バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

ウルトラシリーズに登場した怪獣のなかではトップクラスの知名度を誇るであろうバルタン星人。「フォッフォッフォ・・」という不気味な笑い声がもれなくついてきます。


地球の未来を暗示していたのか?

バルタン星人が登場したのは、初代ウルトラマンの第2話「侵略者を撃て」でした。
地球よりもはるか高度に発達した文明を持つバルタン星。それがバルタン星人に悲劇の運命をもたらすことになったとは・・・

身体を極小に縮小する技術を持っていたバルタン星人は、宇宙船にな~んと2,030,000,000(にじゅうおくさんぜんまん)体もの超・大団体で乗り込み、優雅に宇宙旅行を楽しんでおりました。

ところが、バルタン星に残っていた科学者が(なぜか)発狂。ありえない核実験を行って星を壊滅させてしまったのです。帰る星を失った旅行中のバルタン星人、いたしかたなく移住先を探す旅へと目的を変更したのです。不幸の始まりです。

長い放浪の旅に宇宙船も疲弊、修理が必要になったころ、偶然にも地球を発見します。
降り立ってみると「あ~ら、ここ住むのに良さそだわね~!」とお気に召してしまいます。

地球人との共存も考えたらしいのですが、いかんせん20億3千万のバルタン星人が38億人もの地球人と一緒に住めるわけはなく、他の星への移住をすすめるハヤタ隊員の説得もむなしく交渉は決裂。バルタン星人は地球侵略を決意したのでした。

ところがバルタン星人にとって運の悪いことに、地球には我らがヒーロー・ウルトラマンがついていた!パパパパーン!

「宇宙忍者」と異名をとる(誰がつけたのか?)ように、瞬間移動や分身の術でウルトラマンを翻弄しますが、お約束どおりウルトラマンの必殺技、スペシウム光線で倒されてしまいます。ウルトラマンは容赦なく宇宙船も破壊。哀れバルタン星人20億3千万の命が失われたのでした(実は奇跡的に一部が生き残り、のちに復讐を企てることになるのですが)・・

ウルトラマンと地球にとって幸いだったのは、宇宙船に乗っていた20億3千万ものバルタン星人が一斉に攻めてこなかったことでしょうね。もしそんなことになっていれば、地球は今頃はセミとザリガニの楽園になっていたことでしょう。

・・と、以上は初代バルタン星人のお話です。

造形が非常に良かったためか、のちのちウルトラマンシリーズにしばしば登場することになります。いつしかウルトラマンの宿命のライバル的な位置づけになっていったのですね。ただし、キャラクター設定はずいぶんと変わっていったようです。ご興味のある方はネットで調べてみてください!

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

今回はヒーローの乗り物をとりあげます。『UFOロボ グレンダイザー』の主人公・デュークフリードの愛車、デュークバギーです。装備満載でなんだかワクワクするデザインですね!


ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

仮面ライダーの戦闘員。ザコいものの代名詞的な存在感が悲しいですね。時代劇で正義の刃にバタバタと切り倒される悪代官側のサムライと同じで、殺陣には欠かせない役ではあります。戦闘員供養でもしてあげたいもの。


仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

80年代に登場した「仮面ライダースーパー1」です。贅沢にも2台のバイクを乗りわけるという。ライダーもちょっとリッチになって参りました。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

合体ロボットアニメの名作『ゲッターロボG』に登場しました。戦闘機・ゲットマシンのうちポセイドン号が頭部となって合体してできるのが『ゲッターポセイドン』です。操縦者は車 弁慶(くるま べんけい)!


最新の投稿


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


【クルマニアックイズ】105本目

【クルマニアックイズ】105本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディングはアメリカのシンガー、ソングライター。1960年代初頭より音楽活動若さを始め、独特の歌唱法でソウル・ミュージックに多大な影響を与えました。同じスタックス・レコード所属でブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパー(g)との共同作業を通じて数多くのヒット曲を生み出しました。67年、自家用飛行機事故により急逝。まだ26歳でした。


シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

そんなホンダにおいて、なかでも「ホンダらしさ」がギュッとここに詰まっているといいたくなるのがこの初代シビックです。 多くのファンに支えられ、もっとも長く同じ名前で販売され続けている車種のうちのひとつです。


【クルマニアックイズ】104本目

【クルマニアックイズ】104本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽