アステカイザー/マッハビート号 - アントニオ猪木も登場したSFプロレス活劇!

アステカイザー/マッハビート号 - アントニオ猪木も登場したSFプロレス活劇!

テレビ番組名は『プロレスの星 アステカイザー』。文字通りプロレスが舞台となる特撮アクションでした。一見すると変身ヒーローのようですが、特殊樹脂でできたファイティングスーツをまとった生身の人間です。


アントニオ猪木も登場したSFプロレス活劇!

プロレス⇒ルチャリブレ⇒メキシコ⇒アステカ、という連想からついた名前に違いありませんね(想像ですが)。かのスーパー覆面レスラー、ミル・マスカラスもメキシコ出身ですしね。プロレスとメキシコ、切っても切り離せません。

さてこのアステカイザー。ヒーローものといえば地球征服をたくらむ悪の組織から人類を守る、というのが基本構図。そこは踏まえているのですが、この物語ではプロレスをメイン舞台にしているところがユニークです。

やはり悪の組織は存在します。その名は「ブラック・ミスト」。黒い霧ですね。彼らは最終的には世界征服を狙っているのですが、どういうわけかまずはプロレス界を支配したいのです。そのために凶悪なサイボーグレスラーを続々と送り込んできます。ちなみにサイボーグレスラーは、一度アステカイザーに破れては強化されて再登場する、というのはお約束のようでした。

テレビ番組の制作にはなんと新日本プロレスが全面協力しました。あの猪木さんの新日です!

登場した実在のプロレスラーがすごいのです。
アントニオ猪木を筆頭に藤原喜明、佐山聡、小林邦昭、ジョージ高野など。さらにレフェリーとしてミスター高橋や山本小鉄まで出演ですよ!

主人公の鷹羽 俊(たかば しゅん)が所属する「東都プロレス」のロゴマークも新日と同じライオンマークなんです。新日本プロレスのプロモーションという位置づけもあったのかもしれませんね。

見た目はまったく変身ヒーローなんですが、これは鷹羽 俊が「鉄よりも硬く、ゴムよりも柔らかい」といわれる特殊樹脂アステック製のマスクとファイティングスーツをまとった姿なんです。

テレビ番組としてのアステカイザーのもうひとつの特徴は、実写とアニメのハイブリッドだったこと。格闘シーンは基本的にはアニメーション。実写では難しい高度で激しいアクションシーンは、アニメを使うことでクリアーしていました。現代ならCGの出番ですね。

アステカイザーの相棒、三輪バギー「マッハビート号」です。
最高速度は実にマッハ・1。ミサイルやビーム砲まで搭載しているという戦闘マシンです。これが出てくる段階ではもうプロレス活劇ではありませんね。

イージーライダーも真っ青なドライビングポジション。腹にひびくビートが聴こえてきそうです。ズドドドド・・

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。


ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は大阪万博が翌年に迫った1969年のナショナル・クロックラジオのカタログを取り上げます。


バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

ウルトラシリーズに登場した怪獣のなかではトップクラスの知名度を誇るであろうバルタン星人。「フォッフォッフォ・・」という不気味な笑い声がもれなくついてきます。


自動すきやき 鍋 | すきやきを手軽に家庭でも

自動すきやき 鍋 | すきやきを手軽に家庭でも

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動すきやき鍋」。「自動」のココロは?(笑)。


ジュエルトーン オーディオ プロダクツ カタログ

ジュエルトーン オーディオ プロダクツ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回はカセットテープを自由に操るための強いパートナーのカタログを取り上げます。


最新の投稿


ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー者」をお届けします。


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。


プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

全英7位まであがった90年代の”プログレ”アルバムより。 プリファブ・スプラウトはパディ・マクアルーン(vo,g)を中心に結成され、1982年にデビューしたイギリスのグループ。「歌職人」と讃えられたパディの手による洗練されたメロディで人気を集めました。


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。