スパーカー(勇者ライディーン) - スーパーカー?いいえ、スパーカー!

スパーカー(勇者ライディーン) - スーパーカー?いいえ、スパーカー!

ムーの血筋をひくひびき洸(あきら)が操縦する巨大ロボット、ライディーン。洸はこのバイクをジャンプさせてライディーンに「フェード・イン!」。通学にもこのバイクを使っていたようですが、中学生なのにいいのかな~?


スーパーカー?いいえ、スパーカー!

このバイクの名前は「スパーカー」。主人公の名前「洸」から来ている気がしますが語呂がイマイチです。「洸」という漢字は「水が沸き立ち光る様子」を表すんですから、スパークの「閃光」とは少し違いますね。本当の名前の由来が知りたいです!

スパーカーもライディーンと同様にムー帝国の遺産かと思いきや、実は洸のお父さんが製作したのです。洸のお父さんは考古学者なんですが、メカにも強かったんですね。ちなみに奥さんであるひびき玲子、つまり洸のお母さんはムー帝国の王、ラ・ムーの娘レムリアだったというご縁。

ムー帝国の娘がなぜ現代に?と思いますよね。それはラ・ムーの超超・長期的な戦略によるものだったのです。1万2千年前にムー帝国を襲った妖魔帝国の王バラオがいつの日か復活することを見越して、レムリアを冷凍睡眠装置に保存しておいた、ということなんですよ。いやはや大変なスケールのお話です。

このスパーカー、洸がライディーンに搭乗するための必需品なんですが、スパーカーは洸のお父さんが作ったわけです。ということは、ラ・ムーの超超・長期戦略には、ラムリアと知り合ってライディーンの操縦士の父となる人が搭乗用マシンを用意することまで織り込まれていた、っていうことになりませんか??それって凄すぎ~!

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

今回はヒーローの乗り物をとりあげます。『UFOロボ グレンダイザー』の主人公・デュークフリードの愛車、デュークバギーです。装備満載でなんだかワクワクするデザインですね!


ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

仮面ライダーの戦闘員。ザコいものの代名詞的な存在感が悲しいですね。時代劇で正義の刃にバタバタと切り倒される悪代官側のサムライと同じで、殺陣には欠かせない役ではあります。戦闘員供養でもしてあげたいもの。


仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

80年代に登場した「仮面ライダースーパー1」です。贅沢にも2台のバイクを乗りわけるという。ライダーもちょっとリッチになって参りました。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

合体ロボットアニメの名作『ゲッターロボG』に登場しました。戦闘機・ゲットマシンのうちポセイドン号が頭部となって合体してできるのが『ゲッターポセイドン』です。操縦者は車 弁慶(くるま べんけい)!


最新の投稿


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


【クルマニアックイズ】105本目

【クルマニアックイズ】105本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディングはアメリカのシンガー、ソングライター。1960年代初頭より音楽活動若さを始め、独特の歌唱法でソウル・ミュージックに多大な影響を与えました。同じスタックス・レコード所属でブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパー(g)との共同作業を通じて数多くのヒット曲を生み出しました。67年、自家用飛行機事故により急逝。まだ26歳でした。


シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

そんなホンダにおいて、なかでも「ホンダらしさ」がギュッとここに詰まっているといいたくなるのがこの初代シビックです。 多くのファンに支えられ、もっとも長く同じ名前で販売され続けている車種のうちのひとつです。


【クルマニアックイズ】104本目

【クルマニアックイズ】104本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽