ブレーンコンドル(グレートマジンガー) - 合体難度はウルトラC級!

ブレーンコンドル(グレートマジンガー) - 合体難度はウルトラC級!

マジンガーZの「ホバーパイルダー」に相当する、グレートマジンガー用の操縦席兼戦闘機です。合体のかけ声は「ファイヤー・オン!」


合体難度はウルトラC級!

難度が非常に高いことをその昔は「ウルトラC」と言ったものですが、体操界では今や技術の進歩で最高難度は男子体操では「H」女子では「I」なんだそうですね。いずれ「Z」まで到達してしまうのでしょうか?

グレートマジンガーのテレビ放映は1974年から75年でしたから、当時のレベルにあわせて「ウルトラC」としておきました。

ブレーンコンドルがグレートマジンガーとの合体は、マジンガーZとホバーパイルダーのどこかのどかなお作法とは違い、両者が高速移動しているさなかに行われます。

操縦士、剣 鉄也(つるぎ てつや)による「マジンゴー」の号令をうけて地下の格納庫からグレートが射出されるや、ブレーンコンドルは高速落下して合体!一瞬の判断ミスも許されません。

完全に小型ジェット戦闘機ですね。ホバーパイルダーとは一線を画しています。

みごと合体完成の図。お気づきのように、合体するとコクピットは90度回転して正面を向くようになっています。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


ジェットバイ(グレートマジンガー) - まさにパンチの効いたデザイン!

ジェットバイ(グレートマジンガー) - まさにパンチの効いたデザイン!

グレートマジンガーを操縦する主人公・剣 鉄也(つるぎ てつや)のマシーンです。「ジェットバイク」ではなくあえて「ジェットバイ」。オートバイ、っていう呼び方から来ているんでしょうか?


グレートマジンガー - ちょっと大人になったマジンガー

グレートマジンガー - ちょっと大人になったマジンガー

スーパーロボットの人気を確立した歴史的名作『マジンガーZ』。世界征服を企むDr.ヘルを倒したのもつかの間、さらに強力な敵が現れ・・そんなマジンガーZの最終回に登場し、そのまま本編としてバトンを引き継ぎました。


サイドマシーン(人造人間キカイダー) - ヒラメとカレイの関係か?!

サイドマシーン(人造人間キカイダー) - ヒラメとカレイの関係か?!

特撮ヒーローの乗り物のなかでも、イチニを争う人気を誇るのがこの『サイドマシーン』ではないでしょうか?秀逸なフォルムとカラーリング。そしてただのバイクじゃない、サイドカーなところも人気の秘密でありましょう!


オタスケタヌキ(オタスケマン) - 月曜日のオタスケマンメカはタヌキ!

オタスケタヌキ(オタスケマン) - 月曜日のオタスケマンメカはタヌキ!

SFギャグアニメの金字塔、タイムボカンシリーズの第4作目となる『オタスケマン』に登場したメカです。今日のゆるキャラにもつながるキッチュな感覚にニヤリとします。


キカイダー01/ダブルマシーン - 兄弟力をあわせて対抗だ!

キカイダー01/ダブルマシーン - 兄弟力をあわせて対抗だ!

特異なヒーロー像で今でも人気の高い『人造人間キカイダー』の続編です。弟のキカイダーの後がまとして兄のゼロワンが登場するという、展開。お約束のサイドカーは「ダブルマシーン」です。


最新の投稿


光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

光速エスパー - 科学の申し子、光速エスパーは今も健在だった!

東芝のマスコット・キャラクター、『光速エスパー』くんです。東芝系列の電気店の店頭でハツラツと姿を目にしたのも、もう遠いむかしになってしまいましたね~。


【クルマニアックイズ】23本目

【クルマニアックイズ】23本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックス/Eurythmics - There Must Be An Angel - 1985年

ユーリズミックスはアニー・レノックス(Vo,Key)、デイヴ・スチュワート(G)からなるイギリス出身のエレクトロニック・ミュージック・デュオ。シンセサイザーを駆使したクールなサウンドと、レノックスの抑制の効いた歌声で人気を集め、80年代のブリティッシュ・インヴェイジョンの一翼を担いました。


フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

フェアレディZ(S130) | 日産 - より大きく、快適になったZカー【旧車】

9年間も製造された、あまりにも人気が高かったS30の次代モデルとして登場しました。見た目のイメージは先代のイメージを上手く残し、内装は思い切ってリフレッシュというコンセプトは見事にハマり、S130も人気車種となりました。


【クルマニアックイズ】22本目

【クルマニアックイズ】22本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!