バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

ウルトラシリーズに登場した怪獣のなかではトップクラスの知名度を誇るであろうバルタン星人。「フォッフォッフォ・・」という不気味な笑い声がもれなくついてきます。


地球の未来を暗示していたのか?

バルタン星人が登場したのは、初代ウルトラマンの第2話「侵略者を撃て」でした。
地球よりもはるか高度に発達した文明を持つバルタン星。それがバルタン星人に悲劇の運命をもたらすことになったとは・・・

身体を極小に縮小する技術を持っていたバルタン星人は、宇宙船にな~んと2,030,000,000(にじゅうおくさんぜんまん)体もの超・大団体で乗り込み、優雅に宇宙旅行を楽しんでおりました。

ところが、バルタン星に残っていた科学者が(なぜか)発狂。ありえない核実験を行って星を壊滅させてしまったのです。帰る星を失った旅行中のバルタン星人、いたしかたなく移住先を探す旅へと目的を変更したのです。不幸の始まりです。

長い放浪の旅に宇宙船も疲弊、修理が必要になったころ、偶然にも地球を発見します。
降り立ってみると「あ~ら、ここ住むのに良さそだわね~!」とお気に召してしまいます。

地球人との共存も考えたらしいのですが、いかんせん20億3千万のバルタン星人が38億人もの地球人と一緒に住めるわけはなく、他の星への移住をすすめるハヤタ隊員の説得もむなしく交渉は決裂。バルタン星人は地球侵略を決意したのでした。

ところがバルタン星人にとって運の悪いことに、地球には我らがヒーロー・ウルトラマンがついていた!パパパパーン!

「宇宙忍者」と異名をとる(誰がつけたのか?)ように、瞬間移動や分身の術でウルトラマンを翻弄しますが、お約束どおりウルトラマンの必殺技、スペシウム光線で倒されてしまいます。ウルトラマンは容赦なく宇宙船も破壊。哀れバルタン星人20億3千万の命が失われたのでした(実は奇跡的に一部が生き残り、のちに復讐を企てることになるのですが)・・

ウルトラマンと地球にとって幸いだったのは、宇宙船に乗っていた20億3千万ものバルタン星人が一斉に攻めてこなかったことでしょうね。もしそんなことになっていれば、地球は今頃はセミとザリガニの楽園になっていたことでしょう。

・・と、以上は初代バルタン星人のお話です。

造形が非常に良かったためか、のちのちウルトラマンシリーズにしばしば登場することになります。いつしかウルトラマンの宿命のライバル的な位置づけになっていったのですね。ただし、キャラクター設定はずいぶんと変わっていったようです。ご興味のある方はネットで調べてみてください!

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


スパーカー(勇者ライディーン) - スーパーカー?いいえ、スパーカー!

スパーカー(勇者ライディーン) - スーパーカー?いいえ、スパーカー!

ムーの血筋をひくひびき洸(あきら)が操縦する巨大ロボット、ライディーン。洸はこのバイクをジャンプさせてライディーンに「フェード・イン!」。通学にもこのバイクを使っていたようですが、中学生なのにいいのかな~?


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。


ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は大阪万博が翌年に迫った1969年のナショナル・クロックラジオのカタログを取り上げます。


自動すきやき 鍋 | すきやきを手軽に家庭でも

自動すきやき 鍋 | すきやきを手軽に家庭でも

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動すきやき鍋」。「自動」のココロは?(笑)。


最新の投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。