イビル(アクマイザー3) - 拙者、正義の貴公子でござる

イビル(アクマイザー3) - 拙者、正義の貴公子でござる

『アクマイザー3』に登場した正義のヒーローのひとり、イビルです。名前がちょっと性格悪そうですが、それは誤解。悪魔を意味する英語の「evil」から来ているのでしょう。


拙者、正義の貴公子でござる

アクマイザー3の面々は、地上征服をたくらむ地底人・アクマ族の一員です。もっとも、アクマ族全員が人類の敵だったかといえばそうではなく、悪の根源は「大魔王ガルバー」。こやつがメザロードやゲベルといった手下に命じて人類を脅かしたのです。
アクマ族には平和を望むグループもあって、人類を守る側に立つ決意をしたアクマイザー3と協調したり攻撃をサボタージュしたりしたのです。

イビルは、正義に目覚めたザビタンを抹殺すべく送り込まれた戦士でした。が、ザビタンの正々堂々とした態度に惚れ、共に戦うことを決意。華麗な剣さばきに銃の腕前も一級品。リーダーのザビタンを幾度となくピンチから救う活躍をしました。自らを「拙者」と称する古武士のようなキャラクターでした。

ふだんは丸い目をしていて無表情な感じなんですが、戦闘中は「怒り」で吊り目に変化。
どういうわけか、鏡に映った自分の姿を目にするとフリーズしてしまうという弱点がありました。実は強烈なナルシストだった?

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


ショッカー戦闘員(赤) - さしずめ係長クラスの赤戦闘員

ショッカー戦闘員(赤) - さしずめ係長クラスの赤戦闘員

仮面ライダー2号で登場した覆面をかぶった戦闘員。1号では当初はメークにベレー帽というシュールなルックスでしたが、覆面レスラータイプにグレードアップ?いや、コストダウンという話も。


ロボットJr.(ジュニア) - 金属バットは武器なのか?!

ロボットJr.(ジュニア) - 金属バットは武器なのか?!

マジンガーZの続編、グレートマジンガーに登場したキャラクターです。マジンガーZを操縦する兜甲児の弟、兜シロー用の操縦練習用ロボット。脱力系のヒーロー?ですね。


超神ビビューン - とうとう神を超えちゃったヒーロー!

超神ビビューン - とうとう神を超えちゃったヒーロー!

3人組ヒーロー『アクマイザー3』の続編として1976年よりテレビ放映された『超神ビビューン』のメインキャラクターです。メインキャラはやっぱり赤いんですよね~。


スパーク号(鉄人タイガーセブン) - あの方にぜひ乗っていただきたい!

スパーク号(鉄人タイガーセブン) - あの方にぜひ乗っていただきたい!

鉄人タイガーセブンなるヒーロー、このコーナーで初めて知りました!田舎だったからテレビ放映がなかったのか?このコスチュームは・・なかなかにエッジの立ったヒーローではありませんでしょうか?


ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

ゲッター1(ゲッターロボ) - ゲッターロボの謎2題。

合体ロボットという新ジャンルを切り開いたエポックメイキングな作品、『ゲッターロボ』に登場したロボットの一形態です。このゲッター1をゲッターロボのことだと勘違いしていた人も結構いたのでは?かくいう私もそうなんですが。


最新の投稿


カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

スタイルチェンジにより、カリーナが標榜していた「スポーツ感覚」がさらに強調された形になり、ファミリーユースにも応えつつ若々しくスポーティさも忘れない、フレッシュなクルマという立ち位置が確立しました。


【クルマニアックイズ】85本目

【クルマニアックイズ】85本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

71年デビューのフォーク・ロック・トリオ。 この曲を収録したアルバムがミリオンセラーになり、グラミーの最優秀新人賞を受賞。


昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アフターファイブ」。………定時が5時ってどんなホワイト企業ですか?


ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

一目瞭然、ナショナルの電球のかんばんです。なんでも擬人化するイラストはホーローかんばんの18番ですが、この電球さんもなかなか味わいのある表情。帽子をかぶった状態だとかなり微妙な絵になったと思われます。