古い本の匂いすらしそうなジオラマ「神保町古書店街」

古い本の匂いすらしそうなジオラマ「神保町古書店街」

今回は、ジオラマ作家の山本高樹さんと庶民文化研究所の町田忍所長によるジオラマを紹介する!題材は神保町古書店街…今でも十分にレトロな町並みだけど、お二人の手にかかるとこんなにドラマティックな町になっちゃうんです!(;´∀`)


神保町古書店街、古い本と昭和のにほい…

神保町古書店街

どうですか?このリアルな町並み…これ、実はジオラマです…(゚A゚;)ゴクリ
以前にも紹介していますが、こうしたジオラマは町田さんと交流のあるジオラマ作家、山本高樹さんの作品。
山本さんは、あの朝ドラ「梅ちゃん先生」のオープニングを飾った超絶すんごいジオラマ作家さんです( ・´-・`)どや

そんな山本さん、町田さんと一緒に銭湯や江戸風俗のジオラマなど、さまざまな作品を手がけている。今回は紹介するのは「神保町古書店街」をモチーフにしたジオラマ。

では、ミニチュアながらもさまざまなドラマが盛り込まれた山本高樹ワールドをご堪能いただこうではないか!

神保町古書店街に生きる人々の日常がジオラマに

古書店受付の看板娘

こちらはとある書店の受付の様子。
バイトなのか、親の稼業の手伝いなのか、受付に座る女の子はうたた寝をしているように見える。神保町や神田の辺りは学生街としても有名だから、きっとこの受付の子を目当てに貧乏大学生なんかが足繁く通っちゃったりするんだろうなぁ…(*´∀`*)

と、まあ、こんな感じでお店の中までこだわり抜いて作られている。
このお店だけでなく、例えば2軒ほど隣のお店の中はこんな感じになっている。

古書店の店先

こちらは先程のお店とは打って変わって頑固そうなおじさまが鎮座していらっしゃる(;・∀・)

そしてこの店内の様子から年代もわかってくる…だいたい1964年ころのことらしい。
えっ?なんでわかるかって?それはほら、例のあれ…がチラ見えしているから…

神保町

こちらでは本を運んでいる最中にハプニングが…Σ(゚Д゚)あんまり積み上げると崩れやすいわ腰もやるわでいいことないから、慎重にしておきたいところw

掘り出し物か、贈り物か、空想の世界で物語が進む

そしてその奥では、なにやら物憂げな眼差しでショーウインドウを見つめる女子学生の姿が…憧れの本を見つけたのか、それとも彼がほしがっていた本を見つけたのか…うーん、いろんなドラマが頭の中に湧き上がってくるねw

山本高樹ワールドの住人と言っても過言ではない永井荷風先生

そして、山本さんの作品なので、当然ながらこの御方・永井荷風先生も登場しているw
山本さんの作品を楽しみながら、永井荷風先生を探すというのもまた楽しいwホントにさまざまな作品に登場しているけど、古書店街というのは本当に現れそうでリアリティーがすごい!

このように、山本さんの作品は細部の作り込みがすごい…のだが、我らが町田さんもすごかった!
こちらの自転車はなんと町田さんの手によるもの!本の表紙だってリアルに作り上げているし、やっぱりすごいわ…(゚A゚;)ゴクリ

山本高樹ワールドに町田さん作の自転車
完成度が高い

思わずこういう自転車あったよね!っていいたくなる完成度w
自転車の荷台に積まれた本さえもリアル!うーん、さすがのクオリティー…(゚A゚;)ゴクリ

神保町古書店街
神保町古書店街

まさに、当時の世界を追体験できる素晴らしいジオラマ…山本高樹さんの作品は、コレ以外にもこちらで見ることができるので、ぜひ確認してみてほしい!

▼山本高樹さんの作品ギャラリー「模型日和下駄」
http://www.hiyori-geta.com/main_gallery.html

山本高樹presents「模型日和下駄」

http://www.hiyori-geta.com/main_gallery.html

山本高樹製作による古き良き時代のレトロジオラマワールドサイト

---------------------------------------------------------------------
ポン:いやぁ、相変わらずのクオリティー!ミニチュア萌えのわたしとしてはたまらない(*´﹃`*)

IT:遊び心があるのも楽しいッスよねw前回なんか町田さんの庶民文化研究所の看板出てたしw

ポン:そういえばそうだったわねw今回はないのかしら?

町田:あるよ!ほら、ここ、ここ!

マチダオート!?町田作品

IT:ん?マチダオート?………マチダ…町田…( ゚д゚)ハッ!

ポン:まさか、自転車屋さんになってるとは…w

町田:wwwww

超絶技巧で見事に古書店街をジオラマに再現したこの作品、いかがだっただろうか…いやぁ、相変わらずすさまじいねwちなみに、神保町古書店街の古書店は、本が傷まないように日差しを避けて、みんな北向きに建てられてるって知ってた?( ̄― ̄)ニヤリ

源ヶ橋温泉ジオラマ│町田忍×山本高樹ジオラマシリーズ

https://goldenyokocho.jp/articles/1603

今回ご紹介するコレクションは町田さんが研究を続ける銭湯を題材としたジオラマ!銭湯やお風呂屋さんとしては、日本ではじめて有形文化財として登録された浪速の銭湯が登場するぞ!

関連する投稿


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

夏はもちろん、冬でもなんだか食べたくなる魅惑のおかし、アイスクリーム。お出かけ先で両親に買ってもらって大喜び!なんて思い出が誰にでもあるはず。今回はそんなアイスクリームの思い出がよみがえる「コーンスリーブ」について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに教えてもらった。


銀座の象徴・和光時計台

銀座の象徴・和光時計台

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。銀座の街を見守り続けるシンボル、銀座和光の時計台を紹介しよう。


道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

ド派手な紅白衣装に身を包み、陽気な浪速の人々を見守り続け、愛される「くいだおれ太郎」。もはや日本一と言っても過言ではないほどの知名度を誇る大阪のシンボルの歴史と謎を、庶民文化研究所所長・町田忍さんの解説で解き明かします。


手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌を保護し、うるおいを与えるハンドケア製品といえば、「メンソレータム」。パッケージに描かれたかわいい女の子は誰もが知るはず。今回は、メンソレータムの歴史を庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


最新の投稿


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】402本目

【クルマニアックイズ】402本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】401本目

【クルマニアックイズ】401本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!