ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

いつも「イィーッ」と大挙登場しては簡単に蹴散らされる運命のショッカー戦闘員。これはヒラ社員にあたる下級戦闘員「黒」です。おや、なにやらブツブツ言い始めましたよ・・?


ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

赤戦闘員の回で白日のもとに晒されてしまった我々戦闘員の序列。
そう、赤は係長クラスでその下に位置する、悲しき最下層なのが我ら「黒」なのだ。イィーッ!

「さぞや辛かろう」だって?へっ、同情なんてゴメンだね!だいたいオレらは感情なんて持っていないのさ。持っていたらそれこそやってんらんないだろぅ?違うかい?

オレに言わせりゃあ黒戦闘員は気楽なもんだぜ。簡単にやられたフリしてりゃぁライダーはいちいちかまわない。ヤツが行っちまったら逃げりゃぁいいんだ。

それより赤戦闘員のヤツの方が大変だぜ。同情するならそっちにしてやってくれよ。だってオレら黒の責任はあいつらがとらされるだからな。人間社会でも中間管理職ってえの?上下に挟まれてシンドイらしいじゃないか。オレは赤なんかにはなりたくないねぇ。へっ。

そんなこたぁいいや。
せっかく見てくれたんだ、アンタにすげぇ秘密を教えてやろうか。

一番上の写真とこの上のをよ~く見くらべてみてくれよ。違いがわかるかい?

そう、おでこのマークな。どっちも黒戦闘員、オレら同僚なんだけどさ、白いマークは会社のロゴ・・いや、ショッカーの軍団マークさ。ベルトにも彫り込んであるあのワシみたいなやつな。

赤い方はな、おれらを作戦に連れだした怪人さまの印なんだぜ。ショッカーも羽振りが良かった時期にゃ~怪人さまごとに戦闘員のオデコの印が違ってたんだよ。

でもな、ライダーがなかなかやられないもんだから怪人さまにギャラを払うのがイッパイイッパイになってきてな。もろもろのコスト削減とやらでおんなじマークに統一されちまったんだ。どうだ、驚いたか?え、アンタんとこも一緒だって?は~、人間社会ってのも結構世知辛いんだな。

なんだかアンタとは気が合いそうだぜ。どうだ、こっち来て一緒に働かねぇか?いいぞぉ、ショッカーは!イィーッ!

(眠り薬を飲まされていた会長、目覚めて驚く・・)

はっ!なんなんだこの記事は?!
ワタシのコーナーを勝手に使って人材募集するなんて。ショッカーめ、全く油断もスキもあったもんじゃない。ずいぶん適当なことをほざいていたみたいですが、決して信じてはいけませんよ~、皆さん!!

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

昭和時代の仮面ライダー第一期の締めくくりとなった『仮面ライダーストロンガー』。その中に登場したシリーズ初の変身ヒロインがこの「電波人間タックル」です。愛車は「テントロー」。


ドワルスキー(タイムパトロール隊オタスケマン) - タイムボカンシリーズってどんなんだっけ?

ドワルスキー(タイムパトロール隊オタスケマン) - タイムボカンシリーズってどんなんだっけ?

タツノコプロの人気SFギャグアニメ『タイムボカンシリーズ』第4作目『タイムパトロール隊オタスケマン』に登場した怪力おまぬけキャラ。「ド悪が好き」だからこんな名前に。


ベビーポット | 調乳に適した50℃を保つ

ベビーポット | 調乳に適した50℃を保つ

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ベビーポット」。イラストが可愛いですね~。


イビル(アクマイザー3) - 拙者、正義の貴公子でござる

イビル(アクマイザー3) - 拙者、正義の貴公子でござる

『アクマイザー3』に登場した正義のヒーローのひとり、イビルです。名前がちょっと性格悪そうですが、それは誤解。悪魔を意味する英語の「evil」から来ているのでしょう。


カゲローカー(ザ・カゲスター) - これは走る星条旗か?!

カゲローカー(ザ・カゲスター) - これは走る星条旗か?!

サイケな特撮ヒーロー番組『ザ・カゲスター』で主人公が乗っていたマシーン「カゲローカー」です。マシンも負けずに派手ですね~!


最新の投稿


メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

ハマるとクセになるキング・オブ・レイドバック・グルーヴの代表作。欧米ではビッグ・ネームなのに日本での知名度はそれほどでも・・・というミュージシャンがいますが(例:The Who、AC/DC、デペッシュ・モード)、Mazeもその文脈で語られがちなバンド。フランキー・ビヴァリー(vo)を中心に結成され1970年代にデビューし、マーヴィン・ゲイのプッシュもあってヒット作を量産しました。ソフトな歌声やミディアム・テンポなのにグルーヴ感あふれるバンド・サウンドで現在でも大御所ソウル/ファンク・バンドとして根強い人気を誇ります。


町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

今回は町田画伯が描く、在りし日の銭湯の絵をご紹介!町田画伯ならではの筆致で描かれる銭湯は、本物以上にレトロな趣があり、とてもイイ!また、こんなにさまざまな建築様式があるのかと、ハッとさせられるところもあるので、ぜひ楽しんでもらいたい。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

70年代ファンクのスーパースター。リーダーのスライ・ストーン(vo,key)が自らの弟妹やラリー・グラハム(b)ら、当時としては珍しい白人黒人男性女性混成メンバーと結成し、60年末~70年代前半にかけて大活躍したバンド。16ビートのリズムとロックを融合させ、ファンクの始祖のひとつに数えられます。


電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

昭和時代の仮面ライダー第一期の締めくくりとなった『仮面ライダーストロンガー』。その中に登場したシリーズ初の変身ヒロインがこの「電波人間タックル」です。愛車は「テントロー」。