpmに達した。駆動系では新たにZF製リミテッドスリップデフがオプションで用意。
これらとは別に1970年にブレーキがアップデートされ、全輪ベンチレーテッド化されたのもニュースだ。結果、最高速度は290km/hを豪語する。P400SVは1971年から翌年まで150台が作られたという。

マルチェロ・ガンディーニがデザインしたランボルギーニ・ミウラは、なめらかな曲線で構成され、映画「個人教授」(1968年・仏)で女優ナタリー・ドロンの美しさとマッチして日本でも知られるようになった。ナタリー・ドロンは、名優アラン・ドロン夫人だった女優だが、「個人教授」で見せたその美しさは、ランボルギーニ・ミウラというクルマを世に知らしめた立役者だ。ナタリー・ドロンの優雅さと激しい生き方を象徴するかのような、パリの街を疾駆するミウラのエグゾーストノートと美しい姿が思い出される。

関連する投稿


コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

日野・コンテッサの2代目です。このモデルはセダンの1300Sです。クーペモデルもありました。単なる美しさだけでなく、気品まで感じさせるのは「伯爵夫人」という名前のなせる業でしょうか。「クラシックカーフェスティバルin小金井 2016」で撮影しました。


スカイライン | 日産 - 初期型のたおやかさもまたハコスカの魅力のひとつ【旧車】

スカイライン | 日産 - 初期型のたおやかさもまたハコスカの魅力のひとつ【旧車】

日産・スカイラインの3代目、C10型いわゆる「ハコスカ」です。スポーティーなイメージが定着していますが、実用的な高性能セダンとしての要件も満たしたオールマイティーなモデルともいえます。「昭和のクルマを守る集い(西武園ゆうえんち)」で撮影しました。


【クイズ・旧車千本ノック】136本目

【クイズ・旧車千本ノック】136本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


コンテッサ1300クーペ | 日野 - マルーンのボディにメッキパーツがお似合い【旧車】

コンテッサ1300クーペ | 日野 - マルーンのボディにメッキパーツがお似合い【旧車】

日野・コンテッサの2代目、1300クーペです。イタリアのデザイナー・ミケロッティの手になる優雅なスタイルは、同時期にミケロッティが手掛けたトライアンフ・2000とも共通性が見て取れます。「喜多方レトロ横丁 2017」で撮影しました。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


最新の投稿


ハンス・オフト ‐ 初の外国人日本代表監督就任

ハンス・オフト ‐ 初の外国人日本代表監督就任

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「ハンス・オフト ‐ 初の外国人日本代表監督就任」をお届けします。


クリーンパック | 毛穴の汚れをとり、お肌に刺激を与えて一層美しく…吸引式美顔器

クリーンパック | 毛穴の汚れをとり、お肌に刺激を与えて一層美しく…吸引式美顔器

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「吸引式美顔器」。キレイになりたいの願いはいつの時代も。


コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

コンテッサ1300S | 日野 - 二代目にして真の伯爵夫人に【旧車】

日野・コンテッサの2代目です。このモデルはセダンの1300Sです。クーペモデルもありました。単なる美しさだけでなく、気品まで感じさせるのは「伯爵夫人」という名前のなせる業でしょうか。「クラシックカーフェスティバルin小金井 2016」で撮影しました。


ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Mad About You - 1986年

ベリンダ・カーライル/Belinda Carlisle - Mad About You - 1986年

ゴーゴーズ解散後、華々しくソロ・デビューを飾ったヒット曲。 ベリンダ・カーライルは女性バンドとして初の全米1位に輝いたガールズ・ロックバンド、The Go-Go'sのリード・ヴォーカル。1985年のバンド解散後もソロ・シンガーとして多くのヒット作を放ちました。


【村上百歩の楽しいおじさんライフ】五島プラネタリウム

【村上百歩の楽しいおじさんライフ】五島プラネタリウム

エッセイストにして経営者でもある村上百歩氏が同世代のおじさん仲間におくるエンターテインメント・コラム。今回はプラネタリウムの想い出と発見!